独りの戯言


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
気になること
政治って
車の話
テレビの話
自分のこと
戦争
映画を見て
思い出
子供について
詩文
若い日
カメラ
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

おはようございます。11..
by zoofox at 08:29
おはようございます。早起..
by memmon at 06:20
コメントありがとうござい..
by zoofox at 20:30
張り手は禁じ手では無いけ..
by 匿名 at 16:20
ありがとmemmonさん..
by zoofox at 12:05
ファイト!
by memmon at 10:44
何かすっきりしない日がつ..
by zoofox at 15:59
カマキリ、当地では幸いに..
by korei at 09:36
> memmonさん ..
by zoofox at 22:44
大丈夫! すぐに治りま..
by memmon at 17:34

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

正直なところ
at 2017-07-25 22:43
人を殺す
at 2017-07-25 09:03
090
at 2017-07-24 23:17
内閣支持率26%
at 2017-07-24 08:43
車をかまう
at 2017-07-23 22:00
朝鮮総督府
at 2017-07-23 09:54
レンジファインダーの感想
at 2017-07-23 06:15
花火
at 2017-07-22 21:04
夏休み
at 2017-07-22 09:00
値段
at 2017-07-21 19:32
何でもない日課
at 2017-07-21 16:53
白鵬の選択
at 2017-07-21 09:47
武士の本分
at 2017-07-20 23:34
知らない言葉
at 2017-07-20 08:06
引導を渡す
at 2017-07-19 19:12
看護と介護と被介護
at 2017-07-19 09:19
よく読んでから行動しろ
at 2017-07-18 23:25
しつこさと研究熱心
at 2017-07-17 20:22
語られない近代史
at 2017-07-17 08:43
休場
at 2017-07-16 22:21

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

<   2015年 12月 ( 58 )   > この月の画像一覧

カルチャーラジオ

NHK第二放送の番組である。「山本KID徳郁と魔裟斗の再戦」のテレビがなかなか始まらないので、ラジオを聞いた。何しろ控え室からの放送と、過去の再放送ばかりで、本番が始まらない。きっとあっさり終わるんだろうな、と考えていた。ラジオを点けると「カルチャーラジオ」というのをやっていた。NHKの第二放送である。この局の番組は良く聞く。聞いたような声だと思ったら、田原総一朗の話だった。ある広告代理店からのクレームで、執筆を辞めるか会社を辞めるかと迫られ、東京12チャンネルを止めたと言っている。放送局時代からフリーになって朝まで生テレビを制作したまでの裏話と朝の番組で政治家との関係ができ、小泉純一郎との交際での話はあった。その先はなかった。一番聞きたかった今の政権についてはひと言も触れない。締めくくりは「テレビはインターネットと結びつかないと先がない」ということだった。やっぱり限界はあるんだなと思う。

11時からは橋本大二郎の話である。記者時代に、御巣鷹山の事故に駆けつけた、という話をしている。このニュースにまつわる都市伝説についてはやはり触れない。山の麓に着いたときは、自衛隊員が山から下りてきているという。その後にフジテレビが生存者をヘリコプターに吊り上げたニュースを中継放送したと言っている。あの飛行機の大阪空港の尻餅事故の取材もしたと話している。自分は記者として少し粘りが足りなかったかなと話している。

大晦日は面白い放送がある。

[PR]
by zoofox | 2015-12-31 23:25 | 自分のこと | Comments(0)

格闘技のパンツ

神棚と仏壇に御神酒を上げて、同居人と年取りをした。7人居た家族が去り、別の家庭を持つとうとう二人きりになった。それでも母が存命の時は頑張ったが、今年は簡単な支度だ。明日の朝の大根雑煮は私が作る。材料を盛り上げて、昆布を水に浸した。なにも買わないようにしようと言っているが、何時の間にか冷蔵庫が一杯になる。

