独りの戯言


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
気になること
政治って
車の話
テレビの話
自分のこと
戦争
映画を見て
思い出
子供について
詩文
若い日
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

> memmonさん ..
by zoofox at 22:44
大丈夫! すぐに治りま..
by memmon at 17:34
熱は38度代から36度代..
by zoofox at 19:45
行かれたほうが良いと思い..
by memmon at 11:07
> memmonさん ..
by zoofox at 19:38
おはようございます。酒と..
by memmon at 10:33
> memmonさん ..
by zoofox at 10:51
おはようございます。お疲..
by memmon at 09:40
はい、そうしませう。 ..
by zoofox at 13:11
その通り。知らない事は勉..
by memmon at 08:21

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

認識
at 2017-06-22 23:10
障害を乗り越える
at 2017-06-22 08:47
投了
at 2017-06-21 08:01
ペンとお出かけ
at 2017-06-20 16:53
印象操作
at 2017-06-19 20:28
早く選挙をしてくれ
at 2017-06-19 09:29
選挙前
at 2017-06-18 22:09
ブーベの恋人
at 2017-06-18 09:05
リコーR1s
at 2017-06-17 21:08
症状と病状
at 2017-06-17 06:15
ジョーン・バエズ
at 2017-06-16 17:23
臨死体験
at 2017-06-16 09:17
逃げ遅れ
at 2017-06-15 16:02
この国は
at 2017-06-15 07:38
私の時間
at 2017-06-15 01:43
脳内生活
at 2017-06-14 08:58
パンダの子供
at 2017-06-13 08:07
沈む日
at 2017-06-12 13:01
人の振り見て我が振り直せ
at 2017-06-12 08:24
あっという間の一週間
at 2017-06-11 10:18

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

<   2015年 04月 ( 24 )   > この月の画像一覧

限界は限界だが

今日、朝一番でブログを書きながら、「このタイトルはいかんな」、「FOX爺さんの限界生活」ではいかにもいかにもだ。何か自分から金がない、年取った、そんなことを題名にしても、(ほとんどいないだろうが)見てくれる人には関係ない。幸い自分でも、現実はあるが自覚はない。と色々面倒くさく考えて、ブログタイトルを変えました。

私は10年以上続くホームページを更新し続けているので、言いたいことはそこで言っているが、慣れとは恐いものでそれだけ続けると一種の、癖というか方向が出る。このエキサイトさんのページを借りることで、気軽に思いついたときに発信できる。この気軽さはほっとする。ある人との連絡用に創ったページだが、ちょっと独立してみようか。そんなことを考えました。言いっ放しで楽しくはないと思いますが、新規まき直しとします。

[PR]
by zoofox | 2015-04-30 20:21 | Comments(0)

受容の限界

私の頭の中も混乱している。私は右でも左でもない。限界生活の中で感じたことを書く。

今日のニュースは、安倍首相がアメリカの両院議員総会で演説したことがトップだ。内容自体は出発前に官僚達によって書かれているのだろうが、首相特有の勇ましい言葉が続く割に内容がない。おまけに国内で議論がされていないのに、集団自衛権の問題、アジアに対する責任、沖縄の問題と日本の国内的には重大な課題を「夏までには何とかします」、と約束している。これは誰が誰に言っている言葉なのだろう。少なくても日本という国が独立国同士の外交の場でアメリカという国に軽々しく約束できることではない。いわば、安倍個人の「希望」である。議会のスタンディングオベーションも白々しく見える。何か日本自体が、独りよがり発言で軽くあしらわれているような気がする。いくら英語が得意でも日本語で演説して貰いたかった。日本に伝わるニュアンスとは絶対に違う。アメリカの英霊達に敬意を払うなら、同時にアメリカに殺された日本人のことも言わなければならない。原水爆の禁止、非人道的な兵器の使用禁止、他国への一方的な攻撃の禁止、言いたいことは沢山あるはずだ。戦後70年の総括と考えるから日本だけが悪者になる。その前のアジア植民地化を行った欧米の暴挙にも触れなければ公平ではない。アメリカとは正式な「戦争」だった。その前に散々迷惑をかけた中国に謝罪するべきだろう。日本はこんなことは二度としない平和国家になりましたといいたいなら、アメリカだけに行ってもしようがない。

