独りの戯言


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
気になること
政治って
車の話
テレビの話
自分のこと
戦争
映画を見て
思い出
子供について
詩文
若い日
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

> memmonさん ..
by zoofox at 22:44
大丈夫! すぐに治りま..
by memmon at 17:34
熱は38度代から36度代..
by zoofox at 19:45
行かれたほうが良いと思い..
by memmon at 11:07
> memmonさん ..
by zoofox at 19:38
おはようございます。酒と..
by memmon at 10:33
> memmonさん ..
by zoofox at 10:51
おはようございます。お疲..
by memmon at 09:40
はい、そうしませう。 ..
by zoofox at 13:11
その通り。知らない事は勉..
by memmon at 08:21

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

認識
at 2017-06-22 23:10
障害を乗り越える
at 2017-06-22 08:47
投了
at 2017-06-21 08:01
ペンとお出かけ
at 2017-06-20 16:53
印象操作
at 2017-06-19 20:28
早く選挙をしてくれ
at 2017-06-19 09:29
選挙前
at 2017-06-18 22:09
ブーベの恋人
at 2017-06-18 09:05
リコーR1s
at 2017-06-17 21:08
症状と病状
at 2017-06-17 06:15
ジョーン・バエズ
at 2017-06-16 17:23
臨死体験
at 2017-06-16 09:17
逃げ遅れ
at 2017-06-15 16:02
この国は
at 2017-06-15 07:38
私の時間
at 2017-06-15 01:43
脳内生活
at 2017-06-14 08:58
パンダの子供
at 2017-06-13 08:07
沈む日
at 2017-06-12 13:01
人の振り見て我が振り直せ
at 2017-06-12 08:24
あっという間の一週間
at 2017-06-11 10:18

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

何か随分日数がかかったな

まだ、家の話は続く。今日契約を交わせば、後は工程表に従って作業は進むはずだ。昨年から時間がありすぎた。当初の雨漏りが、大変なことになってしまった。ほとんど1人で、荷物を区分けし、物置と母屋の仏間に運んだ。気が向いたら少しずつ進めてきたから、色々な物品を、一々その背景を考えながら選別する時間があった。これが良かったのか悪かったのか。第一そんな必要があったのか、そこまで考える時間は沢山あった。物事を決めるときは、細かいことは斟酌せずに一気に進めた方が速い。

我が家の歴史から言うと、母屋を新築するときに、こちら側に沢山の荷物を運び込んでいる。その一部が母屋に戻らずに、こちら側に残っていた。そんな品々は、私達が子供の頃の、両親がまだ若かった頃の取るに足らない物だ。その時点で捨てるべき物だったかも知れない。ここでブツブツ言ってきた「独り言」は天から私に与えられた、「自省の時間」だったかも知れない。自分一人で大きくなって、子供の中で親の面倒を看させられて、自分自身も病気になって・・・、何となく抱いていた「被害者意識」が、根拠の希薄な単なる「感覚」だったことがはっきりした。親は子供に平等だ。そして精一杯責任を果たした。それに比べると私は足下にも及ばない。

父も母も、兄弟姉妹が独立して家を出ていくとき、その記念を何かの形で残している。本来私が見るべきではないそんな品々に出会った。今回の整理で、都会の小さな家でも、100年以上同じ所に暮らしていると、「家を継ぐ」という有形無形のプレッシャーがある。母屋新築の時は、私名義だが、私はほとんど東京にいなかった。今度は同居人の名義にする。

さあ、もう少しだ。この約半年、自分の人生をダイジェストで見たような気もする。家が出来て荷物を戻す時に本当の意味での「終活」になるんだろうな。

基礎工事の時、雨が少ないといいのだが。人生で二度家を建てるとは思わなかった。もちろん私一人の力ではないが。

決断までの時間はあまり長くない方がいい。かといって昨今の自民党の法案のように30時間の審議で大切なことを決められても困る。

[PR]
by zoofox | 2017-05-24 09:06 | Comments(2)
Commented by memmon at 2017-05-24 09:40
おはようございます。お疲れ様です。
引っ越しを何度かすると、その度に断捨離しますからスッキリします。でも、同じ所に住み続けると増える一方ですよね。我が家は今は同じマンションをそれぞれが購入して住んでいます。
殆どをみんなで相談して断捨離しました。
思い出は頭の中で充分ですよ。きりが無い。
自分が死んだ後に、こんなもの持っていてと笑われないように毎日捨てる事ばかり考えてます。マンションは毎日、24時間各ゴミを捨てることができます。これはとてもありがたい。
Commented by zoofox at 2017-05-24 10:51
> memmonさん
何時もありがとうございます。このパソコンが最後に移転することになりそうです。今、後では掘り起こした「渡辺美里」が元気な声で歌っています。考えて見れば、転勤は車一台で済んだのに。今回は断舎利にはなりそうもありません。移動する度に多分「欲」だだんだん削ぎ落とされるのでしょうね。おっしゃるとおり、今回の経験で「自分が死んだ後」のことを沢山考えました。まあ、いい機会でしたね。