独りの戯言


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
気になること
政治って
車の話
テレビの話
自分のこと
戦争
映画を見て
思い出
子供について
詩文
若い日
カメラ
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

おはようございます。 ..
by zoofox at 09:35
おはようございます。そう..
by memmon at 06:55
> memmonさん ..
by zoofox at 22:34
こんばんは。 あれ? ..
by memmon at 19:33
> memmonさん ..
by zoofox at 09:35
おはようございます。眠れ..
by memmon at 07:43
> memmonさん ..
by zoofox at 16:14
おはようございます。 ..
by memmon at 09:55
まあ、南も北もマンション..
by zoofox at 15:42
私も同じ考えです。 ..
by memmon at 10:15

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

午後9時のメール
at 2017-11-17 22:02
煙突の煙
at 2017-11-17 10:01
相撲の話
at 2017-11-16 22:34
capable
at 2017-11-16 09:15
私はホルモンが食えない
at 2017-11-15 22:52
ビール瓶事件
at 2017-11-15 09:44
CS307
at 2017-11-14 22:24
体重は減りつつある
at 2017-11-14 08:57
パソコンが壊れる時
at 2017-11-13 22:42
ベンツBクラス
at 2017-11-13 10:30
オリンパスペンEEDその後
at 2017-11-12 22:39
昔も今も
at 2017-11-12 09:28
シボレー・カマロ
at 2017-11-11 19:12
不動産
at 2017-11-11 08:09
迷い道
at 2017-11-10 23:01
しつこい性格
at 2017-11-10 10:23
天気予報図から妄想
at 2017-11-09 07:57
岩絵の具を買った
at 2017-11-08 22:00
お帰り安美錦
at 2017-11-08 07:50
紅葉撮り
at 2017-11-07 08:54

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

<   2016年 03月 ( 46 )   > この月の画像一覧

認知症保険

午前中は、桜の咲いているところを回り(まだ満開ではないらしい)、接骨院に行き、スーパーで買い物をしてきた。午後は、「割れ目でポン」を見ていると、保険屋さんが来た。交代の挨拶とついでに新製品の紹介だ。珍しくのこ会社がテレビCMを打っている。「認知症と診断されて○ヶ月経過すると保険金が出る」、よく読むといろいろな病気や事故に対応している高齢者向けだが、結局は掛け捨てになる。終身掛け続ければどこかで元は取れる(かも知れない)。外資系の掛け捨て保険より親切で分かりやすい。死亡保険というより「病気保険」だ。

10数年前に癌の手術で入院しているときに、前の保険の満期が来て、外交の奥さんが二人でお見舞いに来た。「ホントに継続できるの?」と聞いたことがある。前の保険と同じ条件まで、という縛りがあるが、満期金を貰って継続した経緯がある。生命保険会社としては面白いところだ。一応月掛けの金額も計算してくれてきた。(しかしなあ)と考えてしまう。この年齢では入れる保険は少ないが、認知症になって保険金が出ても嬉しくも何ともないだろう。保険会社の宣伝はしないが、着想が面白い。




[PR]
by zoofox | 2016-03-31 17:11 | 気になること | Comments(0)

うーうでいだど~

いきなり思い出すことがある。仏間には茶箪笥があり、祖母や母が使った客用の茶器が並んでいる。その一画に、孫やひ孫達の写真が飾ってある。朝、茶の間の電気を点け、エアコンを入れようとこの部屋を横切ったとき、写真が目に入った。レースのカーテンを頭から被り、恥ずかしそうに笑っている子供の顔がある。幼児の言葉では、「ラ行」は「ダ行」と入れ替わりやすい。「うーでいだど~」、がすぐに分かる人は、子供を育てたことがある人だ。これは彼女が「幽霊だぞ~」と脅している写真だ。

