独りの戯言


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
気になること
政治って
車の話
テレビの話
自分のこと
戦争
映画を見て
思い出
子供について
詩文
若い日
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

> memmonさん ..
by zoofox at 22:44
大丈夫! すぐに治りま..
by memmon at 17:34
熱は38度代から36度代..
by zoofox at 19:45
行かれたほうが良いと思い..
by memmon at 11:07
> memmonさん ..
by zoofox at 19:38
おはようございます。酒と..
by memmon at 10:33
> memmonさん ..
by zoofox at 10:51
おはようございます。お疲..
by memmon at 09:40
はい、そうしませう。 ..
by zoofox at 13:11
その通り。知らない事は勉..
by memmon at 08:21

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

認識
at 2017-06-22 23:10
障害を乗り越える
at 2017-06-22 08:47
投了
at 2017-06-21 08:01
ペンとお出かけ
at 2017-06-20 16:53
印象操作
at 2017-06-19 20:28
早く選挙をしてくれ
at 2017-06-19 09:29
選挙前
at 2017-06-18 22:09
ブーベの恋人
at 2017-06-18 09:05
リコーR1s
at 2017-06-17 21:08
症状と病状
at 2017-06-17 06:15
ジョーン・バエズ
at 2017-06-16 17:23
臨死体験
at 2017-06-16 09:17
逃げ遅れ
at 2017-06-15 16:02
この国は
at 2017-06-15 07:38
私の時間
at 2017-06-15 01:43
脳内生活
at 2017-06-14 08:58
パンダの子供
at 2017-06-13 08:07
沈む日
at 2017-06-12 13:01
人の振り見て我が振り直せ
at 2017-06-12 08:24
あっという間の一週間
at 2017-06-11 10:18

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

<   2016年 02月 ( 73 )   > この月の画像一覧

乗りたいなあ ミニ

私はどこかの総理大臣と同じで、前に言ったことをすぐ忘れる。ごまかしはしないが、心にない言葉が出てしまう。「もう、マニュアル車のことなどどうでもいい」、と書いてもそこだけの話である。

昭和40年代のことだ、車の免許を取るとき、朝4時頃起きて、兄と一緒に免許の本番試験のコースを何度も練習した。当時は仮免を取ると、ボール紙に「仮免許」と書いたものを車の前と後ろに貼り付けて、隣に免許を持っている人が乗っていれば、公道を走ることができた。お陰で一発で合格できた。免許証を手にしてからも、朝早く空いている道を、兄や父を隣に乗せて走るのが楽しみだった。日曜日の朝は父と良く遠出をした。東京から甲府付近を往復して、お土産を買って、昼には帰ってきてしまう。あの頃の車は何だったんだろう。スカイラインかカローラかとにかくガラガラの首都高と中央道を走るのが単純に楽しかった。仕事で走るのとプライベートは全く別だった。

最後に親父を乗せたのは、隅田川の桜の下を走ったときだ。ガリガリに痩せて退院し、4月の始めに交通規制がかかる前に桜のトンネルの下をゆっくり走った。そのすぐ後、再入院のために病院まで乗せたのが本当の最後だった。もうすこし生きていてもらいたかったなあ。

そんなあんな気持が入り交じって、私は体力も精神力も最高だった時期と、マニュアル車の運転が重なる。

10年を超えると、「ミニクーパーS」も「ゴルフのGTI 」も、アルトワークスの新車の半値以下で買える。中古でも何でもいい、どっちみちATに馴れた身体には、そんなに長い期間は乗れない。走っている途中で故障して止まられると困る。そのためだったらまだ早起きができるだろうか、最近は早く起きても昼飯を食べると眠くなってしまう。乗りたいなあミニ、評判の落ちたゴルフでもいい。

[PR]
by zoofox | 2016-02-29 05:00 | 気になること | Comments(0)

河津桜が咲きました

c0366973_09065823.jpg
c0366973_09055234.jpg
c0366973_09055890.jpg
去年より、半月も早く河津桜が咲き始めました。
陽の光は暖かいのですが、河原は風が強くて、枝が揺れています。
同じ河川敷のソメイヨシノはまだ裸のままです。
近所にできた老人施設から、若い職員が車椅子とベットを押して坂道を登ってお花見にきていました。