話題の従軍慰安婦と称される人を連れた韓国系議員の名前が「・・・..ホンダ」というのも可笑しかった。何か理由があるのだろう。

アメリカは大喜びで日本は大きな荷物を背負った。これを受けて日本国内で大論戦が生まれなければ、本当に日本は駄目な国だろう。

ネパールに派遣された日本人消防関係者や、医療団や自衛隊の活躍を祈る。大国の舞台での大見得よりも、近隣諸国への地道な応援が信頼の土台を創る。

[PR]
by zoofox | 2015-04-30 09:07 | 政治って | Comments(0)

こんな世界から離れられたら

小椋桂は昨秋、「生前葬」というコンサートを開いた。胃癌も切ったし、もうこの世には未練がないと晴れ晴れとした笑顔でインタビューに答えていた。そのくせ音楽活動は続けている。
私は彼の歌を自分のギターで、カラオケで歌いながらサラリーマン時代を過ごした。
世界の紛争や安倍首相の動向、利子課税や介護保険料の値上げに、いちいち腹が立つのは、この世に未練がたっぷりあるからだ。妻も子供も孫もいない身としては、(後の事は心配しないでいいのかな)という気持ちも出始めている。日本が放射能大国になろうが、中国と戦争しようが、一度死んだ身だと思えば腹も立たない。
財産、家財を一切売り払い、現金だけを持って、国籍からも、人間としての存在も消してしまうことができれば、生身の幽霊として生きることができる。海外移住も今更面倒だ。国内の山の中にでも社会と離れた生活が出来ないものだろうか。社会生活はするが距離を置いて社会の世話にならない、という生活は無理な相談だろうか。相続税を国に取られるなら自分で使った方がいい。私に残された時間がはっきり分かれば、何でもできるのに、人間としてのスケベ心がそうさせない。別に自殺願望ではない。こんな日本と関わりなく生きてみたいと思う今日この頃である。アリさんが本当のアリさんになりたいと思う。
[PR]
by zoofox | 2015-04-29 06:46 | 自分のこと | Comments(0)

もう限界

清々しい朝だ、登ってくる太陽に柏手を二回打つ、新聞を入れ、仏壇に火を灯す。今日も一日よい日でありますように、と祈る。
日米会談が行われ、何度目かの安保の見直しのガイドラインが出されてその全文が発表された。「これは何だ」。日本はとうとう軍事国家として出発することになる。アメリカの危機があるとき世界中でそれに寄り添う。テレビに映るアメリカ側はオバマを始めみんなにこにこ顔である。そりゃあ、とうとう日本から言い出して、日本が膨大な軍事支出の一部を肩代わりしてくれるのだから、これ以上嬉しいことはない。尖閣諸島諸島も南沙諸島も単なる「点」である。いくら腹が立っても、ロシアと中国とアメリカの間をうまく泳ぐ外交をしなきゃ。この国の代表は何を考えているのだろうか。国内じゃ何も決まっていないのに…。
こんな与党が選挙で圧勝するなんて、この国はもう駄目かも知れない。

※この文章はホームページから転載しました。
[PR]
by zoofox | 2015-04-28 07:41 | 政治って | Comments(0)

我慢の限界

私は「掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)」という病気に長いこと罹っている。免疫の問題だとか、血液の病気だとかいろいろ言われるが、私に出てくる症状は、足の裏と掌の皮膚が侵され、皮が剥け続けることと手足の爪が肥厚、変形して見た目が悪い。もう6年になるだろうか、自分では一生付き合う病気かな、と思っている。スーパーで釣り銭を受け取るとき、つい綺麗な方の掌を出してしまう。人間の見栄に対する挑戦だ。皮膚病に見えるが皮膚病ではないので他人にはうつらない。
足の親指の爪が侵され、何時しか巻き爪になった。定期的に皮膚に食い込む爪の先端を、ニッパー状の爪切りで切り落とす。親指は動いたり歩いたりするときに非常に役立っている。痛みが来ると歩けなくなる。何日か我慢して、ようやく「治療」に取り組む。最初にアルコール綿で患部を綺麗に拭く、同時に痛いところを引っ張って確認する。爪切りを消毒して、痛いところの中心に差し込む。これが結構痛い。しかし自分でやる分には前もって覚悟している。爪の先端の邪魔をしている部分を何とか見つけて、切り落とす。(肉まで切ったら痛いだろうな)、と思いながら切り込む。大体血が噴き出す。テッシュで押さえて、消毒薬を綿棒に着けて、時には抗生物質を塗り込む。ガーゼを当てて、絆創膏で固定する。風呂上がりに20分ぐらいかかる作業だ。ついでに皮を剥いて薬を塗り込む。何とも面倒なことだ。皮膚科の先生がするのと同じ手順だ。外科に行ったら爪ごとはがされてしまうだろう。手の指の爪は自分で何度かはがしたが、足の指はきっともっと痛いし、しばらく歩けなくなると思う。最初は何とか歩いている。だんだん歩かなくなる、我慢できなくなって、自己手術する。その繰り返しだ。肥厚した爪が上に反ってスニーカーに当たるのが痛い。何時も始まりはそこからだ。全くしゃくに障る。
これは癌の手術と関係あるのかな。

