独りの戯言


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
気になること
政治って
車の話
テレビの話
自分のこと
戦争
映画を見て
思い出
子供について
詩文
若い日
カメラ
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

はい、良い夢を見させてい..
by zoofox at 23:46
いやいや、全然気分は悪く..
by memmon at 22:56
memmon様 そ..
by zoofox at 22:33
zoofoxさま、おはよ..
by memmon at 10:40
zoofoxさま、コメン..
by memmon at 15:15
zoofoxさま。この状..
by memmon at 14:26
はいそうです。お昼前には..
by zoofox at 15:45
二日酔いですか?
by memmon at 14:17
おはようございます。11..
by zoofox at 08:29
おはようございます。早起..
by memmon at 06:20

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

オレばっかり虐めなくてもいい..
at 2017-09-22 23:42
個人情報を
at 2017-09-20 22:54
病院にて
at 2017-09-20 16:32
自分でイイネを押してみた
at 2017-09-19 22:31
柔らかい心(独り言)
at 2017-09-19 16:35
朝の習慣
at 2017-09-19 08:55
雨の中の飲み会
at 2017-09-18 23:36
台風一過
at 2017-09-18 09:01
終活
at 2017-09-17 23:06
学級委員
at 2017-09-16 08:42
革の手帳
at 2017-09-15 22:29
断じて容認できない
at 2017-09-15 08:42
スイフトスポーツが出た
at 2017-09-14 23:02
驚いた
at 2017-09-14 08:36
西部邁さんの限界かくし
at 2017-09-13 23:11
将棋
at 2017-09-13 13:57
75歳までの命
at 2017-09-13 08:48
最近のおかず
at 2017-09-12 22:48
柿の実
at 2017-09-11 20:00
誕生日・記念日
at 2017-09-11 09:03

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

カテゴリ:政治って( 360 )

あっという間の日常

主役が「小池」から「トランプ」に代わっての大騒ぎもそろそろ落ち着いていい頃だ。何時までもお祭り騒ぎに付き合ってはいられない。さて、今朝の新聞はどうだろう。このあとゆっくり読んでみよう。

日本のニュースがすっかり隠れている。オリンピックの会場決定の異例の四者会議は続いているのだろうか。大騒ぎして、元の会場なんてことはないだろうな。お祭り前に、「野球は福島」という話があったが、それでいいのかな。「アンダーコントロール」の嘘は何時訂正するのだろう。お金が絡むところに出てくる、森某という人を更迭しないと話が進まない気がする。最近のオリンピックでは、廃墟が「レガシー」というのが当たり前になっている。ボート競技場の後に「競艇場」なんて嫌だよ。

ISへの拠点攻撃もどうなっているのか、クルドとイラク軍は勝ったのか負けたのか。南スーダンは平穏なのかな。オバマは何とかアラブの「金食い戦争」から逃げようとしていたが、意外に強力なロシアに手をこまねいている。ここまで来たら、もう「アメリカ軍を引き上げる」と言い難いほどロシアが存在感を増している。中国もイランまでは手を出すが、アメリカとロシアの縄張り争いは高みの見物のようだ。

インドへの「原発輸出」本格化している。懲りない国だな日本も。



[PR]
by zoofox | 2016-11-13 05:00 | 政治って | Comments(0)

掌返し

ニュースにトランプの話題が出るとさっさとチャンネルを変える。もういい。

「泡沫候補」だとか、「政治の素人」だとか言っていた人達が、まるで以前から、この人を応援したような口を利く。見ていられない。当選するかしないかより、誰が大統領になろうが、この国と我が国の関係がおかしい、と、そこからのアプローチなら理解できる。誰も知らないトランプのアメリカを今から想像してもしょうがない。

選挙中の言葉と、実際の施策は違う。アメリカと中国は遅かれ早かれ、内部から崩壊する、そんな要因は幾つもあったし、(このままエスカレートされたら困る)と考える人は多かったはずだ。平和を愛するはずのオバマは何時になっても本領を発揮できなかった。一種の内部崩壊の顕現だ。焦ることはない。アメリカが口火を切っただけだ。