私の家は父と母がいたから、兄弟姉妹にとっては何時までも「実家」である。「子供が熱を出した」、「保育園に迎えを頼む」、「医者に連れて行ってくれ」、外に出た者は気軽に頼む。その度にかり出されるのは、母と勤め先が家のすぐ側の私だ。兄弟姉妹の子供がほんの幼児の時、私と姉貴と母は、親代わりに、風呂に入れたり、医院に連れて行ったり、添い寝して本を読んでやったり、散々子育てのエッセンスを体験した。「うーうでい」の子供は結婚し、30才をとうに超えた。私の家に来ると親の家より居心地がいいらしい。

子供を保育園に入れたがる人達は、幼児期の子供の目まぐるしい変化を知らずに過ごすのだろう。出来れば子供は自分で育てるべきだ。お陰で、今でも突然赤ん坊を預けられても戸惑わないだろうな。まあ、身体が追いつかないだろうが。

[PR]
by zoofox | 2016-03-30 14:16 | 自分のこと | Comments(0)

報道の順位を間違えるな

昨日から、23才の男が中学生の子供を2年間監禁し、子供は助けを求め、男は自殺を図って拘束された事件が大きく報道されている。未成年者の拉致監禁というのは、奥に人間のもの凄い「負の意識」が隠されている。私が一番関心を持ち心配するのは、誘拐された少女の今後の生き方である。ショッキングな事件ではあるが、マスコミは冷静にあまり騒がずにいて貰いたいと思ってしまう。拉致監禁で心に傷を受けて、解放された後の報道でもまた傷を受ける可能性がある。親や本人の気持ちを思うと、「報道しないでくれ」と言いたくなる。今後は警察、検察と裁判の中で証拠に基づいた冷静な裁きが下されることを望んでいる。

奥歯に物の挟まった言い方だが、テレビや新聞は一時の報道であるが、被害者は一生の問題である。興味本位の報道は謹んで貰いたいと思う。

今日から「安保法」が施行になる。この法律に関する議論はまだ終わっていない。「説明責任を果たす」という約束は守られていない。今日から集団自衛権は使用可能になる。細かな議論が詰められないうちに、自衛隊は出陣できることになる。施行されても、間違った法律は間違っている。国会の行うことは、この法案を廃止することだし、対案を出す必要はないが、何故何処が間違っているのか国民に広く知らせなければならない。提案した方は逆の説明が必要だ。本来は施行前に行うべきことを、しっかりと行わなければならない。特別な「法律を作る」というのはとても重いことだ。多数決で簡単に決めるべきことではない。

日本がアメリカの顔色を窺って法律を揃えている間に、トランプの発言はエスカレートしている。この人が共和党の大会で大統領候補に選ばれるかはまだ不明だが、アメリカ人の一部の代弁者として、「日本の基地は閉鎖すべきだ」という意見がアメリカにあるというのは、素晴らしいことだと思う。アメリカが専ら内政に目を向ければ、日本にのしかかっていた戦後支配は弱くなる。戦後70年の構造を壊す機会が来るかも知れない。その答えは「安保法」では得られないだろう。本来の独立国としての日本が周辺の国々とどう付き合うか、新しい発想を用意しておかなければならない。その後の日米関係も選択肢の一つとして、考えておかなければならない。その中に日本の進むべき道がうっすらと見える。

[PR]
by zoofox | 2016-03-29 09:44 | テレビの話 | Comments(0)

白鵬の涙

相撲のことは書かない、といいながらまた申し訳ない。

千秋楽の最後の一番は、日馬富士と白鵬の対戦だった。乱暴相撲で今場所二度も注意を受けた白鵬が、最後は横綱同士で良い相撲を見せてくれると思っていた。私の思惑では、「日馬富士が突き刺さるような立ち会いで白鵬をくだし、優勝決定戦で勝負か決まる。それなら白鵬は優勝できるし、稀勢の里は準優勝で、来場所への期待が高まる」、観客もテレビ桟敷も協会も大いに盛り上がると思っていた。食事中で、ちょっとおかずに手を出しているうちに勝負は決まってしまった。やっぱり彼は自分のことしか考えていない。協会が取り組みという興業のシナリオに何を期待するかまるで理解していない。周囲の人達の心を掴めないし、私のようにそこが嫌いになる者も出てくる。稀勢の里は琴奨菊と、ガツンと頭で当たって(音がした)から体を開いた。白鵬は最初から左に飛んだ。この差は大きい。

