独りの戯言


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
気になること
政治って
車の話
テレビの話
自分のこと
戦争
映画を見て
思い出
子供について
詩文
若い日
カメラ
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

おはようございます。 ..
by zoofox at 09:35
おはようございます。そう..
by memmon at 06:55
> memmonさん ..
by zoofox at 22:34
こんばんは。 あれ? ..
by memmon at 19:33
> memmonさん ..
by zoofox at 09:35
おはようございます。眠れ..
by memmon at 07:43
> memmonさん ..
by zoofox at 16:14
おはようございます。 ..
by memmon at 09:55
まあ、南も北もマンション..
by zoofox at 15:42
私も同じ考えです。 ..
by memmon at 10:15

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

祈る姿
at 2017-11-21 21:28
バイオリズム
at 2017-11-20 21:21
何時ものこと
at 2017-11-20 10:32
事務能力低下?
at 2017-11-20 00:13
レオン(完全版)
at 2017-11-18 23:07
午後9時のメール
at 2017-11-17 22:02
煙突の煙
at 2017-11-17 10:01
相撲の話
at 2017-11-16 22:34
capable
at 2017-11-16 09:15
私はホルモンが食えない
at 2017-11-15 22:52
ビール瓶事件
at 2017-11-15 09:44
CS307
at 2017-11-14 22:24
体重は減りつつある
at 2017-11-14 08:57
パソコンが壊れる時
at 2017-11-13 22:42
ベンツBクラス
at 2017-11-13 10:30
オリンパスペンEEDその後
at 2017-11-12 22:39
昔も今も
at 2017-11-12 09:28
シボレー・カマロ
at 2017-11-11 19:12
不動産
at 2017-11-11 08:09
迷い道
at 2017-11-10 23:01

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

<   2016年 04月 ( 44 )   > この月の画像一覧

大相撲5月場所がくる

後、一週間もすると5月場所が始まる。今度の焦点は「稀勢の里」が、どこまで頑張れるかだ。前場所は準優勝だから、優勝すれば「横綱推挙」の可能性もある。安定性から見ると、もう一場所見送られるかも知れないが、どちらにしても準優勝の勝ち星は必要だ。この人は体力は十分だが何か四股を見ていると下半身の粘りや柔軟性が今ひとつと感じる。しかし、それよりも精神的に「優しい性格」なのではないか、と感じる時がある。

新体制の八角理事長は、貴乃花を巡業部長に就けた。降格のように見えるが、巡業はPRと部屋を超えた力士の勉強の場でもある。ここでしっかり、いろいろな相手とぶつかっておけば、後で必ず経験が生きてくる。貴乃花なら白鵬にも直接文句が言える。いい人事だと思う。

白鵬は、私も悪口を沢山言ってきたが、謙虚に「相撲とは何か」を考え直すいい機会だ。大相撲は興業であり、一種の神事だ。「強ければいい」というスポーツの精神とは少し違う。歴史として「大関が最高位で選ばれた者だけが順に横綱を張る」、ということを誰か教えてやらないと、横綱がチャンピオンだと勘違いしてしまう。本当の意味は横綱は位ではなく、その場所の優勝者が初めて「横綱」と呼ばれるべきだと思う。だから他の力士とは違う振る舞いが求められる。

蒙古の人には、「蒙古相撲」があるだけに、チャンピオンだと勘違いするのだろう。一人横綱の時期が長く、一人で客を引きつけていた頃の心を思い出して欲しい。「だめ押しをしたら一場所休場だ」などと、始まる前から審判部が脅すのもどうかと思う。「稀勢の里がやったことをオレがやって何故いけないんだ」などという言葉が出るようだと、引退も近いだろう。

言葉を換えると、大関以上は皆、横綱候補者として土俵の神様に恥じない相撲を取って欲しい。まあ、今の制度ではこんな考えを正当化するのは難しいかもしれない。

[PR]
by zoofox | 2016-04-30 22:43 | 気になること | Comments(0)