[PR]
by zoofox | 2015-04-27 15:53 | 自分のこと | Comments(0)

限界の原因

Yさんも退院後順調な様子。よかった。これからは一歩一歩身体を慣らして、病気を追っ払って欲しい。

私の限界生活はどちらかと言えば精神的なものだ。それまでも幾つものエポックがあった。憲法改正の問題、消費税の値上げ、国民全体の問題をまるで何かにせかされているように、今の首相は急いでいる。最終的にはIS問題が直接的なものだ。国には金がなくて借金経営なのに、外国にはぽんぽんと気前よく金を出す。そこをISに狙われて、事件は始まった。「人か金か」の問題を突きつけられて、解決せず。ヨルダンとトルコには世話になった。つい先頃もヨルダンに「お礼金」を渡している。
その人がアメリカに旅立った。アメリカでどんな約束をしてくるのか心配でしょうがない。TPPの約束で理由もなく国を開くと言うことは隣の国のように、外資にいいように国の資本が食い荒される。日本が金持ちなのは、国民の年金積み立てや郵便貯金が何百兆もあるので、これは国の収入ではない。国民の預り金だ。これを株式会社にして全部オープンにしたら外資にどっさり株をもたれて、200兆円の郵便貯金はどうなるか分からない。奨励金まで出して守ってきた個人経営の農家が、軒並み潰れてしまう。黒毛和牛など夢のまた夢になる。燃料、食料、衣服等々を全部外国から調達するとしたら、何かあったときに「自給率」はとんでもなく低くなる。集団自衛権の問題も国内で何ら決まっていないことを、国民の意見として大統領に約束でもされたらどうするのか。アメリカでの議会演説には韓国系議員が「従軍慰安婦」を傍聴させるという。歴史認識をどう逆手に取られるか、とんでもないことを発言しなければいいが。相手は北朝鮮と同じプロパガンダのプロだ。どんな手段だって使ってくる。私の心の緊張はしばらく解けない。この一週間あまりが恐い。

最近、日本に大挙して買い物に来たり、日本食が大人気になったり、俄に日本語をしゃべる外人が増えている。売り上げが上がって喜んでいると、日本のノウハウはどんどん流出してしまう。無防備なこの国はだんだん違った国になってしまう。気が付かないうちに世界の草刈り場になりつつある。これでまた地震でも来たら、一体どうしよう。不安はつきない。ね、精神的によくないでしょ。
[PR]
by zoofox | 2015-04-26 19:40 | 政治って | Comments(0)

昔なじみ

昨日夕方、止めっぱなしの車にエンジンをかけ一時間あまり充電して、庭から玄関先に回ると、選挙カーの必死の声が聞こえる。私の家は十字路の角だ。奥の道から軽自動車の選挙カーがこちらへずっと向かっている。「あらま」昔からのお知り合いである。私はこの先生に投票した訳ではないが、最終日遅くまで頑張っている。助手席の先生と目が合ってしまった。後ろには奥さんが乗っている。世間の礼儀上、手を振ってやる。白い手袋の先生は一瞬私を認めて、「ご無沙汰をしております。ありがとうございます」と言われてしまった。この人とは20年来のお付き合いだ。世話をしたしないの関係ではなく、仕事上のお知り合いなのだが私利私欲の少ないいい人である。党内ではややうるさ型と思われているらしいが、ともかく人はいい。何かいいことをしたような気持ちになった。地縁の選挙は党派はあまり関係ない。多分6期目の今回も当選するだろう。
私の地区は今のところ、地元議員が空白の地区になる。道理で今年はたくさん人が来る訳だ。

