独りの戯言


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
気になること
政治って
車の話
テレビの話
自分のこと
戦争
映画を見て
思い出
子供について
詩文
若い日
カメラ
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

はいそうです。お昼前には..
by zoofox at 15:45
二日酔いですか?
by memmon at 14:17
おはようございます。11..
by zoofox at 08:29
おはようございます。早起..
by memmon at 06:20
コメントありがとうござい..
by zoofox at 20:30
張り手は禁じ手では無いけ..
by 匿名 at 16:20
ありがとmemmonさん..
by zoofox at 12:05
ファイト!
by memmon at 10:44
何かすっきりしない日がつ..
by zoofox at 15:59
カマキリ、当地では幸いに..
by korei at 09:36

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

慢性PTSD
at 2017-08-22 09:04
独房生活
at 2017-08-21 09:29
ポジショントーク
at 2017-08-20 08:41
夕立
at 2017-08-19 22:57
意識しない執着
at 2017-08-19 08:25
盆休みが明けて
at 2017-08-18 14:55
ベーシック・インカム
at 2017-08-18 13:55
屈託
at 2017-08-17 15:59
雨の日の楽しみ
at 2017-08-16 13:53
冷害
at 2017-08-16 08:16
敗戦の日
at 2017-08-15 09:02
テレビで見せてはいけないもの
at 2017-08-14 08:20
沈黙の艦隊
at 2017-08-13 22:58
懐かしい味
at 2017-08-12 21:30
規制、緩和、特例
at 2017-08-12 15:47
名車再生
at 2017-08-12 09:02
執念で
at 2017-08-11 22:37
若い命
at 2017-08-10 23:28
正論
at 2017-08-10 09:13
真夏の労働
at 2017-08-09 14:38

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

だから白鵬が嫌い

これはもう国民性なのかも知れない。頂点に上り詰めた後の振る舞い方だ。相撲と他のスポーツの違いは、その成り立ちとともに、ファンやタニマチの見方が、「只強ければいい」とはけして思っていないことだ。強くなればなる程、押さえた振る舞いが要求される。強さを誇ってはいけない、難しいファン心理がある。武蔵丸も曙もそのしきたりをよく心得ていた。朝青龍と白鵬は上り詰めるまでは、生きのいい良い相撲を取った。だからファンだった。日馬富士と白鵬を比べたとき、何人もの力士を再起不能にしている日馬富士の方が力士らしい雰囲気を感じる。

昨日の嘉風との一番は激しい一番だった。テレビの解説は触れなかったが、嘉風を寄り切って土俵の外に出たときに白鵬は左から突き飛ばした。「一番強い横綱なんだから一代年寄りをくれて当たり前だ」の発言同様、勝負が終わった後の心の切り替えがなかなかできない。これではプロレスの場外乱闘と大差ない。興奮と落ち着き、自分の心をコントロールできない力士はそれだけで失格だ。最近の白鵬は強いことは強いのだが、魅力が全くなくなった。

力士という商売は難しい。強くなければいけないが、強いだけでは飽きられる。弱者に配慮できない心を持っていては、いつまで経っても「只強い力士」でしかない。土俵上の所作、振る舞いをもう一度、親方は教えないと朝青龍のような無残な終わり方になる予感がする。

[PR]
by zoofox | 2016-01-18 09:33 | 気になること | Comments(2)
Commented by 匿名 at 2017-07-22 16:20 x
張り手は禁じ手では無いけれど、首、顔面への張り手の応酬が白鵬の十八番、手を開いているか結んでいるかの相違あれど、あれではボクシングとどう違うのか? 横綱とはとても認められない。
終いには、首に手を掛けて絞めにかかっているようにすら見える時もある、苦しい試合になればなるほどに見苦しい相撲をとる。 モンゴルの喧嘩相撲は大嫌いです。
顔面への張り手応酬により相手の戦意を削ぐ相撲など横綱の相撲じゃないですよ、勝てば官軍強ければ良しとする声援を送り続ける、時の趨勢に流されやすい大多数の日本人の悪い気質だと感じます。
国技なのに・・・首から上への張り手を禁止にすればいいのに。
Commented by zoofox at 2017-07-22 20:30
コメントありがとうございます。私だけが感じているのかと思ったら、同じ感想を持たれている人がいらっしゃるということに、若干安心いたしました。
白鵬は強くて、綺麗でいい相撲取りだったんですが、だんだん見苦しくなりました。昔の力士をビデオで研究していると聞きます。四股や柏手も指の先まで神経の通うような所作がないですね。懸賞金を振り回すのも、国民性の違いというより、きちんと教えて貰っていない気がします。
NHKの放送姿勢も気になります。同じ画面で新記録の「速報」はないでしょう。また解説者も駄目なところは駄目といわなくちゃいけませんね。