独りの戯言


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
気になること
政治って
車の話
テレビの話
自分のこと
戦争
映画を見て
思い出
子供について
詩文
若い日
カメラ
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

おはようございます。 ..
by zoofox at 09:35
おはようございます。そう..
by memmon at 06:55
> memmonさん ..
by zoofox at 22:34
こんばんは。 あれ? ..
by memmon at 19:33
> memmonさん ..
by zoofox at 09:35
おはようございます。眠れ..
by memmon at 07:43
> memmonさん ..
by zoofox at 16:14
おはようございます。 ..
by memmon at 09:55
まあ、南も北もマンション..
by zoofox at 15:42
私も同じ考えです。 ..
by memmon at 10:15

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

祈る姿
at 2017-11-21 21:28
バイオリズム
at 2017-11-20 21:21
何時ものこと
at 2017-11-20 10:32
事務能力低下?
at 2017-11-20 00:13
レオン(完全版)
at 2017-11-18 23:07
午後9時のメール
at 2017-11-17 22:02
煙突の煙
at 2017-11-17 10:01
相撲の話
at 2017-11-16 22:34
capable
at 2017-11-16 09:15
私はホルモンが食えない
at 2017-11-15 22:52
ビール瓶事件
at 2017-11-15 09:44
CS307
at 2017-11-14 22:24
体重は減りつつある
at 2017-11-14 08:57
パソコンが壊れる時
at 2017-11-13 22:42
ベンツBクラス
at 2017-11-13 10:30
オリンパスペンEEDその後
at 2017-11-12 22:39
昔も今も
at 2017-11-12 09:28
シボレー・カマロ
at 2017-11-11 19:12
不動産
at 2017-11-11 08:09
迷い道
at 2017-11-10 23:01

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

祈る姿

今日は真っ青に晴れて寒くて風が強い日だった。湯島天神に寄った。菊祭りの余韻がまだ残っている。

c0366973_21033825.jpg
思いっきりプラス補正にしてみた。明るい青空の下では私のカメラは、写りが確認できない。バックが気に入らない。
c0366973_21025951.jpg
今日は人出が多いので、大好きな人の顔がたくさん撮れた。「いいですか?」と声をかけて断られることはなかった。これは別、本殿の前で祈る人が並んでいる。人が心をこめて祈る姿は近寄りがたいものがある。女性、男、年よりは少なく若い人が多かった。望遠で何人もの祈る姿を撮った、でもこちらはどこにも出せない。

c0366973_21041630.jpg
私は「カルメン焼き」だとばかり思っていた。まだ店は開いていない。
七五三も終わって、受験の祈りがこれから中心になる。

本日の目的はこの機械を受け取ることだった。「睡眠時無呼吸症候群」の調査用で、呼吸と酸素濃度を一晩測るとのこと。寝相が悪いからな、機械を壊さないといいのだが。

c0366973_21045361.jpg



[PR]
# by zoofox | 2017-11-21 21:28 | Comments(0)

バイオリズム

たまには、私もいろいろ考える。

古い言葉だ。ある時期は何でもかんでも「バイオリズム」のせいにした。しかし、ある期間生きてくると、何か言い表せないリズムがあることに気がつく。科学的ではないが、「自分固有の周期」がある気がする。あるいは、習慣を基本にした「原因と結果」が定期的に顔を出すのかもしれない。サインカーブのようにきれいな形ではないが、好調と不調の波は確かにある。「周期」なのか「振動」なのか、あるいは「共振」なのか、とにかく今は私の体調はマイナスラインにある。しかし、本人に自覚がない場合は、他人様に手を借りねばならない。

不思議なものだ。このリズムは、個人だけでなく、社会にも組織にも経済活動にも世界の政治関係にも、その気で見るとあるような気がする。ソフトバンクがロボット分野に手を上げた。GOOGLEも自動運転に参加すると聞く。きっとビックデータを解析すると出てくる、「何かの傾向」を掴んでいるんだろうな。これからは「スパコン群」が信仰の対象になるかもしれない。予言者が人でなくなる時代が来るのかな。

[PR]
# by zoofox | 2017-11-20 21:21 | Comments(0)

何時ものこと

国会の代表質問が始まる。総理大臣の「丁寧な説明」が今度こそ聞けると期待している。「謙虚に、丁寧に」という言葉が、「言葉だけのことなのか、態度で示されるのか」、今回は注視している。