海外ニュース

局内の検閲制度も、とんでもない時間の海外ニュースには届かないのだろうか。地上波では熊本の震災と野球賭博の逮捕以外にニュースはほとんど出てこない。

(シリアはどうなったのかな)、と、ずっと気になっていた。停戦合意で一段落しているとばかり思っていた。とんでもない。紛争は継続している。ロシアの攻撃も続いている。アレッポの病院が爆撃され、子供達や医師が沢山殺された。殺しの連鎖はまだまだ止まるとことを知らない。
海外ニュースでも、ISのことは報道していない。

もしトランプが大統領になって、彼の言うとおり、「従来アメリカが守っていた国は、費用を負担するか、自衛するかでやって貰う」。という演説が頭を離れない。日本にとっては悲願の「独立」を果たす絶好の機会だ。このニュースも海外ニュースが最初に報道した。時代は変わった。アメリカも日本と同じように、中間層が押しつぶされ、貧富の差が大きく開いている。トランプ自身は大金持ちの不動産王だが、支持者は押しつぶされた貧困層だと聞く。貧しい一般市民の心情を代弁しているから支持を受けているのだ。

彼の言うとおり日本が、専守防衛にのみ努力するなら、グローバルな軍事拡大の必要性はなくなる。アメリカの事情で中東に出かける必要もなくなる。当然、利害関係のない国に何千億円もばらまいたり、湾岸戦争の費用として総額150億ドルも脅し取られるようなこともない。トランプはアメリカが日本を守っていたのではなく、日本がアメリカを支援していた事実を知らない。日本人の富が日本のために使われれば、もっといい国になる可能性がある。アメリカに追随していた、政治家や官僚は政治の中心から去って貰う。海外支援は自衛隊という形ではなく、独自の方法が採れるだろう。

海外から見たニュースは、日本が中国と対峙しているように、トルコという国の持つキーとしての役割の大きさをいろいろなところで知らせてくる。一歩離れてみると、世界の中の日本は、「リーダー」になるにはまだまだ役不足だ。特にリーダーになってくれと期待されている訳でもない。そんなことが視点を変えると見えてくる。


[PR]
by zoofox | 2016-04-30 07:00 | 気になること | Comments(0)

貴金属等の買い取り

ここ何年か、貴金属や宝石、ブランド商品の買い取りが、質屋レベルではなく、新聞の折り込み広告や専門店舗を用意してまで盛んである。たまに、電話もかかってくる。私は理由がよく解らない。金やプラチナは毎日の相場があり、新聞を見れば、買い取り価格、販売価格が直ぐ分かる。商品は耐久性を持たせるために、合金として固くしてある。その中の金やプラチナの含有量は、計算機で容易に計算できる。延べ棒や延べ板なら、今の金額が幾らで、手数料がいくらか素人にも分かる。指輪やネックレスを溶かして、純度の高い金やプラチナに戻すなら、かなりの手数がかかるはずだ。

宝石や貴石はまた別だ。最初から利益の大きい品物は、当然買い取り価格もほとんど付かないはずだ。と素人は考えて見る。しかし、儲からない商売がこんなに盛んになる筈がない。

「どんなものでも結構です。箪笥に寝ている貴金属をお譲りください」で、手間をかけて直ぐ再販する訳でもないだろうから、何で儲けているのだろう。唯一の手がかりは、「安く買って高く売る」ことしか考えられない。お金の信用がない時期に、現物はよく売れる。しかし、今は売りも買いも高い時期が続いている。売る方が相場に全く無知だとは考えにくい。

それともどこかに、高く買う国があるのだろうか。私は金がグラム7000円近い頃を知っている。今の価格は、4600円程度、プラチナは3800円程度だ。大分落ち着いている。金とプラチナが逆転している。もっと前は、金はグラム1700円、プラチナはその一割増し程度の時代が長かった。戦乱の国なら多少高くても、インゴットを手にした方が安心だろうが、今の日本では買い取ったものはどうしているのだろう。不思議に思う。

[PR]
by zoofox | 2016-04-29 09:43 | 気になること | Comments(0)