客はぞろぞろ帰り、歯抜けになってしまった。白鵬の優勝インタビューはおかしかった。NHKが故意に音声を落とした箇所がある(野次も白鵬の答えも一部消されていた)。歓声とともにかなりの罵声が飛んでいたはずだ。取り組みが終わり、期待するほどの拍手歓声もなく、支度部屋から出てきたら雰囲気がおかしい。「おれ、やっちゃったのかな」、と気が付いたらしい。珍しく北の富士も舞の海も「横綱らしくない」という意味で意見があっていた。
彼の涙は、しばらくぶりに優勝できたうれし涙ではない。人々の期待を裏切った自分にやっと気が付いた涙だろう。

日本の国技、相撲の横綱としての心得を教えてこなかった師匠が悪い。



[PR]
by zoofox | 2016-03-27 20:03 | 気になること | Comments(0)

自重

最近、このブログで政治関係のことは極力書かないようにしている。書き出すとあれもこれもと止まらなくなってしまう。相撲のこともどうしようかと思っている。ずっと先輩の紹介で、ある相撲部屋に出入りしていた。座席の手配をしてくれ、私達が勤労者としての差し入れをしても、金のない人にも優しく接してくれる親方だった。親方も亡くなり、先輩も亡くなり、個人としては相撲部屋とは付き合いきれない。当時、十両と幕下を出入りしていた相撲取りが、今親方になっている。別の面から昔は、相撲部屋の近隣からの苦情も聞いていた。その分、相撲に関する愛着と内部事情もちょっとは聞いている。相撲が好きだから、批判的になる。今は専らテレビで見ている。枡席で見るより、余程綺麗に、力士の表情やお客さんの顔まで見分けられる。だから、相撲協会のやり方にも文句がある。何時も後手後手の対応しかしない。何故、ここに来て満員御礼が続くのか、よ~く考えて欲しい。その前はずっとガラガラだった筈だ。

貧乏な老人の日常生活や、病気や死に対する恐れや、年老いた親を介護した思い出など、書きたいことは沢山あるが、そんなことは読みたい人がいないだろう。経験や工夫を書いても、多分大きなお世話と感じるだろう。ペットや幼児や面白い趣味のブログが多いのは、読んだ人の心を一時温かくする要素はそんなところにしかないからだと思う。

[PR]
by zoofox | 2016-03-27 00:25 | 自分のこと | Comments(0)

目覚めて

就寝時間を少しずつ前にすると、何故か起きる時間も遅くなる。この法則は逆ではないか。何日か前に、「人を殺して拘束された」夢を見た。良く見知っている仲のいい友人を私が殺すはずがない。何の証拠もない。しかし取り調べは執拗だ。そんな夢を見たことを思いだしている夢で目が覚めた。寒い。洋服ダンスを開けて、何か羽織るものを探した。何時もの作業ジャンパーでいいのだが、こんな日は朝からきちんとしていたい。(この冬はダウンを着ていない!)、そんなことに気が付いた。黒と茶のリバーシブルとベージュのの二着を忘れていた。防風、防水の防寒ジャンパー軍(黒が二着、紺が一着、ブルーが一着)を着回して、ダウンは忘れていた。もう一着スノボー用の黄色と黒の薄いダウンがどこかにあるはずだ。仕事を辞めると着る物も変わってくる。昔のダウンだから今様とは違って、ふんわりとした形だ。