うちのテレビはNHKは写らない(?)ので格闘技系の番組を見ている。先日のスーパーフライ級の試合は右手の骨折が治ったチャンピオン(名前は知らない)が圧勝したが、こんな見事な試合を見たのは久しぶりだ、ガードの上から相手を倒す。これでは拳を痛めるはずだ。今日の試合はあまり面白くない。身体のキレが違う。これから、井岡がどんな試合を見せるか楽しみである。選手によって違うが、あのだぶだぶパンツと、そのパンツにまでコマーシャルロゴを入れているのは、見苦しい。ボクシングはキリッと勝負を付けて欲しい。

[PR]
by zoofox | 2015-12-31 21:02 | 自分のこと | Comments(0)

今年はいろいろあったけど-政治とドリフト

今年も残す所、今日一日である。明日はこのページが書けるかどうか分からないので、一応まとめられる所をまとめておきたい。今年は私にとっていろいろなことがあったが、私的なことはともかく、一つは「安倍政治」に極端な反発を覚えた。行政の長として、立法の代表者としてこの人はどう考えても行動が納得できない。安保法制とその背後にある、日米安保条約や憲法について自分なりに真剣に考えた。真剣に考えると考えは少しずつ変わる。戦争を回避するのは当然だが、この憲法でそれができるのか、こんなことは今まで考えたことがなかった。

もう一つは、車への興味である。病気とそれによる体調の変化と、昔のように車で旅行したいと痛切に考えた。その結果、二度も癌の気配に怯えた。やる気を出すと邪魔をするこれは、何だろうとも考えた。私の身体についてはブログではあまりにプライバシイ過ぎて書けないこともある。私の経済状態についても赤裸々に書きたいが、これも憚られる所がある。また、書くことによって自分の曖昧な行動の原点を知ることもあった。

私は10年ほど毎日長距離を車で走る仕事をしていた。本来の仕事は車に乗ることではないので移動手段である。この間にいろいろな経験をした。危険な思いも幾つかした。別に運転が上手い訳ではない。事務の仕事が長くなると、長距離運転は面倒になる。普通の運転をするだけである。若いときに対する「郷愁」が車の話の原点だ。私は安全な運転者だが、乱暴な運転もできる。同乗者が居ないときは他人に迷惑をかけない程度に乱暴だ。車のスピード規制は法外だと考える。一時停止や信号無視は犯罪だが、空いた道路で法定速度を超えてもいけないことだとは特に思わない。もちろん程度はある。40キロ道路を100キロで走るのはいけない。なにも理由がないのに追い越し禁止の標識がある道路がある。警察の小遣い稼ぎのような規制には反対だ。都内では車で走ると停める所を探すのが一仕事だ。これが原因で、都内ではほとんど目的以外のドライブはしない。

今度は軽自動車を調べてみた。もちろんマニュアルの軽である。軽自動車は各社ともCVT全盛である。タイハツとスズキ、ホンダ、ミツビシが主な供給先であり、名前の異なるOEMが多い。ダイハツはトヨタ、スバル,マツダに供給している。価格はほぼ同じである。同じ車でも四駆は少なくなりほとんどがFFである。軽でも50馬力はあるので、それなりの走りは期待できる。車の小さい方が有利である。FRは特別なものしかない。トランクションとかドリフトなんて言葉は使いたくないが、尻を振ってカーブを曲がるのは、サイドブレーキを使いながらFRでしか経験がない。

ドリフトなどという言葉ができる前、逆ハンの経験があるのはFRだけである。FFで滑り出したらどんな動きになるか、どう対処したらいいか経験がない。FFで滑り出すのは前輪だから、前輪が外側へ外側へと行こうする。初代のシビックやアコードで、東名の箱根の大カーブを曲がっているときFRの経験しかなかった私は、とても恐い思いをした。「FFは恐い」という刷り込みがある。刷り込みがあるなら勉強して練習すればいいのだが、そんな運転は容易に練習できない。マニュアルに乗るというと、当然ズルッという感覚も期待している。もうすこし寒くなれば道が凍って、長野県内なら低速でもこれは経験できる。新潟の雪は湿り気が多い。長野は凍る。

