独りの戯言


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
気になること
政治って
車の話
テレビの話
自分のこと
戦争
映画を見て
思い出
子供について
詩文
若い日
カメラ
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

おはようございます。11..
by zoofox at 08:29
おはようございます。早起..
by memmon at 06:20
コメントありがとうござい..
by zoofox at 20:30
張り手は禁じ手では無いけ..
by 匿名 at 16:20
ありがとmemmonさん..
by zoofox at 12:05
ファイト!
by memmon at 10:44
何かすっきりしない日がつ..
by zoofox at 15:59
カマキリ、当地では幸いに..
by korei at 09:36
> memmonさん ..
by zoofox at 22:44
大丈夫! すぐに治りま..
by memmon at 17:34

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

正直なところ
at 2017-07-25 22:43
人を殺す
at 2017-07-25 09:03
090
at 2017-07-24 23:17
内閣支持率26%
at 2017-07-24 08:43
車をかまう
at 2017-07-23 22:00
朝鮮総督府
at 2017-07-23 09:54
レンジファインダーの感想
at 2017-07-23 06:15
花火
at 2017-07-22 21:04
夏休み
at 2017-07-22 09:00
値段
at 2017-07-21 19:32
何でもない日課
at 2017-07-21 16:53
白鵬の選択
at 2017-07-21 09:47
武士の本分
at 2017-07-20 23:34
知らない言葉
at 2017-07-20 08:06
引導を渡す
at 2017-07-19 19:12
看護と介護と被介護
at 2017-07-19 09:19
よく読んでから行動しろ
at 2017-07-18 23:25
しつこさと研究熱心
at 2017-07-17 20:22
語られない近代史
at 2017-07-17 08:43
休場
at 2017-07-16 22:21

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

<   2015年 09月 ( 43 )   > この月の画像一覧

中央道

私が中央道を使い始めた頃。多分(記憶違いもあると思うが)、調布から乗っていたような気がする。「調布→八王子」が最初か、「八王子→大月」が最初か、毎月何回も乗っていたのに記憶がはっきりしない。嬉しかったのは首都高と繋がったときだ。そういえば勝沼インターのオープンは覚えている。一日目は松本に着けばいいので、甲州街道をずっと走った記憶もある。小渕沢までの長い坂を毎回登ったのも記憶している。とにかく中央道は少しずつ、完成しては繋がっていった。最後に「伊那→諏訪」間が繋がった次の日にスピード違反で捕まっている。伊那から飯田に抜ける下の道は、狭くうねって霧が良く出た。話は前後がごちゃごちゃしているが、全線が開通してまもなく私は転任になった。今では東京から松本まで3時間程度で着く。そのまま長野方面にもいけるし、明科で降りて糸魚川まで北上するのもいい。

当時はオービスなどないので、石川パーキングを過ぎたら、アクセルは踏みっぱなしである。車もほとんど通っていない。新碓氷峠や塩尻峠には及ばないが、走っていて気持ちのいい道だった。残念ながらカローラ1200では120キロが最高だった。
中央道が普通の高速道路になったのは、小牧インターと繋がって東名高速のバイパス機能が発揮されてからだろうか。ともかく渋滞する道路になってしまった。

高速道路を何時間門走っていると、一種の酩酊状態になる。雨の日は走行車線の轍には水が溜まる。大型トラックが、100キロで走っていると追い抜くことになる。併走する時間はトラックの水しぶきで前が完全に見えなくなる。1秒なのか2秒なのかそれより短いのか、ともかく「レインアウト」である。今なら躊躇する所だが、当時の私は(まあ、死んじゃってもしょうがないかな)とハンドルをきつく持って直線部分で追い抜いていた。

当時のそんな気持ちは何故か今では分からない。一種の極限状態だったのだろう。不思議に私はこの高速道路で事故を一度も見たことがない。居眠り運転をさせないカーブになっているのかも知れない。ニュースで中央道は××で40キロ渋滞などと聞くと懐かしくなる。



[PR]
by zoofox | 2015-09-30 22:55 | 自分のこと | Comments(0)

