独りの戯言


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
気になること
政治って
車の話
テレビの話
自分のこと
戦争
映画を見て
思い出
子供について
詩文
若い日
カメラ
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

> memmonさん ..
by zoofox at 10:07
おはようございます。 ..
by memmon at 08:59
コメントありがとうござい..
by zoofox at 20:46
白鵬やっぱりしでかし続け..
by 匿名 at 13:25
おはようございます。 ..
by zoofox at 09:35
おはようございます。そう..
by memmon at 06:55
> memmonさん ..
by zoofox at 22:34
こんばんは。 あれ? ..
by memmon at 19:33
> memmonさん ..
by zoofox at 09:35
おはようございます。眠れ..
by memmon at 07:43

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

目覚め
at 2017-12-14 08:53
定例の飲み会
at 2017-12-13 22:25
年収850万円
at 2017-12-13 08:41
雀(独り言)
at 2017-12-12 15:03
小泉進次郞
at 2017-12-12 08:45
豚の角煮
at 2017-12-11 19:02
残された習慣
at 2017-12-09 22:56
人の生き方それぞれ
at 2017-12-09 09:06
寒がり
at 2017-12-08 20:41
まあ、何とニュースの多い月だ
at 2017-12-08 09:30
北朝鮮の木造船
at 2017-12-07 10:07
楽しいことを考えよう
at 2017-12-06 22:31
父の形見
at 2017-12-06 11:27
羽生さんおめでとう
at 2017-12-06 09:02
できれば、一人が好き
at 2017-12-05 22:45
忘れていた誕生日
at 2017-12-05 17:14
ふくら雀
at 2017-12-05 08:35
最近、本読んでないな
at 2017-12-04 22:59
柔道
at 2017-12-03 19:23
新しい習慣
at 2017-12-03 19:04

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

蟷螂の斧

カマキリもすっかり見なくなった。逆三角形の顔、大きな目、獰猛な口、そして何より大きな二本の鎌。草原では昆虫の王である。いくら獰猛そうに見えても子供の手にかかればすぐ、バラバラにされてしまう。この言葉、強そうに見えても強くないのか、自分より弱い者にしか通用しない武器なのか、最初に考えた人の慧眼には驚く。

国会が終わって、焦点は「都議会議員選挙」に向かっている(とマスコミは言っている)。私たちの目は総理大臣を巡る不祥事がどう決着がつくのか、じっと見つめている。暴言(力)議員の離党はあっという間に処理するのに、この大きな「疑獄」事件は、関係者が多すぎてなかなか決着がつかない。証拠や証言、資料は山ほどあるのに解明に進まない。高級官僚の「保身」がはっきり目に見えると何だか悲しい。どちらかと言えば文科省は「弱い」官僚機構になる。野党がだらしないだけ、官僚機構同士の争いになっている。

新聞もテレビも言葉を選びながら、毎日目立たないように報道を続けている。署名入りの記事も多い。週刊誌の記事が出るかでないかで、一人の「とんでも議員」の首が飛ぶのに、「国民に丁寧に説明していく」という説明が一つもなされず、タイミングを計ったように籠池氏周辺にはガサ入れがあった。(日本会議を止めたからかな)と思ってしまう。この人の言葉の方が筋が通って説得力がある。

ともかく効果はあるのかないのか、先に行かないと分からないが、小さな「蟷螂の斧」がたくさん掲げられてきたな、と感じる。

[PR]
by zoofox | 2017-06-23 08:40 | Comments(2)
Commented by korei at 2017-06-25 09:36 x
カマキリ、当地では幸いに?よく見かけます。姿も振舞いも個性的で目を引きますね。あの三角の貌を少し傾げてジッと私を見詰めたり。
最近の世相を、『小さな「蟷螂の斧」がたくさん掲げられてきた』と表現されていますが、確かにそんな感じもしますね。文科省内の「小さな」反乱とか、NHK報道の微妙な変化とか、右翼系だった週刊誌の一部の様変わりとか、そして何よりも、政権支持率の久しぶりの低落。
でも、またすぐに「バラバラ」にされてしまうのではないか・・と、不安でもあります。
Commented by zoofox at 2017-06-25 15:59
何かすっきりしない日がつついています。お元気回復されましたでしょうか。新聞の世論調査をきっかけに、何か政権の「焦り」の雰囲気を感じます。不平等な選挙制度に支えられている身には、ひしひしと感じるものがあるのかもしれません。どうも少しずつ変わってきた変化は、少しずつでないと戻せないのかもしれません。こんなにボロが出ているのに強靱なものなんですね。