独りの戯言


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
気になること
政治って
車の話
テレビの話
自分のこと
戦争
映画を見て
思い出
子供について
詩文
若い日
カメラ
未分類

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

> memmonさん ..
by zoofox at 12:46
おはようございます。 ..
by memmon at 10:07
memmon様 お知らせ..
by zoofox at 23:54
memmon様 その話は..
by zoofox at 22:31
先日、2日ほどまえかなぁ..
by memmon at 19:18
> memmonさん、ご..
by zoofox at 16:01
zoofoxさん、おはよ..
by memmon at 09:56
> memmon 様 ..
by zoofox at 16:45
おはようございます。 ..
by memmon at 08:34
> memmonさん ..
by zoofox at 10:07

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

藤真理子さん
at 2018-01-24 13:11
尺度とスパンと価値観
at 2018-01-24 09:21
雪が降った
at 2018-01-23 09:33
今日は雪
at 2018-01-22 16:04
プライマリー・バランス
at 2018-01-22 15:27
西部ゼミナール
at 2018-01-22 09:17
西部邁さん
at 2018-01-22 00:19
ゴムまり娘
at 2018-01-20 09:24
移民の国
at 2018-01-19 10:00
孤独担当相
at 2018-01-18 22:54
フォルダーという引き出し
at 2018-01-18 09:16
阪神大震災の日
at 2018-01-17 22:00
コンテンダー
at 2018-01-16 23:49
山中伸弥教授
at 2018-01-16 16:38
心温まる話
at 2018-01-16 09:24
「80-50」
at 2018-01-15 17:23
角煮再び
at 2018-01-15 09:26
寒さ対策
at 2018-01-14 22:13
ICAN
at 2018-01-14 10:27
ふと思い出す
at 2018-01-13 13:40

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

ジョーン・バエズ

今この歌手を知っている人は多くはあるまい。小学生か中学生の時、「ハリー・ベラフォンテ」の「ダニーボーイ」を聞いた。日本公演の実況放送だったと思う。「声が楽器足りうる」ことを初めて知った。もちろん歌詞の意味など解りはしない。舟木一夫、西郷輝彦のブームの後には、ギターを持った少年の前には、フォークソングがあった。

今背後には先日探し当てた、ジョーン・バエズのCDが流れている。彼女と前後して、「ジュディ・コリンズ」という硬質な声の歌手も好きだった。ジョーン・バエズは黒い長い髪と瞳が印象的で、「ドンナ・ドンナ」という曲一つで有名になった。特徴はいつもギター一本で歌っている。私たちがちょっと練習すれば弾ける程度の伴奏だから余計に歌いたくなる。PPMのマリーやカーペンターズのカレンのような、伸びのある低い声であるが、特徴的に外人には珍しい「縮緬ビブラート」が新鮮だった。CDで連続していろいろな曲を聴くとイメージが変わってくる。このCDにはドナドナは入っていない。宗教ソングのような力強さがある。(聞きたいなあ)と思う瞬間があり、実際に聞くと自分のイメージとは少し違う歌手がいる。

「インナワーゴン ゼアリザカフ ウイズア モンフルアイ・・・」、子供には分かりやすい英語でわかりやすい設定だった。懐かしいが、手元にはない。「七つの水仙」覚えているが原曲は手元にない。この頃はカントリーとフォークが私の中で入り交じっている。聴きたい曲はみんな頭の中にしかない。 

[PR]
by zoofox | 2017-06-16 17:23 | Comments(0)