旅に行きたいな

一度作った荷物も冬物に入れ替えないと危ない季節になった。
6月から出かけるチャンスを狙っていたが、今年は気候と体調が良くない。特に右足親指は何時までも痛くて困る。先週も医者で爪を切って、液体窒素で肉を焼いて貰った。親指はアクセルを直接踏むわけではないが、周囲も腫れて痛いことは痛い。来週はもう一度焼くとのことだ。

連休が過ぎ、何時でも出発できる。田舎も無事稲刈りが終わったようだ。風邪は毎食後の薬に変わって、声も大体戻ってきた。胃腸の具合は相変わらずあまり良くない。健康保険証を持っていれば、田舎の方が医者には罹りやすい。風邪薬を飲むと二時間後に猛烈な眠気に襲われる。用事があれば無理をしても出かけてしまうのだが、何の用事もなく出かけるとなると。無闇に事故も起こせない。

朝天気が良ければ、上野駅から新幹線に乗って出かけてしまう、という手があるが、今回はどうしても車で行きたい。宿は普通の大きさの地方都市にはビジネスホテルがある。東北道で仙台の先輩を訪ねて、雪の降らないうちに新潟に抜けたい。墓参りをして、北へ行くか南へ行くかは決めていない。あくまで仮定のルートだが、飯山から長野に出て友人と合い、黒姫の横を通って日本海を見ながら西へ行きたい。調子が良ければ、京都、大阪、奈良、和歌山と回りたい。センチメンタルジャーニーはここまで。四国は高松までしか行ったことがない。その先も面白そうだが、愛媛から高知、徳島、大阪というルートも魅力的だ。地図を見ていると夢が広がる。その気になればすぐいけるのに、何だかんだ自宅にいると出かけにくい。

紅葉もいいが、青い山もいい。

[PR]
by zoofox | 2015-09-30 17:18 | 自分のこと | Comments(0)

言い分

私は何度も何度も同じこと書くでしょう。
私は思想的には右にも左にも偏っていないと思います。ただへそ曲がりですから、右が強くなれば左に、左が強くなれば右に、なるべく平衡を保とうとじたばたはします。

本当に久しぶりに必要に迫られて写真を撮りに出かけました。何時もの町をいつものように撮っているとき、「この暗い空から、ミサイルや爆弾が落ちてきたら私達はどうなるのか」、一瞬考えたら恐くて堪らなくなりました。写真を撮るという日常の動作のすぐ後ろに、見知らぬ国から原爆を積んだミサイルが、同じ景色の中に現れる可能性が、ある時期を境に高くなったことを思い知りました。

自分一人の命なら、何とか諦めもつくけれど、数万、数十万という命が同時に失われるというのは、予想したこともなかった。もしかしたら、東日本大震災のように、市程度の大きさの地域や、もっと広い地域が日本から消えてしまう。そんな事態は嫌だ。考えたくもない。

写真を撮って回るまで、安保法制と実生活の間に夾雑物があった。実際の土地や建物を見ると、これがまた炎に焼かれて、人命と共に永久に地上から消えてしまう。そんなことは絶対に許せない。再開発で懐かしい町が生まれ変わることでもこんなに寂しいのに、焼けて消えてしまうと思うと書かずにいられない。これは「悪夢」の続きです。頭の中で考えている戦争を「私達の実際の戦争」に重ね合わせると、居ても立ってもいられなくなります。

自衛隊が他の国で軍事活動をするということは、私達が何時攻撃されるか分からない可能性がもの凄く高くなったことなんですね。

[PR]
by zoofox | 2015-09-29 22:37 | テレビの話 | Comments(0)

悪夢

道路に土嚢が積まれて、戦車やジープが走り回り、高層ビルにはロケット砲が打ち込まれる。吾妻橋が途中で落ちて、浅草では自爆テロがある。木造の家では隠れる所がない。道路は車が溢れ、千葉方面へ、春日部方面へと避難民の長い列が続く。上空にはヘリコブターと時折高空を戦闘機が通り過ぎる。遠くで高い煙が上がる。オートバイに乗った若者が。「上野と新宿駅は爆撃でなくなった。世田谷は火の海だ」と情報を伝える。