[PR]
by zoofox | 2016-02-28 09:14 | 気になること | Comments(0)

週刊リテラシー

時々聞く名前なので、どんな週刊誌か、余り聞いたことがないなと思っていたら、東京ローカルのMX-TVで土曜日の午後五時からの放送だった。

今日は蓮池さんのお兄さんの登場だったが、画面を見ていると一応、信用できる人とできない人の感触は解る。私には国会中継の発言より、この人の発言の方が信用できると思った。本の題名が過激なので、他の放送局は怖がって登場させない。全国放送の局はそんなこと怖がってはいけない。もし、強権で国が電波を止めたりしたら、今以上に世界中の笑いものになる。あの人だって朝までテレビではいろんなこと言っていたと思うけどなあ。

※文中、主語とか名前とか書いてありませんので分かり難いと思いますが悪しからず。

[PR]
by zoofox | 2016-02-27 21:36 | 気になること | Comments(0)

定数

選挙の定数について自民党は何故こんなに拘るのだろう。日本の人口が一億二千万強、東京の人口が千三百万強、機械的に定数は人口に比例して配分すれば良いだけのことだ。日本が民主主義の国だと言うのなら、その実体化は選挙という形でしか主権者の意志が現れない。主権者の持つ一票が地方によって異なる、というのは本来あってはならないことだ。こんな基本的なことが守れない国はどこか歪んでいる。東京に衆議院も参議院も十分の一の議席定数を割り振れば良いだけの簡単なことだ。大騒ぎすることではない。

その結果、どんな政党が議席を取るかまでは、「政治家が手を触れてはいけない」事柄だと思う。もっと公平に、地元の利益誘導型の選挙にしないためには、全国一区の制度にして、国民が各党の政策に投票する形にすれば一番解りやすい。利益誘導型選挙の弊害も一挙になくせるだろう。各党の得票に応じて、議員数を配分すれば一番公平だ。昔の全国区制ではなく、得票による比例代表制だ。無所属は居場所がなくなる。複数の党から支持を受けるという曖昧さも消える。小さな金のない党には酷な話になる。

投票した人の票が政治に反映することなく消えていくことのない制度が考えられれば一番いい。
それが無理なら、せめて一票の重さを均等にすることだ。消費税を後先考えずに上げようとする国だ、選挙制度の変更など容易いことだと思うのだが。

[PR]
by zoofox | 2016-02-27 09:58 | 政治って | Comments(0)

政権の終末

政治は動く、しかも政権が完全などと言うことはない。何か崩壊する要因を抱えている。国民の気持ちと政権の計画がだんだんズレ始める。その時は早めに修正しないとこの国はガタガタになる。この政権は、不誠実、隠蔽、強制と国民のもっとも嫌う要素を揃えてしまった。不慣れな民主党政権が蒔いた種をしっかり検証しないで、傷を大きくした。

始めは消費税8%である。庶民は3%→5%のショックより5%→8%のショックを身に染みて痛く感じた。450円のトンカツが一気に500円になる。470円の手頃な弁当が500円になる。至る所で内税の商品の便乗値上げが横行した。商店は5%の消費税が既に乗っている商品価格を忘れて、それに8%近い上乗せを行った。実感的には3%の増税が10%以上の跳ね返り効果を生んだ。外税の場合はまだはっきりしている。身近な商店の便乗値上げは、だんだん消費を控えさせた。卑近な例を出したが、この便乗値上げを、警戒し、注意し、押さえる方法を取らなかった。

福島原発の事故も枝野官房長官の連日の発表が、故意か情報不足か全くのでたらめだったことがはっきりした。今の政権は否定も再調査もせずに原発神話を守ろうとした。今になってメルトダウンはすぐ起こっていたと発表しても遅い。それにしても阪神淡路に比べて、東北の災害からの復旧は遅い。国民誰もが「これは何かある」と思い出した。都市部に比べてゼネコンが入る余地が少なく、しかも放射能に汚染された地域を早急に回復することはできない。つまり建設業者にとって「儲けが薄い」復旧作業なのだ。これは「市街地再開発」の手法は使えない。新しい町を作る手法は金が借りすぎる。