地位利用

都知事がここ数日、週末毎に湯河原の別荘(事務所)に公用車で往復し、非難の的になっている。公用車を使えるのは「公務」だ。公務場所から世田谷の自宅の往復なら、誰も非難しない。都知事というのは、国会議員より権力が集中している。しかも選挙区は、日本の十分の一の人口を抱えている。総理大臣の何十倍もの人達の支持を受けて、今の職がある。国が頭を下げて、「国立競技場に500億円出してくれ」と頼まれる地位にある。そんな自覚がないから、こんな公私混同が表に出る。「湯河原で仕事をしている」などと言い訳しても誰も信じない。仕事なら庁舎でやればいい。

大きな権力を手にした時こそ、身のまわりを綺麗にするべきだ。そんなニュースから、海外出張の中身まで取りざたされる。頼りになる人に相談して、謝るべき所は謝り、返すべき公金は返す、という姿勢を見せないと、オリンピックは見られないよ。行動は口先では綺麗に出来ない。公務員とタレントは違うんだよ。

[PR]
by zoofox | 2016-04-28 07:47 | 政治って | Comments(0)

変質

自衛隊の大型自衛艦「いせ」が、フィリピンルソン島に出かけている。一方、オーストラリアの潜水艦の売り込みでは、フランスに負けた。私の知らない間に、日本がどんどん変質しているようで怖い。一つ一つは単なる経済活動や、親善活動でも、全部を総合してみると、日本の方向が大きく変わりつつある。国内の法律が変えられて、その波及効果は時間差で現れてくる。自民党の委員会では「外国人労働者を5年期間で入れるべし」という結論がでて、いずれ具体化するだろう。私は古いのだろうか。「野放図な外国人の受け入れは、日本を変えてしまう」と思う。この問題については保守的だし、時代遅れだ。

政治家はよく「欧米諸国ではこうしている」と未だに欧米至上主義から抜けられない。その欧米が、外国人労働者をどう受け入れ、その後どう排除したか、そんな経緯も学んでいないのだろうか。目先のこと、目先のことしか見ない傾向は強まっているように思える。

新幹線でも潜水艦でも売り込みは上手くいかない。ヨーロッパの老大国は強かだし、中国は金にものを言わせる(一時の日本のようだ)。日本の造船天国は昔の話だ。フランスに負けたというのは心情的には悔しいが、「兵器」を輸出しなくて良かった、と思う気持ちも強い。一番質のいいものは、「国内でだけ使う」、「肝心なノウハウは外に出さない」、というアメリカ方式を真似した方がいいんじゃないかな。いくら合同演習をしても、オーストラリアは日本を向いている訳ではない。どこでも自国の利益が優先する。日本は人が良すぎる。その最たるものがTPPだ。

上に立つ人は、何時も長期の視野を持って、こんなことをしたらどんなことになるか、見張っているのも大きな仕事だ。


追記: ある人の意見によると、潜水艦の売り込みはオーストラリアの気持を考えない方法があったらしい。日本の潜水艦技術は特殊で、「現地生産をしたくない」という生産サイドの思惑もあるという。知っている人はよく知ってるんですね。私には確かめようはないですが。

[PR]
by zoofox | 2016-04-27 07:13 | 政治って | Comments(0)

エンブレム

オリンピックのエンブレム(何で今回は「エンブレム」などという言い方をするのだろう。「マーク」でいいじゃないか)の決定を巡って大騒ぎがあった。今回はガラス張りでという割には、最後は不透明だし、発表前にテレビで放送されたり、不手際は相変わらずだ。安保法制と同じ匂いを感じる。結果が先にあって過程を合わせている気がする。出来上がったのもがいまいちだ。決まってしまうとマスコミは賞賛ばかりする。あんな地味なマークは下のロゴと全く合っていないし、羽織の紋所のようなデザインは、お世辞にも素晴らしいとは言えない。

どうも今回のオリンピックは、「既存の施設を使ってロンドン大会のように地味に小さく行う」という最初の言葉がどこにも生きていない。最初の約束を順々に破っていく、お得意の手口に思える。口を開けば、「観光だ、経済効果だ」と、少し頭が狂っているとしか思えない。