何でこんなことになるんだ。私の町は川で囲まれている。橋を落とされ、焼夷弾で焼かれたら逃げる場所はない。東京が攻撃されたら、東京大空襲の比ではない。一千万都民の半分は逃げ場を失う。嫌だな~、恐いなあ~。ある夜、突然こんなことが起こらないと言い切れるだろうか。イラクのスカッドミサイルは、幾つかの国を超えて、イスラエルを攻撃した。米軍がゆっくり艦隊を回してくるのは一週間後だ。それも基地の兵隊と家族を避難させるのが優先だ。狭い日本では難民キャンプも作りにくい。

テロか戦争か、やられる方には区別はない。これからこんなことを日常的に行っている国と一緒になって戦争をしたら、必ず仕返しが来る。報復は人を選ばない。「私は一生懸命この法案には反対したんですよ」と言ったからといって弾は避けて通るわけではない。

どうすればいいんだろう。

[PR]
by zoofox | 2015-09-29 19:47 | 政治って | Comments(0)

私は嘘つきでした

もう政治のことは考えないようにしよう、と二、三日前に書きました。でもやっぱり駄目です。
手を広げないで気になっていることだけ気にします。

共産党の動き委員長の発言、大変勇気あるものだったと思います。党の目的を一時凍結しても(そう聞こえます)、安保法制を廃案にするために一致団結しようという呼びかけです。非常事態は続いています。ともかくこれだけは何とかしようよ、選挙協力もするよ。内閣に入らなくてもいいよ。これを政治的野心と感じるか、本当に日本の将来を心配しての言葉なのか、私にも分かりません。しかし、何時も高みの見物=孤高の戦いをしていた党がこんなことを言い出すのは異例の事です。共産と社民と小沢一族は早速会合を始めています。小さな力でも選挙区を絞って共産党の票が入れば、公明党と同じ固定票ですから強いと思いますよ。

民主党はやはりおかしいです。本来なら、「我が党から共産党さんにお願いしようとしていた所だ」と手を握るのが、この国会の後では普通のことだと思います。何しろ普通の時じゃないんですから。「あ~、終わった終わった」とゴルフをしている人とは違うんです。「野合」などと悪口を言いますが、ホテル代のない若い二人には大切な行為です。民主党にも「松下政経塾」出身の人が沢山いますが良くわかんないな。このままだと、私の若い頃のように、社会党と共産党が、ガチガチ野党としてまた出てくる気がします。そうすると民主党は民社党の位置ですかね。それで公明党が目を醒まして野党に戻れば、いい配置になるんですが。夢かな。

[PR]
by zoofox | 2015-09-28 21:28 | 政治って | Comments(0)

小さな町


ようやくカメラを提げて歩く元気が出てきました。風邪はまだ残っています。私が会社を辞めてからも、新築の家がどんどんできています。懐かしいお宅が綺麗になっているので、厚かましいけど声をかけたら、「工場はもうやめた」と元気そうにおっしゃっていました。「あんた、しばらく見ないと思ったら定年だったの?」反対にインタビューされました。もう一年半も前のことですよ。
夜のお店は一昨日、花は昨日です。あんなに沢山いた「猫」の姿が見えません。お花畑は花が終わってシートがかかっていました。何時の間にか秋だったんですね。私がうろうろしている間に。

c0366973_09314959.jpg
午後8時頃一軒だけお店が開いていました。お好み焼き屋さんです。そう
  いえばしばらく来ていないなあ。みんな元気かな。今度若者を連れてこよう。

c0366973_09312658.jpg
翌日の雨上がり。プランターの花もこう見れば堂々としていますね。


[PR]
by zoofox | 2015-09-27 09:48 | 気になること | Comments(0)

静かな夜

政治のことは一応の結論を自分で出して、もう考えないようにしました。
日本が普通の国として主権を持って、国民が普通のこととして主権在民を成し遂げるには、一つ一つ蜘蛛の巣のように張られている利権の網を解いていくしかないのですね。

相変わらず何時も参考にしていた掲示板は、(何でこんな情報が隠れているの?)と思うほど緻密で、正確です。そんなレベルの高い所で物事を見るから、私の腹立ちもなかなか収まらなかった。今日のヒットは「従軍慰安婦問題の誤った報道は朝日ではなくて読売だった」、という意見記事。これには驚いた。でも、最初からキーセンパーティで有名な国が、どうしてこうなるのかな、とは感じていました。