日常使うものが複数あると、目に止まった身近なものを連続して使うようになる。革のジャンパーは、何時も出してあるが、着る時期が難しい。傘をほとんど持たずに外出するから、雨模様の時は駄目だし、特に暖かい訳でもない。コーデュロイのグレイがかった黒のズボンと厚目のスポーツシャツ、その上にリバーシブルのダウンを着た。これで「路上でも寝られる」。最近は家庭でもダウンを洗える洗剤がある。高価でないダウンはこれで洗ってみよう。

さて、朝飯は何にするかな。

[PR]
by zoofox | 2016-03-26 07:08 | 自分のこと | Comments(2)

ダイエット生活

ある日から突然、「五穀米」生活になった。小さな茶碗三分の二杯分ぐらいの冷凍容器に、三合の米は7~8食分取れる。食べる直前にレンジで温める。糖尿病のイエローカードが出て減食したが、パンや麺類は、(下の話で恐縮だが)おかずに気をつけないと、覿面にウンコが少なくなる。毎朝、するものをしないと行動が制約を受ける。行き着いた先が五穀米である。量は少なくても何回も噛むから、腹持ちもいい。体重はがくっと落ちて、血液検査の数値も改善し、今は動きがない。多分暖かくなると、また少し落ちると思う。

毎日の習慣で、風呂上がりにはバスタオルで身体を拭いて、そのまま洗濯機に投げ込んでいたが、何か汚れもしないのに一々洗濯するのは無駄な気がして、普通のタオルにした。試しに腰に巻くと、ギリギリで横で止まる。これは久しぶりだ。パンツ類も数センチ縮まっただけで、はけるものが増えた。綿パンは何本もある、捨てないで良かった。あと1センチ縮まれば、ジーパンがはける。しかし、体重は急には落ちない。体重計を買ってきて毎日測っていたが、あまり意味はない。「感じ」で分かる。

朝と晩は、五穀米と味噌汁、ヨーグルトは欠かさない。その他は以前と同じだ。私が作ると中華料理が多くなる。朝から「酢豚」、「天ぷら」などは普通のメニューだ。油はほんの少しで気長に炒めると結構美味しくできる。キノコ類と海草は必ず何かの形で食べている。小さじ一杯の油でもやしを二袋炒める。塩こしょうで味を付け、水分が出てきたら卵で閉じる。味が濃くならないように気をつけてはいるが、総量が落ちているし、野菜が多いので特に気は使わない。しばらく我が家ではマヨネーズが禁忌だったが、新タマネギのみじん切りに塩こしょうをして、マヨネーズで和える。簡易のホワイトソースだが、ブロッコリーにもトマトにも、カツや牡蠣フライにも合う。

大量の大根を扇や千切りにして、長ネギ、にんじん、椎茸等キノコ、豆腐、豚肉(酒で臭みを消す)で煮込んで、最初は塩味、毎日水を足して最後は味噌汁(豚汁)にするのも定番だ。今、魚が抵抗なく食べられない。あれもこれも放射能に汚染されていると思うと、好物の魚や生のワカメが食べられない。腹が減ったら、水とお茶を沢山飲む。あんまり厳しくすると続かないだろう。適当に食べたいものを食べている。

実は歯痛の原因は、五穀米を噛みすぎたからではないかと疑っている。虫歯の治療をしてもまだ痛い。何にしても「歯」は大切にした方がいい。

[PR]
by zoofox | 2016-03-25 22:40 | 自分のこと | Comments(0)

車への憧憬の根源

何でこんなに車が好きなのか、自分でもよく解らない。気軽にドライブに出かけていたときとは明らかに違う。運転すればそれはそれで楽しいが、「目的のないドライブ」が、以前のように楽しく感じない。「さあ、ちょっと一回りしてくるか」と言う気軽さが今はない。私はトラックや、キャラバンのような大きな車を運転するのも好きだった。いろいろな種類の車の違いを乗って確かめるのも好きだった。車は犬のように、「散歩に連れて行ってくれよ」とせがみはしない。温和しく待っているだけだ。松本に住んでいたときも、大阪の郊外に住んでいたときも、車がないと買い物一つ満足に出来なかった時代がある。車で飲み屋に行き代行車を頼む、(こんな面倒なところに住むのは嫌だ)と何時も思っていた。今、職を終わり都会の自分の家にいると、自転車やオートバイで日常の用事は足りてしまう。もっと遠ければ電車や地下鉄がある。都会では車は厄介者だ。