その前に未だに降り続いているセシウムを何とかした方がいい。誰も言わなくなったけれど、毎月の汚染状態は地味に発表されている。エクセルの表だ。東京では観測地点は新宿だけだが、けして低い値ではない。地震があった時点で辞退しても良かったのではないかと思える。原子力規制委員会が毎月発表している「環境放射能水準調査結果(月間降下物)」という表がある。新宿の値は、「放射性セシウム134(0.46MBq/平方km 2月) 放射性セシウム137(2.1MBq/平方km 2月)という数字で、福島、仙台、ひたちなか、宇都宮、前橋などに次ぐ数字である。ほとんどの地区が「不検出」なのだから、東京のもっと東よりの地域はより多いと考えられる。

この数字がどれほどのものかは私には述べる知識がない。東京地方が全く安全ではないことは確かなようだ。この辺りも数字を内外に発表して、「この程度だから東京に来てください」と胸を張って言って貰いたい。経済効果の胸算用はそれからだろう。

---------------------------
一部、私のホームページから引用

[PR]
by zoofox | 2016-04-26 21:47 | 気になること | Comments(0)

雑誌の広告

しばらく見なかった雑誌や週刊誌の広告が、新聞の下段によく出るようになったのは、昨年からだろうか。以前は広告の見出しだけ読んで(そんなこともあるのか)と納得していた。
今朝は「*ILL」という月刊誌の広告が目に付いた。見出しに出ている人の名前が凄い。石原慎太郎、安倍照恵、櫻井よしこ、金美齢、曾野綾子・・・。怖いもの見たさに読んでみたいとは思うが、わざわざ金を出して買う気にはなれない。

衆院の選挙制度の変更についての記事で、「アダムス方式を使うのは異存がないが、今、議席の見直しをして、次の大きな国勢調査でまた見直しを行うというのは、『制度の安定性を欠く』」、という自民党議員の発言があった。(あれっ)と違和感を感じた。一度決めたらそれで終わりだと思っているのだ。直近の国政調査の地方別の人口に応じて、議席の数を振り分けるという制度なら、国勢調査の度に微調整があるのが当たり前だ。人口は嫌でも大きな都市に集中している。国の組織の分割の話はどうなっているのだろうか。都市集中はそのままにして、どこかで制度をコンクリートすると同じことになるのじゃないのかな。条件付の変更は「制度の安定性」とは関係ないんじゃないの。

この言葉は、前年度の安保法制委員会で、憲法違反の政府解釈について野党から突っつかれた言葉ではないのかなあ。砂川判決の勝手な解釈に対する言葉じゃなかったのかな(間違っていたらごめんなさい)。消費税をゼロから3%に、3%から5%に、5%から8%にして、なお上げようと、最初の「福祉目的税」を一般財源からの福祉を外して、この税だけのせいにする方が、余程、制度が安定していないと思うのだが。

国民に納税の義務があるように、国には予算で国民を守る義務がある。その中の福祉予算だけを切り離して、そのために消費税を表に出すのは、まあ、私の感覚としてはずるいやり方だと思うけれど。

[PR]
by zoofox | 2016-04-26 09:12 | 気になること | Comments(0)

18才選挙権

衆院の補選の後ずっと考えていた。18才からの選挙権はどんな経緯で生まれてきたのか。私が政治に興味がない時の話だ。しかし、ここで選挙年齢が下げられるというのは、与党にとって何かメリットがあるはずだ。まあ、補選と言うよりもその前から腑に落ちない問題だった。若者は政治に興味がない。中年は仕事と生活を守るのに精一杯だ。60才以上は、政治に関心が高いが、今の団塊世代年代は必ずしも保守支持とは限らない。決定的な理由は思い当たらなかった。

総務省も解説をしているが、何だか分からない。自民党に何か直接的な関係がありそうだとは思うが、かえって不利に動くとしか考えられない。

そもそもが、国民投票に関する法律改正があって、投票年齢を18才に引き下げたのが原因である。国民投票と言えば、「憲法改正」が目的だ。自民党は衆参両院で三分の二を取り、しかも国民投票で過半数を取る自信があるのだ。としか考えられない。私達の時は若いほど熱く、時の政権には批判的だった。今は無関心であるのに変わりはないが、何しろ「戦後を知らない」ことが都合がいいのだろう。18才と言ったら平成生まれである。原爆も敗戦も戦後の生活も知らない。経済大国の日本が生まれた時から当然と考える世代だ。もちろん、「憲法」に対する思い入れも違う。そうか、本当の狙いは「平和憲法」という特殊な法律を持つ「日本」に対する、感覚自体が違うのだ。