今これを経験しないと、昔話になりもう体力がない。「昔は良かった。こんな走りができたんだ」とばかり言いたくない。4WDのドリフトはどうなるのか。選手は簡単に行っているが。前も後ろも外側へ滑るなら、やはりサイドブレーキを使うのだろうか。そうか、そのためにBRZの出番があるのだ。


追記:17:30大晦日も一段落したので、ちょっと題名と中身が違うなと気が付きました。「ドリフターズ」じゃないけれど、ドリフトって「漂泊する」なんて意味に使いますよね。どこに行くか分からない、これ今の政治と同じじゃない。こっちが書き始めの目的でした。日本だけじゃなくて世界中が、今までの歴史で貯めていたいろいろな矛盾の精算を求められている。日本は韓国と中国だけど、ヨーロッパの国々は植民地政策以降の精算ですから根が深いですね。難民問題、テロ問題はその縮図のような気がします。
車妄想もぐるり回って、BRZに戻ってきました。一番安いタイプなら新車でも、デミオより安いかも知れない。デミオのディーゼルとBRZの最安車は諸経費別で価格が逆転してる。BRZには50万円でターボキットもある。来年は身体を鍛えなくちゃいけないな。
皆さんに素晴らしい新年が訪れますように!!祈ります。

[PR]
by zoofox | 2015-12-31 08:36 | 車の話 | Comments(0)

年末

朝から追い立てられて、仏壇と神棚の掃除が終わった。母が采配を取っていたときのように、一つ一つの道具をピカピカに磨くことまではしない。水拭きとさっと埃を払うだけだ。祖母が百年以上前に田舎から持って来た仏壇は、今の生活には大きすぎる。父親の年忌の時、上野の仏具店で漆を塗り替えて、お道具も取り替えて貰った。祖母と父と母の位牌の前に、それぞれ小さな写真が飾ってある。真ん中にはご本尊様。本来は次男の私が見るのはおかしいのだが、そうなってしまったからしょうがない。

神棚はこの家を新築したときに、父親と買いに行った記憶がある。しめ縄を取り替え、やはり水拭きと乾いた布で埃を払う。光を入れ拝む。
これ以上綺麗にしようがない。方々から戴いた、蜜柑、リンゴ、ナシ、米、蕎麦、菓子等、まず仏様と神様に見せるから、この辺りに集まっている。

アルミの脚立を片付けると、これ以上することはない。隣の部屋では年末番組が始まっている。普段は地上波は見ないが、他の人や子供が来ると見慣れた番組を見たがる。この「お笑い番組」というのはどうにかならないものか。大きな声で叫ぶだけで、仲間内の芸に出演者が大笑いする。見ている方は面白くもおかしくもない。「お笑いという無芸と解説という無教養」ばかりがまかり通るTV番組だ。ドラマしか見ない。私の部屋は寒いが、J-WAVEが点けっぱなしだ。CMもほとんど入らず、この時期はTVもDVDも見る気がしない。

用意しないと言っていた正月準備も、少しずつ料理が用意され、材料が揃っていく。休み開けにすぐ検診だから、ものも満足に食べられない。体重は同じ所を行ったり来たりしている。食事は減らしているが、身体が冬眠しているんだな。

[PR]
by zoofox | 2015-12-30 09:47 | 自分のこと | Comments(0)