実際の生活における重要度は下がっても、相変わらず昔の感覚のまま車を持ち続けている。若者の車離れの気持ちが分かる。駅から徒歩10分程度のアパートに住み、都心の会社には電車で行く。しかも給料は安い。となれば、車などあまり必要ない。ニューヨークやパリで暮らす人の生活を映像で見ると、同じような状況だ。平日が忙しくて土日にちょっと出かける必要がある世代には、燃費の良い大きな軽自動車もある。移動時間の見通しが付かない車はむしろ敬遠される。

最初から解っているのだ。車は「旅行の手段」だ。去年の今頃旅の支度をして、体調が悪くてそのままになっている。懐に全国何処でも下ろせるカードを持って、ただ出発すればいいだけの話だ。ここに書くように、私は本当は車には拘らない。一番安いレンタカーで十分移動は出来る。

車はだんだん馬力重視から、低燃費、安全重視へ移行しつつある。「操る楽しみ」はごく一部の人の贅沢な趣味に変わりつつある。夢である。若いとき自分が出来なかった夢の実現の道具として、車が欲しいのだ。所有しなくてもいい。必要なときそこにあればそれでいい。「小さな車」に夢中になったのはその妥協点である。テレビのマイクとエドがいけない。私が若いときの夢の車を低経費で再生してしまう。こんなことは消費重視の日本ではできない。これも夢である。隣に行くように、気軽に東京と大阪を夜間移動していた体力はもうない。それでも、自分を確認するためにそれがしたい。目が老眼と近眼になり、オシッコも近くなった。6時間8時間も運転しっぱなし、という芸当は出来ない。分かっているけどそれがしたい。

肩と背中の筋肉が固くなって、ゴルフのフルスイングはもう出きまい。でも、ドライバーがカキーンと芯を食って、気持ちよくボールが飛んでいく記憶はある。いいことしか覚えていない。車の峠ランも同じである。癌という病気を乗り越えて、やっと身体の不安がなくなるのに10年以上かかった。毎日、違う宿に泊まって、翌日に支障のない熟睡が出来るか、それも不安だ。あれもこれの不安だが、出来ないことはない。

そんな夢が覚めつつある。今持っている「環境」で、やる気さえあれば十分出来る。出来ないのはやる気と動機がないだけだ。NY自動車ショーのニュースは面白い。どこがどんな新しい車を発売しようが、今の私にはあまり関係ない。(速報によると今年中に発売予定のインプレッサは、一回り大きくなって、流線型のデザインに変更するようだ。150Psが152Psになると書いてある。安全装置に力が入れられるという。インプが大きくなると、小型車はトヨタのOEMしかなくなっちゃう。スバルさんドルに目が眩むと、国内のオジサン達は離れちゃうよ)。

若いタフな人が、まあ運転の上手い女の子がいいが、「温泉連れてって」と言ったら、色気抜きの顎足つきで、面倒なところは運転して貰い、峠道走行と写真を撮るのを楽しみに連れて行ってやるのに、周囲の若者はあまりドライブに興味がない。

[PR]
by zoofox | 2016-03-24 21:51 | 車の話 | Comments(0)

ベルギー

ロンドン、パリの次はブリュッセルである。ISがテロの犯行声明を出したという。トルコ政府は「警告をして置いたのに」と、引き渡された犯人の扱いについて声明を出している。個人的には、「ヨーロッパでのテロ」というとミュンヘン五輪のテロを思い出す。欧州ではテロに敏感である。