真っ白な心に教育を通じて、憲法改正の必要を刷り込んでいく、気の長い話だ。18才から政治に参加すると言うことは、それだけの義務が生じる。その権利がただで与えられると考えたら、それは甘い。義務はまだ隠しているのだ。若い人に期待する「義務」といったら、一つしか考えつかない。若い人達には、彼等の価値観がある。「義務を果たすのも大切だ」と考えるなら、きっちりとその辺りをよく考えて、選挙に参加して欲しい。法律は後から、「そんなこと聞いてないよ」と言っても通らないのだから。


[PR]
by zoofox | 2016-04-25 22:02 | 気になること | Comments(0)

衆院補選

昨夜の衆院補選の扱いは、ニュースとして大きいものではなかった。
今朝の新聞では、「北海道5区自民勝利 参院選に弾み」(毎日新聞)という言葉が一面トップだ。数字を見ると得票は、和田氏(135,847)、池田氏(123,517)で、見出しの「参院選に弾み」という言葉はどう見ても考えられない。町村氏の娘婿と草の根候補がほぼ同数で競り合った、「接戦」としか見えない。政治に世襲議員が多いのは何時も苦々しく思っている。子供でも婿でも元の議員とは別人格であり、親や祖父母が議員だったからと言って、それを継ぐ人に資質が伝わっているとは到底思えない。自民党がなりふり構わず応援してもこれだけの接戦だった、というのが正直な感想である。京都については泉氏が返り咲いて当然という書き方だ。同じことでも書き方で印象が随分違うな。

外相が外相会議でアメリカ側に、「オバマ大統領は広島で謝罪しなくて結構」と伝えていたという。これも開いた口が塞がらない。何を考えているんだろう。自民党の感覚はこんなものなのだ。現状のポリティカルゲームばかり見ていて、日本人の心を忘れている。一応ケリの付いた問題だから、幾ら非道でも、謝罪するかしないかはアメリカの問題だ。謝罪の言葉があれば(そうか)と思い、なければ(やっぱり)と思うだけだ。

何か今週もいろいろ期待できないな。やっと「激甚災害」指定になるらしいが、もう10日も経って、現地の被災状況は第二段階に入っている。連発地震は衰えを見せない。その中での救援活動には頭が下がる。川内原発の30Km県内には熊本の阿久根市がすっぽり入っている。本当に大丈夫なんだろうな。これで事故が起これば完全な「人災」である。

面白くない、週の始まりだ。

[PR]
by zoofox | 2016-04-25 06:30 | 政治って | Comments(0)

大草原の小さな家

ランダムにチャンネルを動かしていたら、FOXクラシックで「大草原の小さな家」を放送していた。二度と見られないと思っていたのに、みんな健在だった。デジタルリマスターなのか綺麗な画質でよく見える。自分が年を取ったのか、出演者がみんな若い。ほんの一部を見ただけだが、昔々の思い出や出演者の関係は覚えている。意地悪な雑貨屋のかみさんが、キャロラインの卵を値切ろうとした場面は覚えていた。作品毎に主人公が変わる形式のドラマ展開だが、今改めて見るとこの母親が本当の主人公だったのではないかな、と感じる。

新聞に昔のテレビ映画のDVD版が宣伝されている。その中で、スティーブ・マックィーンの「拳銃無宿」があった。白黒に色を乗せてカラーにしてあるらしい。もともと30分番組だった。ビデオのない時代だから、子供の心には印象的な場面だけが残っている。買って手元に置きたいが、全巻買うといい値段だ。テレビ局にはがきを出すと、マックィーンがランダル銃を手に持っている絵はがきが送られてきたような記憶がある。

[PR]
by zoofox | 2016-04-24 20:11 | テレビの話 | Comments(0)