独りの戯言


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
気になること
政治って
車の話
テレビの話
自分のこと
戦争
映画を見て
思い出
子供について
詩文
若い日
カメラ
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

> memmonさん ..
by zoofox at 10:07
おはようございます。 ..
by memmon at 08:59
コメントありがとうござい..
by zoofox at 20:46
白鵬やっぱりしでかし続け..
by 匿名 at 13:25
おはようございます。 ..
by zoofox at 09:35
おはようございます。そう..
by memmon at 06:55
> memmonさん ..
by zoofox at 22:34
こんばんは。 あれ? ..
by memmon at 19:33
> memmonさん ..
by zoofox at 09:35
おはようございます。眠れ..
by memmon at 07:43

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

目覚め
at 2017-12-14 08:53
定例の飲み会
at 2017-12-13 22:25
年収850万円
at 2017-12-13 08:41
雀(独り言)
at 2017-12-12 15:03
小泉進次郞
at 2017-12-12 08:45
豚の角煮
at 2017-12-11 19:02
残された習慣
at 2017-12-09 22:56
人の生き方それぞれ
at 2017-12-09 09:06
寒がり
at 2017-12-08 20:41
まあ、何とニュースの多い月だ
at 2017-12-08 09:30
北朝鮮の木造船
at 2017-12-07 10:07
楽しいことを考えよう
at 2017-12-06 22:31
父の形見
at 2017-12-06 11:27
羽生さんおめでとう
at 2017-12-06 09:02
できれば、一人が好き
at 2017-12-05 22:45
忘れていた誕生日
at 2017-12-05 17:14
ふくら雀
at 2017-12-05 08:35
最近、本読んでないな
at 2017-12-04 22:59
柔道
at 2017-12-03 19:23
新しい習慣
at 2017-12-03 19:04

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

2017年 08月 01日 ( 1 )

夏休みの被写体

小学生の子供達が、自転車の立ち漕ぎをしながら、家の前の交差点を通る。この交差点は変則で、太い道は信号、細い道は一時停止で信号がない。歩行者用の信号がある。つまり車用の信号は太い道にしかない。(どうしてこんな変則信号を作るのだろう)、この地区はかなり太い道でも、歩行者用信号にしている場所が多い。バイクや車は、左右を見て歩行者用信号が赤でも、右左折できる。これを勘違いして、歩行者用信号の赤にずっと停止している車が必ずある。

子供達は歩道を走って、信号で曲がり、一時停止している車の前を確認もせずL字型に曲がる。私はこれをひやひやしながら見ている。細い道からでる車がそろそろと動いているのに死角から飛び出す。(この信号制度は悪いな)と気にするともなく気にしている。救急車もパトカーも表の道より信号が少ないから、この道を好んで走る。私の家の前で大きな音でスピーカーで怒鳴る。いい迷惑だ。

細い道をまっすぐ東に行けば、何時もの川岸に出る。この時期はたまに見に行っても、鳥もいなければ、花も咲いていない。その代わり、川の真ん中で鯉が跳ねる。岸部近くに小さな魚の群れが通る。望遠レンズで、水から飛び上がる鯉を狙ったこともあるが、予測できないタイミングだ。写るのは水しぶきばかりだ。水中の魚は偏光レンズでも捕らえきれない。という訳で、写真を撮る時期ではない。薄い頭の中心が痛くなる。

古いレンジファインダーを使ったせいで、画角の感覚がおかしくなっている。目測の距離は5割方はマスターした。古いカメラは普通の意識で使うとどんどん壊れている。先週今週と2台壊れた。子供達のこんな姿を撮りたいのだが、古いカメラでは無理だ。デジタルにもう一段上の倍率が欲しい。子供達は野生動物と同じだ。一瞬の動きの中に予期せぬ発見がある。電動自転車の前と後ろに子供を乗せたママチャリもいい被写体だ。勿論、今の時代は顔を識別できる角度で撮らない工夫も必要だ。私は別に変質者ではない。「移動」というのはいいテーマになるな、と考えている。

少なくなった路線バスに、短距離のコミュニティバスが加わって、便利になったのか不便になったのか、バスもいい被写体だ。後ろの席に座って客達の様子を撮れたら面白いだろうな、でもこれは難しい。いい場所があれば、バスの前と横と後ろ姿も良さそうだ。夕暮れの中の路線バスはいい雰囲気がある。

バスに女性の車掌さんがいて、大きながま口のような鞄を提げていた頃、あんな時にカメラに興味があれば、懐かしい写真が残ったのにな。まあ、私の頭の中のフィルムには襟の大きい紺の制服まで写り込んではいるのだが。

[PR]
by zoofox | 2017-08-01 14:00 | Comments(0)