去年は隠していた部分が大きく露出し、その報道を押さえようとする露骨な動きが国民に見えてしまった。身内の閣僚にも不祥事が連発した。日本がアメリカの操り人形で、TPPも安保法制もアメリカの国内事情が反映された行動だった。いたずらに危機感を煽り想定する路線に日本を乗せようとして失敗した。テレビ局の特定のキャスターを攻撃したことが、海外にまで知れ渡っている。

もう末期的症状を越えている。私達は日本のためになるなら、年金を減らされても、医療が不自由になっても文句は言わない。日本のためにならない政策のために、私達の生活が破壊されるのは我慢できない。もう潮時だと思う。
韓国の大統領が退陣する度に逮捕される理由が少し分かった。日本全体に損害を与えるか、個人が金儲けをするかの差だけだ。

もうとっくに限界を超えていますよ。これ以上行くと修復できなくなる。失敗は謙虚に認めて後進に道を譲るべきだ。これだけ壊すと、もう修復は無理なのかな。悲しいな。

[PR]
by zoofox | 2016-02-26 11:56 | 政治って | Comments(0)

カローラフィルダー ハイブリッド

最近注目している車だ。カローラならなんの違和感もなくすぐ馴れるだろう。もうとてつもない馬力のカローラは作らないらしい。普通に運転して普通に走る車だと思う。ハイブリッドではないラインアップには5速のマユアルもある。解説に曰く、「マニュアルに慣れたお年寄りのために残してある」、おいおい、そういうことなのかマニュアルは。ハイブリッドはガソリンエンジンと強力モーターの二本立てである。私が普段乗るなら、この大きさは、ジャストサイズである。大きすぎず小さすぎず、乗る気なら5人乗れるし、荷物も入る。長距離も走れるし、町乗りも自由だ。価格もそこそこだ。燃費も良い。良いとこづくめだが、新車ではこの車は選ばないだろう。といっても「これにしばらく乗って下さい」と言われれば、特に不満はない。

トヨタにはこんな種類の車が多い。趣味の拘りより実用性が優先する。2001年発売の「カローラランクスZエアロツアラー」(190Ps 6MT)は未だに良い値段が付いている。トヨタももうこんな車は作らないだろうな。当時の新車価格が199万円(1800cc)である。時代の差を感じる。

[PR]
by zoofox | 2016-02-25 20:07 | 気になること | Comments(0)

マイナス金利とベア凍結

「三井住友に継いで、みずほの労組もベアの要求を見送った、次は損保グループへ」。という記事がある。なんかおかしいなと感じてしまう。日銀のマイナス金利はつい先頃のことだ。人件費のベアが、まあ額にもよるが、先行きの利益を圧倒的に減少させる要素とは思えない。言葉は悪いが「悪のり」だ。もともとメガバンク、メガ保険の給料は高い。NHKもびっくりだ。

ひとつは労働組合がベアの要求を見送るというのは、完全に経営サイドの視点だ。会社が潰れてもベアを要求しないと、労働組合の存在価値がない。もう一つは消費者に対する影響である。何故、市井の年寄りの金が郵便局に集まるか、全国的なネットワークと、ゆうちょ銀行間の「振替」(振り込みとは言わない)は、オンラインで手数料がかからない。この利便性と、窓口職員の親切な対応である。「××番のお客様」と素っ気ない銀行とは違う。少しずつの値上げで、銀行は膨大な「手数料収入」を得ている。他の銀行と乗り入れのオンラインシステムだから、やろうと思えば振り込み手数料はゼロにできる。夜間のATMも出し入れにあんなに手数料を取る必要はない。

細かく儲けているところは知らん振りで、世間には「ベアを凍結しました」では、おかしいな。よく働く人には沢山払うのが当然だと思う。

[PR]
by zoofox | 2016-02-25 08:43 | 政治って | Comments(0)

