独りの戯言


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
気になること
政治って
車の話
テレビの話
自分のこと
戦争
映画を見て
思い出
子供について
詩文
若い日
カメラ
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

コメントありがとうござい..
by zoofox at 14:10
頑張ってきてくださいね。
by memmon at 07:56
はい、良い夢を見させてい..
by zoofox at 23:46
いやいや、全然気分は悪く..
by memmon at 22:56
memmon様 そ..
by zoofox at 22:33
zoofoxさま、おはよ..
by memmon at 10:40
zoofoxさま、コメン..
by memmon at 15:15
zoofoxさま。この状..
by memmon at 14:26
はいそうです。お昼前には..
by zoofox at 15:45
二日酔いですか?
by memmon at 14:17

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

天気予報
at 2017-10-23 08:25
朝鮮戦争
at 2017-10-23 00:23
童謡の中に
at 2017-10-22 21:25
選挙、期待しちゃいないけど
at 2017-10-22 07:00
久し振りでお酒を飲んだ
at 2017-10-22 00:18
和暦、西暦?
at 2017-10-21 11:37
女流王将戦
at 2017-10-20 08:49
期日前投票
at 2017-10-19 21:02
心の鏡
at 2017-10-19 08:10
Green Gables
at 2017-10-18 22:11
環境に左右されながら
at 2017-10-18 09:14
元気回復
at 2017-10-17 10:52
頭が寒い
at 2017-10-17 09:20
47年ぶりの寒さ
at 2017-10-16 23:01
やっと復帰した
at 2017-10-15 14:29
人間が本当のことしか言えなく..
at 2017-10-15 08:55
パソコンのこと
at 2017-10-14 09:20
今日は寒いな
at 2017-10-13 14:31
今は昔
at 2017-10-13 08:32
ボールペン
at 2017-10-12 21:20

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

2017年 08月 10日 ( 2 )

若い命

若い命が世界中で毎日散っていく。「散る」という言葉も好きではない。否が応でも「散らされる」のだ。何百万何千万という「可能性」が途中で断ち切られてきた。私の今考えている出発点はあくまで、先の世界大戦以降だ。「敗戦の日」を「終戦」と置き換えても意味がない。母の兄弟は二人戦争に行った。母の弟は十代で満州に行った。父の家族では父と弟(叔父)が戦争に行き、叔父はニューギニアで亡くなったという。戦死したのはこの叔父だけだ。父の兄弟姉妹も母の兄弟姉妹も全てもう亡くなった。身近で戦争を語る人がいなくなった。もっと聞いておけば良かった、と思うことが沢山ある。しかし戦場で実際に戦った人は一応に寡黙だった。「戦闘」についての話を聞いたことがない。軍隊の「内務班」のことは懐かしそうに話したが、戦闘のことは話したくないようだった。母の年上の甥が構えた銃に弾が当たり、親指を吹き飛ばされた。「これは痛かったよ~」と、このことだけは覚えている。

実際の戦争はそんなものなのだろう。「思い出したくもない」というのが本音かもしれない。妹が生まれて私は母の布団を追い出されてうろうろし、最終的には父の布団で寝た。三歳から四歳ぐらいの頃だろう。寝かしつける時に、父は戦争のことを面白おかしく話してくれた。しかし、訓練時代の話に限られていた。父の実家の仏壇にあった、小さな青年の写真については、大人になってからぼそりと聞いた記憶がある。定期的に靖国神社にお参りして何を話していたのだろう。若い父と母が大きな門の前で写っている写真が残っている。男が語らない分、祖母も母も空襲下を逃げた話は雄弁だった。

もう二度と戦争をしないように、私は私の覚えている範囲で親から聞いた「戦争」を若い世代に伝えていこうと思う。戦争に巻き込まれた途端にみんな心の異次元に落ち込む。
8月はこんな月だ。「守銭奴だ」、「腰抜けだ」と言われようと、戦争に参加してはいけない。古い言葉だが「エコノミックアニマル」で結構だ。家族の中で若い男がだんだんいなくなるそんな時代は嫌だ。

[PR]
by zoofox | 2017-08-10 23:28 | Comments(0)

正論

新任の江崎沖縄北方領土担当大臣が、「日米地位協定は見直しが必要」と発言したことがずっとニュースになっている。(随分骨のある人だな・・・)と感心している。今の時期では、余計な知恵が付かない間に、自分の思うことを率直に言えるということは歓迎すべきだ。どうせ内容はだんだん薄められる。少なくても「内閣」と「自民党議員」の間が、ぴったりと一致している訳ではないことに、少し安心する。これだけの大所帯なのだから、党の内部に直接、内閣のやり方を批判する意見が出てもいいはずだ。タニマチの公明党や維新の会が好きな言葉に「(自民党の提案には)是々非々で対応する」という言い方がある。他党でも「是」は表になるが「非」の部分はあまり聞こえてこない。

「正論」ばかり言い続けることは難しい。緻密さや配慮が欠ける場合もある。是々非々は個別案件に賛成か反対かだが、その前に案件を創る時に十分な協議があり、国民にも開示されるできだ。「○○委員会の諮問結果では・・・」と、それ(外注の結果)が自分たちの原案になるなら、議員はいらない。「正論」とは、何処の党の意見でも、私(達)庶民が、「その通り」と賛成できる話だ。地位協定の見直しは、いいことも悪いことも継続的に行うべきだ。不平等協定を国内で許しておくのは、「感情」が許さない。米兵の乱暴や破廉恥事件、事故の調査権、余計な運用資金の提供、そんなことはドイツという先例があるのだから、十分学んで欲しい。

夏休み中のトランプもだんだん北朝鮮のペースに乗りつつある。世界一の軍事力を誇るアメリカが、「オレんとこは世界一の核大国だ。そんな挑発を続けると覚悟はできているんだろうな(意訳)」などと言い出す。それに賛成する国民がいる。核兵器は巨神兵(アニメの話)と同じで、何時いかなる場合も使ってはいけない兵器だ。共和党は何か喧嘩っ早い。こんな話を正論と信じて50%以上も人が支持するという国も怖い。

地球温暖化でだんだん血の巡りが早くなりすぎて、みんなカッとしやすくなっている。こんな日は日陰や、エアコンの効いた部屋で、かき氷でも食べたいな。

[PR]
by zoofox | 2017-08-10 09:13 | Comments(0)