洗車

昨日は正月が来るので、車の掃除をした。まだコートが十分効いているので、小型タオルを雑巾に縫って貰い。バケツにお湯を入れてゴム手袋もした。一応洗剤の準備をしていたが必要なかった。ホースでざっと濡らしておいて雑巾で拭く。雑巾はパーツ毎にすすぐ。思えば本格的に掃除をするのは二度目だ。一度目は犬を載せた後、遠慮のない人は後席に犬を乗せて病院まで行ったが、焦げたような犬の匂いと細かい毛は、掃除機をかけてもなかなか取れなかった。下がコンクリなのでアルミホイールもほとんど汚れていない。前の車に比べると屋根があるだけで、埃が溜まるだけで汚れ方が随分違う。スタンドで頼むと気が付かないが、自分で手で拭くと、細かい傷や汚れに気が付く。15分ぐらいでピカピカになった。私の持論では「車はなるべく水洗いしない方がいい」である。水は最後は下に溜まる。溜まった所を待ってからきちんと拭くか、水が垂れないように雑巾拭きが錆の原因を作らない、と思っている。雪国ではこんなことは言っていられない。雪解けに走れば、手ではとても取れない泥がびっちり着く。雪国には洗車場が多い。

インプレッサのCVTについては散々文句を言ってきたが、発進については前に車がいなければいきなり3000回転ぐらいまで踏んでやれば、だるさはない。これはエコモードでもSモードでも同じだ。エンジンブレーキについては仕方ないと諦めるしかない。私は、「きゅっと走ってきゅっと停まる」のが好きだが、この乗り方を変えるべきなのかな。最近はちょくちょく乗っているから彼も機嫌がいい。

デミオの熱はすっかり冷めたが、マニュアルシフトの感覚が頭を離れない。周りにMTに乗っている人は居ない。

従軍慰安婦のニュースが出るとチャンネルを変えてしまう。見たくもないし聞きたくもない。もちろん書きたくもない。良く各国の大統領が「テロには屈しない、テロ犯と取引はしない」と発言するが、この問題も拉致問題も立派なテロなのに、何でみんな知らん顔なのだろう。

[PR]
by zoofox | 2015-12-29 06:35 | 車の話 | Comments(0)

エンヤ

FM放送を聞いていたら「エンヤ」のインタビューがあった。聞き間違えだったらご容赦だが、名前の感じから北欧の人だと思っていたら、北アイルランドだと言っていた。ここ15年の間に中島みゆきの他にCDを購入したのは、この人だけである。ラジオを聞き出すと、インターネットもテレビの画像もない純粋な音だけのお付き合いになる。その中からいろいろ想像していく楽しみがある。昔々は大物外人タレントが来日すると、しばらくしてステージのテレビ放送があったが、今はない。なければないで済んでいた。しかし、初めてエンヤの話す声や内容を聞くと、ほとんどが知らないことである。しかし、映像で見ない方がいいのかも知れない。このタイプの人は生で聞くタイプの音楽だ。生では音響面でがっかりするかも知れないが、それはそれでいい。
[PR]
by zoofox | 2015-12-28 21:20 | 自分のこと | Comments(0)

グレーのセーター

朝起きて部屋が寒いときがある。暖房を点けてもすぐ母屋に行くので、寒いまま居る。今日のように、特別に寒くなると探すものがある。グレーの目の詰んだ分厚いセーターだ。襟がついて前ボタンで上着のように見える。何時からか私の部屋にあるのだが、私は買った覚えはない。父が着ていた記憶もない。忽然と身のまわりに現れてきた。寝間着の上にこれを着ると、暖房などいらない。一年に何回かしか着ないが、このセーターを見る度に、(誰に貰ったんだろう?)と不思議になる。嵩張るので捨てよう捨てようと思うのだが、出番があるのだから捨てられない。汚れも毛玉もなくて、正真正銘のウールマークである。私は同じような丸首のセーターも持っている。生成りというかざらざらした暖かい毛だ。ここ数年見ないが、これは買ってもらったものだ。TVで身辺整理の専門家が、「一年間使わなかったものはさっさと捨てること」と、整理の奥義を披露するが、余程狭い所に住んでいるのだろう。爺の考え方としては、もし地震があり、火のない生活になったとき、一番重宝するのはこの手の「天然暖房機」だと思っている。
[PR]
by zoofox | 2015-12-28 06:51 | 自分のこと | Comments(0)

