独りの戯言


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
気になること
政治って
車の話
テレビの話
自分のこと
戦争
映画を見て
思い出
子供について
詩文
若い日
カメラ
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

おはようございます。11..
by zoofox at 08:29
おはようございます。早起..
by memmon at 06:20
コメントありがとうござい..
by zoofox at 20:30
張り手は禁じ手では無いけ..
by 匿名 at 16:20
ありがとmemmonさん..
by zoofox at 12:05
ファイト!
by memmon at 10:44
何かすっきりしない日がつ..
by zoofox at 15:59
カマキリ、当地では幸いに..
by korei at 09:36
> memmonさん ..
by zoofox at 22:44
大丈夫! すぐに治りま..
by memmon at 17:34

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

正直なところ
at 2017-07-25 22:43
人を殺す
at 2017-07-25 09:03
090
at 2017-07-24 23:17
内閣支持率26%
at 2017-07-24 08:43
車をかまう
at 2017-07-23 22:00
朝鮮総督府
at 2017-07-23 09:54
レンジファインダーの感想
at 2017-07-23 06:15
花火
at 2017-07-22 21:04
夏休み
at 2017-07-22 09:00
値段
at 2017-07-21 19:32
何でもない日課
at 2017-07-21 16:53
白鵬の選択
at 2017-07-21 09:47
武士の本分
at 2017-07-20 23:34
知らない言葉
at 2017-07-20 08:06
引導を渡す
at 2017-07-19 19:12
看護と介護と被介護
at 2017-07-19 09:19
よく読んでから行動しろ
at 2017-07-18 23:25
しつこさと研究熱心
at 2017-07-17 20:22
語られない近代史
at 2017-07-17 08:43
休場
at 2017-07-16 22:21

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

ブーベの恋人

現実を直視したくない表面的に平坦な生活では、思考はちょっとしたものを見つけて、前に前にと遡る。「現実逃避」とか「後ろ向き」とは少し違う。自分たちの将来に向けての計画や希望とは別の問題だ。これからは、政治批判や体制の変更への考えをストレートに表現できにくくなるかもしれない。意識して「自分で自分を護る」考え方も必要になるかもしれない。杞憂ならいいが。

「クラウディア・カルディナーレ(C.C.)」と「ジョージ・チャキリス」の「ブーベの恋人」を見ていた。確か自分は中学生だった。イタリア映画を最初に見たのは「自転車泥棒」だったと思う。戦後のどさくさはどの国にもあった。イタリアは王国がファシストと手を結び、内戦でもう一度共和制に戻る。日本人の大人は当時、「日独伊」の中で最初に手を上げた卑怯者の国と言っていた。日本よりは外国との関係で複雑な歴史を持っている。日本より世界が見えていたのだろう。

子供の頃には分からなかったが、敗戦と革命の二つの出来事が終息した影響が、台詞の中にも出てくる。パルチザン(イタリア語では何というのか)や秘密警察等という言葉がまだ生きている。石造りの町は爆撃の痕を留めている。そんな時代の物語だったのか。グラビアでは豊満な肉体を持つC.C.が、画面では背伸びした可憐な少女に見える。ソフィア・ローレンだってこの頃は若かったはずだ。

同じ本を何度も読んだり、同じ映画を何回も見る楽しみは、自分の変化を知ることなのだろう。活字や定着された映画は変わりはしないのだから。

[PR]
by zoofox | 2017-06-18 09:05 | Comments(0)