書きたいことは沢山あるけれど、身の丈に合わないことを書いていると、自分の意見を忘れます。だから今度は読者に徹します。自分の直接見たこと聞いたこと、を中心に書いていこうと思います。

昨夜は雨の中、今日は昼間写真を取りに行きました。何か(撮りたいな)と思うものが見付かりません。同じ場所を多く撮りすぎたのかなと感じています。大きな再開発があって、昔々何となくいい町並みだなと思って撮っていた写真が、再開発後と比べるいい材料になります。懐かしい飲み屋さんが軒並みビルに変わって、つまらない町になってしまいました。道路を広げるために、町ごと壊すことはないのに。私が遅い青春時代に毎日飲み歩いていた町がそっくりなくなっちゃった。



[PR]
by zoofox | 2015-09-26 23:46 | 自分のこと | Comments(0)

夜の町

c0366973_15051915.jpg
来月地元のお祭りがある。官製のお祭りだ。毎年そこに写真を投稿していた。そこで仕事をしているときは、気軽に沢山の写真を撮った。一番いい所で他人の顔が映るのを気にもせずに、撮ることができた。近所の人が映っていると喜ばれたものだ。
毎年、古い町と暮らしを求めて無遠慮な若者が、古い長屋や路地で遊ぶ子供達を狙って撮るようになった。だんだん役員会で「見せもんじゃない」、という主旨の発言が出るようになり。少しずつプライバシーが幅を利かせるようになった。「この自転車のオバチャンいいんだけどなあ、顔がまともに入っている」、そんな理由で商店街の写真も撮りづらくなった。

店が少なくなり、絵になる店屋も減ってきた。今年も「××さん写真出してよ」と事務局から電話が来た。雨が降ったり止んだり、人のいない見飽きた風景は撮りづらい。後ろ姿の学校帰りの小学生か、電球の色が懐かしい八百屋の店先でも、断って撮るかなと思っていた。

これは書いたが、昨日は、長引く風邪を心配して、お茶の水までバイクで走った。帰りはずぶ濡れだ。夜8時頃、(そうだこの時間の町は撮ったことがない)と気が付いた。F1.2のレンズを付けて(濡れたら嫌だな)と思いながら出かけた。後ろから「風邪ひどくするんじゃないよ!」と声がかかる。イメージは「居酒屋の戸口の明かりが、小雨の降る道路に漏れている」そんな懐かしい風景だ。・・・店など開いていない。夜の公園からスカイツリーを望んだが、雨の中にぼんやり紫の色が広がるだけだ。いくらF1.2でも限度がある。少しマイナス補正をすると夜らしい雰囲気になる。結果はちょっと絵にならない。角の家のこんもりとした木の前を自転車の二人組が行く。街灯の明かりに自転車の姿が流れる。とうとう引き上げた。思いつきは良かったが、そうは問屋が卸さない。窒素で焼いて貰った足の指が痛くなった。昔の写真でも引っ張り出すかな。明日晴れたらまた来てみよう。



お詫び:怒りにまかせて書いた。NHKと政治話はやめました。書く度に淋しくなるんで、失礼。

[PR]
by zoofox | 2015-09-26 04:55 | 気になること | Comments(0)

雨の日の白杖

どうにも風邪が治らないので、二月に一度通っている病院まで出かけた。予約なしだと午後の方が空いている。車は駐車場が空いていないとひどい目に合うから、オートバイで出かけた。途中から小雨になった。病院では内科を待ちながら、親指の治療で皮膚を焼いて貰った。
主治医がいないので、ざらっと説明をする。最悪、肺炎(老人には無熱肺炎というのもある)も視野に入れてレントゲンを撮った。レントゲンは癌も肺炎もなかった。「喀痰検査しますか」と聞かれたから、もう少し長く続くようだったらお願いします、とやんわり断る。CTとレントゲンでセーフなら癌はないだろう。

