独りの戯言


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
気になること
政治って
車の話
テレビの話
自分のこと
戦争
映画を見て
思い出
子供について
詩文
若い日
カメラ
未分類

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

> memmonさん ..
by zoofox at 12:46
おはようございます。 ..
by memmon at 10:07
memmon様 お知らせ..
by zoofox at 23:54
memmon様 その話は..
by zoofox at 22:31
先日、2日ほどまえかなぁ..
by memmon at 19:18
> memmonさん、ご..
by zoofox at 16:01
zoofoxさん、おはよ..
by memmon at 09:56
> memmon 様 ..
by zoofox at 16:45
おはようございます。 ..
by memmon at 08:34
> memmonさん ..
by zoofox at 10:07

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

藤真理子さん
at 2018-01-24 13:11
尺度とスパンと価値観
at 2018-01-24 09:21
雪が降った
at 2018-01-23 09:33
今日は雪
at 2018-01-22 16:04
プライマリー・バランス
at 2018-01-22 15:27
西部ゼミナール
at 2018-01-22 09:17
西部邁さん
at 2018-01-22 00:19
ゴムまり娘
at 2018-01-20 09:24
移民の国
at 2018-01-19 10:00
孤独担当相
at 2018-01-18 22:54
フォルダーという引き出し
at 2018-01-18 09:16
阪神大震災の日
at 2018-01-17 22:00
コンテンダー
at 2018-01-16 23:49
山中伸弥教授
at 2018-01-16 16:38
心温まる話
at 2018-01-16 09:24
「80-50」
at 2018-01-15 17:23
角煮再び
at 2018-01-15 09:26
寒さ対策
at 2018-01-14 22:13
ICAN
at 2018-01-14 10:27
ふと思い出す
at 2018-01-13 13:40

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

朝の習慣

別に惚けてきたわけでもないだろうが、同じことの近辺のことを何回も書くことがある。ごく近場の引っ越しで、母の部屋に居着いてから3ヶ月になる。夏場の朝は、障子越しの朝日が暑くて明るくて、すぐ階下に降りる。何故か私が朝飯を作る習慣ができた。私が台所に立っている間に、同居人が起きてきて外回りを掃除している。汚い話だが、休日には決まって前の晩にブロックの側にゲロを吐く奴がいる。ゲロを吐くのは酒の飲み方を知らない若者の特権だったが、今はそうでもないらしい。側の居酒屋には若者は行かない。

角地だから面積に比べて周囲が長い。母がずっと朝の掃除をしてきた。その前は父だ。そんな風に習慣は受け継がれていく。面倒になればコンクリで固めてしまえばいいのだが、まだ緑が恋しい。落ち葉の時期はまた大変だ。

食事の後、10分ほど玄関前の椅子に腰掛けて、ぼーっと前の交差点を歩く人を見ている。色々な発見がある。休み明けの今日は、小学生の出足が若干遅い。一年生が、大きなランドセルと荷物を一杯抱えて小走りに歩く姿は、何度見ても飽きない。背の小さな子はフェンスの格子の下から私を見て、不思議そうな顔をして行く。私としては、黄色い小旗の父兄と同様に、事故が起こらないように、起きたらいつでも救助できるように待機しているつもりなのだが。

天候にも敏感になった。日の光、風、音、季節は少しずつ確かに動いている。一番分かるのは樹木の変化だ。5月の若葉が、しっかりした葉になり、日陰を作り、もうすぐ役目を終えて散っていくのだろう。夾竹桃が盛りを過ぎている。舗道に大きくせり出した枝をそのうち伐らなければなるまい。一仕事だ。チェーンソーを使えばほんの一時の仕事だ。高い脚立を立ててチェーンソーを使っていると、不思議そうに見ていく人が多い。毎年、伐っても伐っても生えてくる生命力の強い木(草)だ。

今日は東の雲が厚い。

[PR]
by zoofox | 2017-09-19 08:55 | Comments(0)