さあ、外はいい天気、5時には起きてしまった。今日は何処へ行くかな。足も大分痛みが薄れてきた。
[PR]
by zoofox | 2015-04-26 08:15 | 自分のこと | Comments(0)

投票と床屋

日曜日は選挙だ。選挙の日に車椅子に乗った人を若い人が(明らかに肉親でないと思える)押して、連れてくる。これは素晴らしいことなのだろうが、目論見が目に見えて嫌だ。待つ時間もかかる。だから私は不在者投票だ。新聞に報じられるとおり、この国の人は専制政治になったのか、入れたい人が立候補していない。本命と泡沫しかいないとき、前の人の名前を書こうかと思ったが、一番年配の人にした。

帰り道で床屋に寄った。不定期に店が開いている「バリカン床屋」だ。いたいた、いつものアンチャンが仕事をしている。「この前6mmだったから今日は4mmにして」、「案外延びるの早いですよね」。バリカンで丸刈りである。これが一番いい。眉毛だけはハサミで整えてくれる。もみ上げも裾刈りも全て大小のバリカンですます。金のある頃は普通の床屋で「総ばさみ」(ハサミで丸刈りにする)にして、洗髪、ひげ剃りと一時間半もかかって、四千円弱だったが、限界生活の床屋は、一千百円だ。消費税前は千円でおつりが来た。大体十五分で終わる。「また、来月」、これでいいのだ。本当は自分で刈りたいが、そのうち練習しよう。
店を出ると選挙カーが走る。もう投票したから目が合うと手を振る。何かいいことをしているみたいだ。

裕福だった頃は外出すると、珈琲屋さんに寄ったり、本屋で本を買ったりしたものだが、真っ直ぐ家に帰る。
[PR]
by zoofox | 2015-04-25 08:27 | 自分のこと | Comments(0)

限界の連鎖

私が癌に罹り、再発転移に怯えていた時期があった。
それから10年、母の介護が始まり、入院、転院の末亡くなった。
その間、仕事と言うより会社の存在自体が危なくなった時期がある。
ようやく定年を迎え、定年後も介護の傍ら再雇用職員として働くことができた。
それも終わり、晴れて年金生活が送れると思ったらとんでもない。
年金は考えていた額の三分の二程度のものだ。
金が全てではないが、一度キリを切るともう一度働く気力がない。
でもハローワークに登録して、自宅のパソコンで毎月検索しても、
65才以上の仕事はまずない。
私にも他人にできない特技は幾つかある。しかし、それは仕事に繋がらない。

一生懸命何かと闘っているときは何とか気が紛れる。
それがなくなると、身体は楽だが気持ちが落ち着かない。
これは贅沢なのだろうか。
「何か」を探し続けるのが今の限界を乗り切るためのキーだ。
[PR]
by zoofox | 2015-04-23 18:59 | 自分のこと | Comments(0)

自宅入院

ようやく風邪も治りかけている。今日は久しぶりで接骨院へ行く。
大体私は週3回通っている。
婆さんや爺さんが空いている時間は、第一陣が終わった10時半頃だ。この時間を1時間ちょっと取られると一日の予定が不自由になる。しかし、混んで待っているよりはいいから、なるべく空いた時間を狙っていく。

 院長 ○○さんどうしたんですか?
 私  入院してました。
 院長 えっ。
 私  風邪で自宅入院です。
ここの先生達は患者の「入院」という言葉に敏感だ。
日、月と一日半寝込むと腰が痛くなる。
今日は中学生の急患がいて、施術の時間は少なめだ。これもタイミング。
最近は最後に、ハンマーロックで胸の真ん中の関節を開くおまけをしてもらう。
ここらが緩むと首や肩が楽になる。自分でやると力が入りすぎて肩が痛くなる。

何か気候が安定しない。・・・春だもんな。
[PR]
by zoofox | 2015-04-22 15:25 | 自分のこと | Comments(0)