中国も同様、ちょっとしたことで何万人ものデモが起きるのは、アメリカと中国と韓国だけだ。日本は「半殺し」の政策が功を奏して、なかなか火が点かないが、TPPの法案は「遠い種火」になる。総理大臣がいくら口先三寸の甘い言葉をしゃべっても、間違っているものは間違っている、という意見が少しずつ出ている。種火が山火事になるのは、何の用意もせずにトランプとアメリカ好みの約束をして帰ってきた後だ。総裁の三選などという話はもうどこにも出ない。

私達もマスコミの定見のなさをはっきり感じてしまった。視聴者は、「真面目に政治を語るマスコミと」、「芸能番組として政治を扱うマスコミ」の違いを知ってしまった。もう一つ、「政府公報としてのマスコミ」があった。早い時期からいい加減なこと言ってきた、「コメンテーター」の選別が始まっている。ゆっくりとだが日本の国民も政治の変な曲がり方を意識し始めた。1月に衆議院選挙、いいんじゃないかな。自民党に代わる勢力がいない以上、自民党が変わるいい機会だと思う。



※ 私のHPから転記


[PR]
by zoofox | 2016-11-12 10:14 | 政治って | Comments(0)

ボクの勘違いかも知れないが

何か日本のマスコミも(アメリカと同様)、信念を持って報道なんかしていないんだな。という感じを受けます。ニュースに対する政府の押さえつけが、海の向こうの型破りな大統領の誕生でいっぺんに緩んだ気がします。TPPの委員会強行採決には時間を割かなかったくせに、今日の衆議院の法案可決はちゃんと空いた議席を映している。おまけに、「トランプは大統領に就任した日にTPPから抜ける」とか、「こんな時期に日本が批准しても、意味がない」という、普通の意見が出てきました。「これは失敗だ」と匿名の与党議員の声も出します。地方からのTPP反対の映像もふんだんに出します。(やっとニュースらしくなってきたじゃん)と、ひとりでにやにやしています。批判精神のないマスコミはマスコミじゃない。これだけじゃなくて、どんどんやって欲しいな。

まあ、本当に改心したのかはしばらく様子を見ないと分からない。でも、アベノミクスが八方塞がりの突き当たり状態なのは、はっきりした。後は責任の取り方だな。大きく取り上げられなかったけど、開票中のアーミテージの困った顔のインタビューは面白かったな。

[PR]
by zoofox | 2016-11-10 23:03 | 政治って | Comments(0)

アメリカの大統領選挙

誰も言わないから私が言う。他の国のことだからどうでもいいし、内政干渉なんて気持はない。だけど、「民主主義の代表」みたいな顔をして、こんなにグズグズと一人を選ぶのに長い選挙をしている国はない。ちっとも民主主義じゃないじゃないか。国民に主権があって、その国民が選ぶ代表が委任を受けるから民主主義なんだろう。国民は選挙人を選んで、州毎に民主か共和かを決めるなんて、なんでこんな遅れた方法を取るんだろう。一説では、「言葉の分からない人のために選挙をする代表を選ぶ方法から始まった」とか。移民が多くても教育が悪いんだろう。アメリカの親玉の悪いことを全部教えたイギリスだって、あっと間の国民投票で結果が出る。

こんな古い制度を延々と続けるのは、「それが必要」な人や団体が存在しているからだろうな。自由な国が一番不自由な国だ。何回か話題にした「レーム・ダック」の期間もおかしい。「選挙」なんだから、当選者が決まったら、当然次の日からその人が大統領だ。それが何故出来ない。自分の尻ぬぐいをする期間をわざわざ与えるなんて、もみ消しが理由かな。

変な国。こんな国にへいこらしているもっと変な国もある。しっかりせいよ!。

[PR]
by zoofox | 2016-11-08 09:01 | 政治って | Comments(0)

