独りの戯言


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
気になること
政治って
車の話
テレビの話
自分のこと
戦争
映画を見て
思い出
子供について
詩文
若い日
カメラ
未分類

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

> memmonさん ..
by zoofox at 12:46
おはようございます。 ..
by memmon at 10:07
memmon様 お知らせ..
by zoofox at 23:54
memmon様 その話は..
by zoofox at 22:31
先日、2日ほどまえかなぁ..
by memmon at 19:18
> memmonさん、ご..
by zoofox at 16:01
zoofoxさん、おはよ..
by memmon at 09:56
> memmon 様 ..
by zoofox at 16:45
おはようございます。 ..
by memmon at 08:34
> memmonさん ..
by zoofox at 10:07

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

藤真理子さん
at 2018-01-24 13:11
尺度とスパンと価値観
at 2018-01-24 09:21
雪が降った
at 2018-01-23 09:33
今日は雪
at 2018-01-22 16:04
プライマリー・バランス
at 2018-01-22 15:27
西部ゼミナール
at 2018-01-22 09:17
西部邁さん
at 2018-01-22 00:19
ゴムまり娘
at 2018-01-20 09:24
移民の国
at 2018-01-19 10:00
孤独担当相
at 2018-01-18 22:54
フォルダーという引き出し
at 2018-01-18 09:16
阪神大震災の日
at 2018-01-17 22:00
コンテンダー
at 2018-01-16 23:49
山中伸弥教授
at 2018-01-16 16:38
心温まる話
at 2018-01-16 09:24
「80-50」
at 2018-01-15 17:23
角煮再び
at 2018-01-15 09:26
寒さ対策
at 2018-01-14 22:13
ICAN
at 2018-01-14 10:27
ふと思い出す
at 2018-01-13 13:40

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

2017年 11月 27日 ( 1 )

三温四寒

こんな言葉はないが、温かい日と寒い日が混じってだんだん冬が近づいている。車好きが体の事情で長距離旅行ができない。悔しいなと思うこともある。

車の「あおり」運転が社会的な問題になっている。多分問題にしている人は、高速で日常的に走ったことのない人だ。あおり運転を擁護するつもりはないが、誰かがマナーを守らないと原因ができることがある。法律遵守と通常走行に「差」があることが原因だろう。

長く続いた左側の車列を追い越そうと、右側の追い越し車線に入る。その途中で後ろからもっと速い車がくる。あおられようがパッシングされようが、私は自分の速度で追い越して、左車線に戻る。後ろの車が要求するように、瞬時に道を譲ることができない場合がある。普通はそれですむ。嫌がらせで左車線の私の車の前に割り込んできたら、じっと法定速度で走るか、瞬時に頭のギアを切り替えて、自分の出せる最高速度で追い抜いて走り続けるかだ。オービスのない区間で150Kmで走り続ければ、高価な外車のほかには、追いつき追い越す車は少なかった。(まあ、昔はそうだった)。今は普通の車でもアクセルさえ踏めばリミットまで走る。結論は「危ない車」は感覚的に分かるものだ。喧嘩する気力のない時や面倒くさいときは、関わらないのが一番。道路上で止めたり、ドアの鍵を開けておいてはいけない。

そんな走り方で、有料道路を降りてすぐ、私の車を追い越して覆面パトカーに追尾された車を、箱根で見た。一歩間違えば私が捕まるところだった。今は法定速度プラスアルファ以内で走る。アルファは1割か2割ぐらいまでだろう。私は東京に帰るとき深夜に走ることが多かった。午前3時頃に出発して、朝7時ぐらいに家に着く。周りは「働く車」ばかりだ。働く車はほとんどが優しい安定した運転をする。山梨県境で暴走族の一団に取り囲まれたことがある。彼らの出動時間と私の帰郷時間が重なったからだろう。彼らも、さすがに白いライトバンには嫌がらせはしなかった。しばらく東京方面へ並行して走った。昔話だ。

あおりとクラクションがある。私の家の前は信号だから、出遅れた車に後ろから鳴らすクラクションが聞こえることがある。これは「言葉」だ。「ビビー」と鳴らすか「プッ」と鳴らすかで、それこそ喧嘩になる。私は前の車が信号の変わり目に気がつかなくても、クラクションは鳴らさない。別に急ぐ旅じゃない。

[PR]
by zoofox | 2017-11-27 08:47 | Comments(0)