ソニーのラジカセ

タイヤの出し入れをして、物置の隅にゴミ袋に包まれた包みを発見した。外から見れば分かる、大きな100Wステレオは母屋の二階にまだある。音は驚くほどいいが、もうスピーカー以外は使いようがない。LPが沢山一緒にある。このラジカセ(ドデカフォン)は幅80cmぐらいのCD+ダブルカセットである。カセット部分が先に壊れて、CDも調子悪くなったと思う。ラジオとしては柔らかいいい音をしている。FM+AM+TVだ。TVはもちろん今は聞けない。部屋に持ち込んでしばらくラジオとして使うことにした。この後、CD+カセット+MD、DVDとラジカセは幾つか買った。だんだん小さくなる。捨てないからどこかにある。

ラジオ付のデジタル時計を買ったからである。この音にはいくら私でも我慢できない。この頃の製品は良くできている。ソニーは何年かで壊れるソニータイマーは確かにある。機能の一つが壊れたとき捨てるか捨てないかである。CDやDVDはテレビに繋いだレコーダーで聞いたり見たりできる。AM+FMラジオと割り切れば、これでいい。ちょっと大きすぎる気もするが。久しぶりにラジオの生活が戻ってきた。

[PR]
by zoofox | 2015-12-27 14:59 | 自分のこと | Comments(0)

西部邁ゼミナール

日曜の朝9時半から30分、MXTVを見られるときは見ている。今放送中だ。録画してあるので後でゆっくり見よう。ちょっと見た所では、今日は「権利(理)」の話をしている。「例えば人権が天賦のものである何てことはない。その地方や国の中で決められているルールに過ぎない」、これは相手方から出た言葉であるが、(そうなんだよな)と納得してしまう。私は改憲論者ではないが、権利義務を今の憲法から学んでいる。「世界に冠たる平和憲法」などと威張ってみても、成り立ちはいろいろな思惑の合算物である。「人間は生まれながらに幸せに生きる権利を持っている」、こんな言葉には、そうかなと思いながら何か違うよな、と感じていた。自然法というのは宗教に似ている。それだけでは追いつかないから、法律を作った。先の生存権は「汝殺すなかれ」とどこが違うのか。この番組は、思いつかなかった、知らなかった視点から、話をする。

今アメリカのテレビ番組では、天変地異や核戦争で日常が壊れてしまった後の、冒険や社会をテーマにした番組が多い。小さなコロニーは小さなルールを必要とする。そのルール作りからの話だ。日本人だから違和感を感じるのだろうが、欧米文化にとっては当たり前のことなのだろう。鵜呑みにするのではなく、ものを考えるきっかけになる番組である。今日も西部氏は白い手袋をしている。

[PR]
by zoofox | 2015-12-27 10:15 | テレビの話 | Comments(0)

今月の買い物

まだ今月は終わっていませんが、珍しく幾つか買い物をしました。

・中国製のフリースのインナー 3枚
・日本製の布団乾燥機(これは今月だったかな)、2台。
・ドライバーセット1組
・通販の耐熱ガラス容器2セット
・ラジオ付デジタル目覚まし時計
・しめ縄一本

ホントに物を買わないんです。布団乾燥機は家計費で姉用に買いました。私もあんまり寒いので今日一台買ってきました。家計費で買ったのは一番高いもの、私が自分用に買ったのは一番安いもの。中国製のフリースは馬鹿になりません。Tシャツとこれを着ていれば寒さ知らず。
デジタル目覚ましは、24時間にしておいて、一台あると便利です。何しろものを増やさないようにしているのですが、何時の間にか増えてしまいます。ガラス製のタッパーは中身がよく見えて便利です。機械ものは複数買うときは、一番高いものと一番安い物を買います。機能を買うか単独の目的を買うかの違いです。離れているので持って歩くのが面倒くさいのが本音ですが。
もう正月の支度はこれでほぼ万全だと思います。

[PR]
by zoofox | 2015-12-26 21:08 | 自分のこと | Comments(0)