忘れてはいけない日

2016年11月4日、忘れてはいけない日がまた増えた。TPP特別委員会は、自民、公明、維新の三党で強行採決を行った。TPPが何者か十分な説明を避けたまま、衆議院で可決されるだろう。それで一つの区切りがつく。ハロウィンだ、ボーナスが今年も増えた、韓国は大騒ぎだ。国民の目がそちらに向いているうちに、真っ先に日本はTPPに賛成した。米と牛肉の問題はほんの表面だ。アメリカ議会が正気を失い、レーム・ダックの期間中にTPPに乗ってくれば、もう取り返しはつかない。

高齢者の健康保険負担が、1割から2割になり、3割になろうとしている。(そんなことを怒っていた時はまだ良かったな)、という時代がすぐ来る。日本の国民皆保険は最初に狙われるだろう。アメリカの保険会社が、「日本の制度は不平等だ」と訴えを起こせば、皆保険制度は壊れる。高い保険金が払えない人は、全額負担を強いられる。きっと、そんな日が来る。「そんな決定はおかしい日本には日本やり方がある、判決を見直せ」、と最初から言えない仕組みになっている。

とんでもないことが、これから続々と起こるだろう。そんな記念日だ。


※追記 大事なことを忘れていました。今更ながらですが、NHKTVはテロップだけで、「強行採決」という乱暴な事実を放送しませんでした。これも許せないし、忘れないぞ。

[PR]
by zoofox | 2016-11-05 09:31 | 政治って | Comments(0)

文化の日

私の家は「毎日新聞」しか読まない。物心ついたときから毎日新聞だった。最近は経営状態が悪いとか、宗教新聞の印刷も請け負っているとか、嫌な噂も聞くが、確かめようがない。昔から少数派の新聞だった記憶がある。中学生の頃から「社説」だけは読んでいた。校長先生がその社説を例に出して訓示するのだが、その頃から「大人の限界」を感じていたのだろう。

さて今日の社説は、力の入った小論文だ。普段は二つに別れているのだが、ぶち抜き2,200字程で、正に読み慣れた小論文のボリュームだ。毎日新聞は腰折れなのか、骨があるのか分からない部分がある。今日は「憲法公布の日」という出だしで、良く整理されて分かりやすかった。「グローバリズムがナショナリズムを生む」、安倍氏の大好きなグローバリズムに、無意識に反発を感じていたのは、そういうことか。グローバリズムは日本主義に繋がり、その二つが結びつくと、「帝国主義」になる。帝国主義の定義を検索して欲しい。日本の行ったアジアへの侵略は「疑似帝国主義」で、欧米の行った苛烈な「植民地支配」とは比較にならないほど緩やかなものだった。(けして日本の行ったことを肯定している訳ではない)、それにしても、その時代に戻りたいとは、どんな考えをしているのか理解しがたい。明治憲法の柱は、兵役、納税、教育勅語だ。

「今の改憲派は『明治憲法』を手本とするが、『昭和憲法』はもう明治憲法より長い歴史を持っている」。そうだうっかりしていた。あてがいぶちだろうが、急造だろうが、このために70年以上の平和を保ってきたのだ。「改憲派は現憲法を敵視している。護憲派は改憲を阻止することを自己目的化している」、なる程。分析としては腑に落ちるものだ。で、どうするのかというと、「正当に評価して過不足がないかを冷静に論ずる必要がある」。結論で腰が砕けた。当たり前の話になった。難しい話より、こうした簡略な文章の方が理解しやすい。

スーチー最高顧問のことは触れない。日本は何時から被朝貢国になったのかな。気持ちはいいだろうが。中国の真似はしない方がいい。小池、安倍氏を支えている日本会議の構造も、図入りで書かれている。こうなると分かりやすい。