この時期、地下鉄のサリン事件が起きたとき、世界中が「日本で起きたテロ」として報道した。浅間山荘事件もそうだが、この地下鉄サリン事件も「普通の犯罪」だと思っていた。当時の私の認識はそんなものだった。今は違う。浅間山荘の立てこもりも、地下鉄サリン事件も立派なテロである。ある思想や人を第一の優先として、その思想や人の言うことに反対する人を「殺してもいい」、と考える団体があれば、暴力的な活動をしていようといまいと、テロに当たるだろう。難しいのは実質的な犯罪を犯す前に、どう防ぐかだ。

爆弾を身体に捲いたイスラム教徒だけが、テロの主人公ではない。思想や暴力や宣伝で意見の違う人達を無差別に圧殺し攻撃する。あるいは一定方向に誘導しようとする。それも一種のテロだろう。そんなことを考え出すと、「日本はテロに無縁な国だ」などとはとても考えられない。今日本では伊勢志摩サミットを対象に、テロ対策の訓練をしているが、本当のテロの下地は、自由な意見を言えない国には何時でも存在する。

反対にベルギーが何故テロのターゲットになったか、今ひとつはっきりしない。ヨーロッパの共同体の手薄なところが狙われた、と考えるべきなのだろうか。人助けのつもりで難民を受け入れるとその中にテロを行う人がいた、ということなのだろうか。何がテロで何がテロでないのか、素朴な疑問である。

[PR]
by zoofox | 2016-03-24 21:42 | 戦争 | Comments(0)

書きたくても書けないこと

「何か意見があれば、書けばいいじゃないか」と言われそうな気がするが、書けない話題が二つある。一つは保育園の待機児童の問題、もう一つは児童相談所に相談しながら、自殺してしまった中学生の話。

待機児童の話は、そもそも小さな子供を保育園に預ける、ということに違和感を感じる。しかし、大都市に人が集中するような構造をそのままにして、「地方創世」などという看板を上げるのも、いまさら何だと思ってしまう。小さな子供を預かってくれる施設があれば、親は働きやすい。幼児の時代から他人のもとで、一日何時間も暮らしている子供が将来どうなるか考えると、親を非難したくなる。

しかし、都会で働くためにはどうしても必要な仕組みだ、というのも分かる。地方創世、女性活躍社会などというかけ声が、(ホントかい)と感じる。まあ、都会だけの問題ではないから、核家族の問題になる。「鍵っ子」という言葉も聞かなくなった。そんなあんなことを考えてしまうと、歯切れが悪くなる。地域が子供を何となく気にしてみていた時と時代が違う。しかも、これが介護の問題にもすぐ置き換わる。特養ホームの待機者は保育園の比ではない。結局、今自分の問題ではなくなったので、書けない。したり顔で書くほど私は偉くない。しかも、特養ホームの話になると、生活保護の話がズルズルと繋がってくる。

親に虐待されたと自殺した中学生の話は痛ましい。警察に話をして殺されたストーカーの被害者と重なる。強権を持った者が動かないと、人の命が失われることがある。しかし、どこまで強権の介入を許すかの仕組みが日本では出来ていない。出来ていないことや制度を盾にして、会社員化した公務員をどこまで非難できるか、これは虚しい。
「待機児童それは私です」のデモの看板が、同じパソコン印刷だったのも、心に引っかかる。
突き詰めて考えると誰かや何処かを責めることになる。その覚悟がないから書けない。まだあった。「裁判員制度」は日本で必要なのだろうか。これは不勉強だからか書けない。ダラダラと申し訳ない。

景気を回復するために、消費税は段階的に撤廃するべきだ。これなら書ける。財源は何処にでもある。北朝鮮と同じで、目的と到達点がどんどん遠くなる。儲かっている企業から所得税の控除措置を外せばいいだけだ。しかも、創設時の「福祉目的税」は、とっくにどこかに飛んでしまった。

[PR]
by zoofox | 2016-03-23 19:57 | 自分のこと | Comments(0)