相撲のことはあまり触れたくない。少しずつ少しずつ、その場にいた人の証言が出てくる。今日は前段の錦糸町会合の話が「特ダネ風」に報道される。先輩が横にいた大先輩を馬鹿にする若者(でもないか)を酒席で殴っただけの話に、尾ひれを誰かがつけている。土俵の上なら殺されても、再起不能の怪我をしても文句は言えない。そんな危険性はある。だから毎日体を鍛えているのだ。日馬富士は酔って土俵の上下が分からなかったのかもしれない。この前は嘉風が白鵬のエルボーで「眼底骨折」という大怪我をした。だから白鵬が嫌いだ、と私は書いたが、「かち上げ」を直接非難する声はなかった。元NHKのアナウンサーの杉山さんが時折TVに出るが、協会の対応については、ちゃんと「私には言えません」と発言する。国会の参考人や証人とは違うのだから、「言えない」というのも一つの意見に感じる。(「言えない」という人を毎回引っ張り出すのはどうかなとは思う)。

今週で一応私の「謹慎期間」は終わる。専門家に見てもらったら今後は、自分で自分の「食事指導」をしなければならない。それもずっとだ。週末には「モンゴル力士会」よろしく集まってお酒を飲む。これからずっと割り勘負けが続く。だから行かないかというと、お酒を飲むだけが目的ではないから、きっと行く。

何かパソコンの調子が悪い。このパソコンだけではないから違う理由なのか、エキサイトブログに入る時、切断されたり繋がらなかったりする。何故だろう。


[PR]
# by zoofox | 2017-11-20 10:32 | Comments(0)

事務能力低下?

来週というか、今週は診察がある。検査が二日続き二日目の診察の後に「栄養指導」がある。なんか大ごとだな。約束で毎食食べた物を報告しなければならない。

手持ちの光沢紙のLサイズが見つからないので、もう一度買いに行った。どう考えても先に買った2Lでは大きすぎる。今日まで撮りためた食事の写真が27日分ある。LANの設定が変わっているので、プリンターをインストールし直した。この無線LANがなかなかプリンターを認識しない。最初は全部印刷するつもりだったが、10日分で諦めた。10日分、30食あると大体の傾向が分かる。

A4用紙に写真を入れて、その下に食材の説明を書こうと思ったが、通常のコピー用紙では写真の内容が良く分からない。紙に張り付けることも考えたが、最後は写真の裏に日付と朝昼夜の区別と説明を書くことにした。画面には食材とグラム数かカロリー数を書いてあるメモが一緒に写っているが、光の加減で読めるものと読めないものがある。

結局、ワードやエクセルでレイアウトするより、「写真の裏に手書き」が一番早い。こんな資料、現役時代は数時間でできたろうに、衰えてしまった事務能力が。

あした、裏書きをメモから転記しよう。
後から気がついたが、こういう説明は、パソコンを持ち込んで、パワーポイントが簡単だったなあ。

[PR]
# by zoofox | 2017-11-20 00:13 | Comments(0)

レオン(完全版)

この映画については、何所かで前に書いている。イタリア移民のレオンとマチルダが初めて出会うシーン。ナタリー・ポートマンは階段の間から足をブラブラ出して煙草を手に外を見ている。寡黙な殺し屋レオン。設定だけでも奇抜で、ジャン・レノの重厚さとあどけないマチルダのやり取りは不思議な魅力があった。私は別にロリータ趣味はないが、12歳という子供と大人の間の雰囲気に、(もしかしたら、レオンはマチルダを愛していたのではないか)と思っていた。

この完全版はかなりの部分が足されている。カットした部分を生かしたのだろう。アクション映画が純愛映画に見えてきた。リック・ベツソンは今や巨匠だが、当初の作品では多くの”肝心な”部分がカットされていたことが分かる。「I love you」という言葉もきちんと二人のセリフに入っていた。レオンの生い立ちもカットされていた。映画というものは、ほんのちょっとカットしただけで、主題までが隠れてしまう。そんなことを気にしながら見ていた。何度も見た映画だけに、新たに出現した場面が新鮮に見える。

後半部分を出会いがしらに見て、録画できなかったのが残念だ。

[PR]
# by zoofox | 2017-11-18 23:07 | Comments(0)