「叙勲」という制度も、実社会とはかけ離れている。もうそろそろ止め時だな。「国民栄誉賞」でいいじゃないか。

[PR]
by zoofox | 2016-11-03 08:45 | 政治って | Comments(0)

やっぱりまただ

どうも日本に関係ない隣国の国内事情を、テレビがこんなに力を入れて放送しておかしいなと思っていた。やっぱり争点隠しがあった。何時も同じ手にひっかかると思ったら大間違いだ。

TPP法案はにっちもさっちも動きが取れない。年金カット法案が着々と理屈にならない理屈で進行している。国鉄民営化以来、厚生年金を食いに食ったつけを、何十年も経ってから私達の年代狙い撃ちで実行しようとする。本当のことを言って、責任者を処罰して謝るならまだ良心があるのだが、開き直って、「若い世代の負担を軽減させなければ・・・」、ふざけんじゃないよ。「強制天引きされた給料の一部を、利子を付けて返せ!」、というのが、どうして「若い世代の負担」になるのだ。金銭管理の不手際じゃないか。厚生年金は国保と合体させて、同時に約束していた、公務員の共済年金との合体はどうしたんだ。知らん顔かい。掛け金を掛けていない人にまで、年金をばらまいた構造的な欠陥を反省して貰おう。

黒田総裁の渋い顔が紙面によく出る。安倍、黒田ラインの金融政策は完全に失敗しているのに、何時までも同じことを繰り返す。ここでようやく「何もしない」という選択に辿り着いたようだ。こういう国民の生活に直接影響する大切な話をテレビは隠す。まあ、新聞は全く無視するのではないが、大きく問題視しない。それが問題だ。

同じ隣国なら離れてはいるが、アメリカでの大統領選挙も、ヒラリーの黒い部分が明るみに出て、トランプ有利に動いている。これも日本への影響をじっくり考えなくちゃいけない。アメリカが大きなくしゃみをしても、風邪を引かない日本の体質改善も、今の政権与党では任せておけない。南スーダンはだんだん荒れてきたよ。健全な日本だったらこういう危機には、優秀な人材が登場するんだが、そんな人達残っているのかな。

[PR]
by zoofox | 2016-11-02 08:34 | 政治って | Comments(2)

朴騒ぎ

ここ数日、韓国の大統領が友人のコンサルタントに、演説原稿の添削をして貰ったというニュースが、トップニュースになっている。韓国のことなどどうでもいいじゃないか。政治家が自分で発言原稿を書くなとどいうことを、日本人は最初から考えていない。総理から閣僚まで、誰かの書いた原稿を棒読みするのは日本の常識だ。この大事な時期に韓国の話を持ち出しても、見たくも聞きたくもない。むしろ滅茶苦茶なはずの韓国の方が「報道の自由」が生きているように思える。

さあ、日本も頑張って、憲法改正、TPP、原発からオリンピック疑惑まで、金の動きと便宜供与を徹底的に突くマスコミが生まれてこないかな。そこまで「○○玉」を押さえられているマスコミの弱点も明らかにすべきだ。どっしりと腰を据えて、この百年の日本のあり方を検証しないと、世界の大再編の渦から弾き出されてしまう。いやもう弾き出されているのかな。

[PR]
by zoofox | 2016-11-01 07:53 | 政治って | Comments(2)

レーム・ダック

最近は国会の委員会質問も、一時のようにメモを取りながら見る、ということはなくなった。面白くないし、委員はテレビに映る範囲でも真剣な人は少数しかいない。政府側も、「質問通告がなければ答えられない」、と言って憚らない。「機転」とか「当意即妙」、などという政治家の最低レベルを満たしていない人が多い。たまにはとぼけた答えも良いが、質問者の目を見て自分の意見をはっきり言う人がほとんどいない。国会の委員会が何時からこんな茶番になってしまったのだろう。