帰り道は本降りだ。ヘルメットのカバーを開けていないと前が見えない。カッパを着て走る。蔵前通りを左折して自宅方向に向かう。自宅から徒歩圏内に中規模の病院があり、赤信号で待つ間、4人ほどのオバさんがしゃべりながら歩く。その後に痩せたお爺さんが白杖を突いて歩いていた。この交差点は歪んでいる。お爺さんは、ゆっくりと車道の真ん中に出てくる。真っすぐ行くと電柱とガードレールに当たる。もっと右に行かないと歩道に戻れない。信号が変わり、私も後ろの車も固唾をのんで見ている。オートバイを止めて、お爺さんを誘導するべきなのだが、狭い車道で私が動くと後ろの車が迷惑する。お爺さんが反対側に曲がったら手を出そうと思っていたが、正確な方向に向かって歩き出した。歩道に上がるのを見て私は手を上げて走り出した。信号二回待ちである。後ろの車も、その後ろの車もクラクションを鳴らすどころか、ホットしたような雰囲気だ。狭い道路の車道だから、5~6mだろう。11m道路だったら車から文句が出ただろう。

家に帰って考える。路肩にバイクを止めてお爺さんを誘導した方が良かったのか、じっと見ていた方が良かったのか。自分でも分からない。

[PR]
by zoofox | 2015-09-25 16:52 | 気になること | Comments(0)

大草原の小さな家

この年になって、堪らなく懐かしいものがある。そんなことを思い出すと考えの足らない政治家が日本を危機に陥れている現実を忘れることができる。

FOXテレビをよく見ている。その周辺のアメリカ、イギリスドラマも見る。これは英米国民が自分の国用に作っているから、変な思想はない。ダイレクトにその時代を表している。私達は子供の頃からそんなアメリカドラマを見て育った。今のドラマは、1時間ものを1年間で22、3本放送して、1シーズンとしている。

エイリアンがアメリカを攻める「フォーリング・スカイ」が第2シーズンの半ばに来ている。視聴率がいいとシーズンが伸びる。この中には、アメリカが体験してきた、ゲリラ戦の要素が、侵略される側として書かれる、最近の流行の形式だ。シーズンが長くなると、子役はどんどん大きくなる。始めはほんの子供だった息子が、2年経って、背丈も親父と同じになり同志になる。始めから大人の集まりであるドラマと、子供の成長を計算に入れたドラマがある。同じ出演者なのに、結婚して子供ができて、仕事も変わっていく、そんなドラマもある。

「ボーンズ」も「スーパーナチュラル」も、だんだん主人公同士の関係が変わっていく。日本にも有名な、「北の国から」がある。このドラマは、個人的には主人公がウジウジしていて好きではないのだが、物事はハッピーエンドに行くとは限らない。映画の「ハリー・ポッター」は、主人公達が育ちすぎて、小説のイメージにだんだん合わなくなってしまった。

懐かしいドラマがある。「ボナンザ」の主人公が父親になり、農夫として子供を育てていくドラマだ。何年続いたか覚えていないが、「大草原の小さな家」は懐かしいドラマだった。心に残るドラマには何かしら優しさがある。ドラマを見ていると、世界中に戦争をばらまく最近のアメリカ人はごく一部なんだなと理解できる。主題歌を聴くだけで心がゆったりとしてくる。日本語の母親は、日色ともえだったと思うが、画面の母親がだんだん老けていく所がいい。

ただ、NHKの大河ドラマはだんだんおかしくなってくる。幕末が描かれ、長州、薩摩、土佐が正義で、徳川は何時も悪役になる。あの時代に関する見方が偏っている。明治維新を描く場合は、もっともっと史実を見ながら台本を作るべきだ。勢力同士の離合集散があり、外国の干渉があり、幕府が大軍を持ちながら、何故戦争をやめたか。天皇制自体がどんな位置にあり、明治天皇が生まれたか。明治政府の政治は戦争の余韻があるために、今よりがさつだ。長州ばかりのドラマ作りはいただけない。もちろん私は見ない。ドラマに政治を持ち込んではいけない。

映画ではこんなことはない。



[PR]
by zoofox | 2015-09-24 15:12 | 気になること | Comments(0)