普段のGTレース

CSのFOXスポーツエンタというチャンネルがある。ゴルフ、サッカー、バスケット、時には麻雀といろいろな番組を放送している。中でもヨーロッパのGTシリーズのレース中継は面白い。F1と違って耐久レースだ。F1仕様ではない、ランボルギーニ、フェラーリ、アウディ、ベンツなどの車がリアフィンを立てて走り回る。コースもきちんと整備されているとは言い難い。沢山の観客もいない。日本車は今まで見たことがない。GTレースだから普段見るスーパーカーがちょっと厳つく化粧している。実況中継は早口の英語、細かい順位やタイムは一瞬出るがすぐ消える。五月蠅い解説者もいない。ということは、少し見てコースを覚えると、車の挙動だけに集中して見ることができる。こいつは無理してるな。ブレーキが早いんじゃないの・・・、いろいろ想像できる。大体、車だけ見たらどこの車か誰が運転しているか解らない。それでも面白い。

ヨーロッパの選手層は厚いはずだ。こんなレースの中からスターが生まれてくるのだろう。大きな事故も少ない。黄旗も少ない。見方によっては、アメリカのオーバルレースより面白くないと思う人が多いだろう。日本ではあまり中継しないが、GTレースや、ワンメークのレースは面白さが違う。

まあ、アナウンサーの英語が聞き取れればもっと面白いのだろうが。

[PR]
by zoofox | 2016-02-24 23:42 | 気になること | Comments(0)

歯医者へ行く日

随分待たされたが歯医者の予約日がきた。午前中は接骨院、右膝の筋は少しずつ良くなっている。結局は自分で意識して運動したりしないと良くはならない。歯医者はその後の予約だ。困った。歯痛はほとんど感じなくなってしまった。やはり耳からきた痛みだったのだろうか。何度も書いたが不思議なことだ。あれだけ痛かったのに、今は左側で噛んでも別に痛みはない、水も染みない。何といって説明したらいいのだろう。痛くない歯を治療されるのも嫌だな。


『治療後』

午後三時の予約だった。時間通り呼ばれ、「今は痛くないです」などという私の言葉は、先生の耳には入らないらしい。麻酔され、最初は久しぶりの金属音で治療(虫歯部分を取り除く)、次はゴリゴリと歯を削る。奥歯は平らにされ、型を取られてその上に仮歯を着けて一丁上がり。今回は神経を抜くまで深く進行していた訳ではなかったらしい。来週、できた歯を接着し、何かを被せて終わりだ。「左の方使わないで置いて下さい」、まだ「片方噛み」は続くらしい。

[PR]
by zoofox | 2016-02-24 05:00 | 自分のこと | Comments(0)

空飛ぶ円盤を見た日

今日は皇太子の誕生日だ。56才になる。私にとって皇太子は、今の天皇だ。浩宮はいつまで経っても浩宮である。この70年は皇室にとっても大きな転換期だったが、軍人と象徴の立場の違いを把握していたのは昭和天皇だけだったような気がする。

眠る前に、なんの前触れもなく古いことを思い出すことがある。

昭和40年代のことだ。私はお茶の水の学校に通っていた。季節は初夏だった気がする。昼食の後、御茶ノ水の駅で総武線を待っていると、本郷の方向から大きな黒い雲の塊が江東区(東京湾)の方向に動いてきた。文字通りの「塊」に見えた。電車に乗る頃、私の上をゆっくりと通り過ぎていく。私は電車の窓からずっとその雲を見ていた。一番上の方の縁が日光を受けてキラキラ輝いていた。両国を過ぎた頃から、頂上付近の真っ白な雲の間を、出たり入ったりする「丸い物」を見つけた。見かけはヘリコプターの丸い透明な操縦室部分だけのように見えた。周囲の人は同じ雲を見ながら気が付いていないようだった。私は何分かの間だずっと見ていた。雲の中に入って、また外に出てくる。きらりと光ったような気もする。(おかしいなヘリコプターがこんな動きをするかな)、そのうち雲はどんどん遠ざかって行ってしまった。

私は未だにこの風景だけは覚えている。あれは一体何だったんだろう。

[PR]
by zoofox | 2016-02-23 22:18 | 自分のこと | Comments(2)