今日はTPPに関して、民進党の議員から日程についての質問があった。アメリカと日本だけの問題ではないのだが、本当はアメリカの日本に対する「不平等条約」だ。書き言葉や評論としての「レーム・ダック」は聞いたことがあるが、話し言葉として使われると、少し違和感を感じる。次の大統領候補が揃って、「TPPには反対だ」と明言しているのに、議員と大統領選挙でオバマ大統領が指導力を失っている時期に、さすがのアメリカでも、こんな条約の批准はしないだろうと思うのが常識だ。大統領選挙とプーチンの来日の直前の短い期間を狙って、日本が法案を通す意味があるのか、第一アメリカに失礼だろう(まあ、アメリカは失礼を通り越した国だが)。

これに対して総理も外相も、もごもごとはっきりした答えはしなかった。そこまで見てチャンネルを変えた。何を恐れているのか、条約の批准は上院(元老院)が行う筈だが、アメリカに行ったときに何か約束をしたのだろうか。表に出せないバーターがあるとしか思えない。

いよいよ、クリントンもFBIが動いて旧悪が暴露されつつある。トランプが勝つのかな。順番で行くと共和党の番なのだが。トランプ大統領に対するシナリオは日本にあるのだろうか。
日本だって総裁の任期延長どころか、立派なレーム・ダックなのに。

[PR]
by zoofox | 2016-10-31 23:05 | 政治って | Comments(0)

月曜の朝

一年中日曜日でも、曜日の感覚は残そうとしている。月曜の朝は、「さあ、新しい週が始まるぞ」、と一応気を引き締める。新聞を作る人の心構えや態勢が少し見えてきている。新聞関係者も週休二日は浸透しているらしい。月曜と週末は、溜記事=何かの理由でボツになったり、掘り下げの問題が解消されなかったりして、なかなか表に出なかった記事が採用される。反対に言うと、色々な記事が出てくる。

先週は文科省の発表があったのだろうか、「不登校」といじめの問題が、ダラダラと出ている。答えは簡単だ。家庭教育が崩壊して、教師のサラリーマン化が生んだ現象だ。人の心は簡単には変わらない。一番底には「金が一番」という価値観がある。地震じゃないけど、プレートの歪みから生まれる必然的な問題だ。生活に追われて子供が親を手伝って働く時代にはなかったこどだ。豊かな社会に適応できない「徒花(あだばな)」とでも言おうか。親に自信があれば、「学校なんか行かなくてもいいよ」と言ってやれば、子供は「これじゃいけない」とある時期に気が付く。

年金問題も改革は必要だろうが、「年金カット」から始まる浅い考えは反発をかう。130兆円ある原資を減らさないことが一番。政府が替われば普通の金利だけで増えていく。払う金がなくなりそうになったら、「徳政令」でも、食券配布でも、色々な手段はある。自分たちは横断的に予算を使って、運用で損を出して、それを「高齢者が多くなったから」と俺たちのせいにするな。退職時に私と事業主が積み立てた金に40数年の利子を付けて返してくれれば、年金などいらない。使いきったら、自己責任だ。

オリンピックの問題も、湯水のように金を食う、組織委員会に目が向き始めた。今頃仕事をしなかった元首相が出てきて、国民の為の仕事が出来るはずがない。交代交代。事務所は都庁の会議室を使えばいい。終了までに40億円の部屋代なんて、開いた口が塞がりそうもない。これは初めから言われていたが、豊洲とオリンピック会場の問題が出たから、やっとまた注目を浴びる。

大西さんが四ヶ月の宇宙生活から戻ったが、日本の年間分担金400億円はいかにも多い。しかし、他国の計画に便乗しているのだから仕方ない。基礎科学は大切だ。嫌なら10年計画で4000億円にしてから、自前の宇宙ステーションを計画しても良いだろう。必要ならばの話だが。オリンピックに比べれば安い話だ。

こんな総花的な話は封印していたのだが、たまにやらないとフラストレーションが溜まる。
何やってんだ日本人!!

[PR]
by zoofox | 2016-10-31 08:06 | 政治って | Comments(2)