午後9時のメール

右尻のポケットの電話が鳴った。懐かしいYさんからのメールだ。どうも今飲んでいるらしい。去年から今年、私より若い人が亡くなった。そんな頃の若い友人だ。もちろん女性。今、幾つになっただろう。私は自分の年齢を忘れている。焼肉を奢ってあげると大喜びで、お土産まで持って帰った。子供は幾つだろう、年を数える気持ちもない。たぶん飲んでいる場所は分かる。G君も一緒だとすると駅近くのあの辺だろう。

自転車で駆け付ける訳にもいかない。来週は検査と診察がある。月に一度の飲み会もある。「食事制限中」、「お酒を止めた」などという言葉を出せば、「何で何で」とうるさいに決まっている。

私はもう寝る支度だ。明日、ゆっくりメールしよう。でも懐かしいな。せっかく飲んでいる気分を暗くしたくない。ごめんね。

[PR]
# by zoofox | 2017-11-17 22:02 | Comments(0)

煙突の煙

人の吐く息が白く見えるのは、17℃以下だと聞いたことがある。毎日、玄関前で外を見るのが日課になった。自由にぼーっとしている場所が今はそれだけないということだ。

視線の左手の先に、小さな傘の付いた煙突が二本立っている。暖炉か事務所の暖房用だろうと思っていた。気がついたのは、この二、三日だ。ちょっと低い煙突から煙が出ている。外に出ると雲に紛れて、ふっと消えてしまう。早速カメラを持ち出して望遠で抜き出して写真を撮った。曇り空だ。補正を何段階かかけたが、煙が煙に見えない。蒸気なのだろう。風情のある写真に(頭の中では)なるはずだったが失敗した。きっと、後から(これ何を撮ったんだろう)と自分でも考えるだろう。

今日は大工さんが来ない。と思っていたら、玄関前にトイレが二組、段ボールに入って積んであった。中で音がする。カタログより大きく見える。最近の洋式トイレは昔より座面が高い。足の短いオジサンは少し使いにくいんだよなあ。

[PR]
# by zoofox | 2017-11-17 10:01 | Comments(0)

相撲の話

暴行事件のことではない。私は相撲ファンだし、大相撲が一社独占で決まった時間にしか見られないのを苦々しく思っている。それは置いておいて、本場所では、最後の相撲が終わって、弓取り式の後に、幕内力士が全員浴衣姿で土俵に上がり、舞台のフィナーレのように、来て戴いたお客さんに御礼の挨拶をするなどという趣向はどうだろう。「二時間の舞台」だと考えれば、自分の出番が終わったらさっさと帰る失礼もないし、この日の殊勲者を選んでもいい。そんな演出が足りないなあ。物言い取り直しだって、大きな画面で客にも見せながら説明するべきだ。工夫が足りないと「伝統」が足踏みして、だんだん古くなる。

アメリカのプロレスは、完全に日本の10年前を模倣している。派手な登場、マイクパフォーマンス、なかなか決まらないフォール。興業はお客さんを楽しませなくちゃ。モータスポーツでは、多少怪我をしていても、ぐしゃぐしゃに壊れた車から出てきて観客に手を振るのが礼儀だ。それができないときは余程危ない時だ。観客もそこを知っている。デブが裸で取っ組み合う、それだけじゃいけないと思うな。特効薬は思いつかないが、お客さんを喜ばせる趣向を考えなくちゃ。力道山は「遺恨試合」というジャンルを作った。馬場は自分の体を使った。誰かが地味ながら面白い演出を考えなくちゃいけないだろう。「場外乱闘」を若手の審判が止める、など100番に一番ぐらいあってもいい。「花道にらみ合い」も面白い。松の廊下で刀を抜いたから、忠臣蔵は今に伝わる。守るだけではなく考えなくちゃ。白鵬が今日は時間前に突っかけた。何度も書いたが、時計係審判が「時間だよ」と言わなくても、両者が「立てる」と思ったら、最初から立ってもいいのが相撲だ。アナウンサーがどぎまぎしていた。以前のように、時間前にも必ず立つ勝負が幾つかあると、面白さが増すんだけどな。

と言っても、今日は一日中テレビは暴行事件の解説ばかりだった。モンゴルまで取材チームが行っている。白鵬が「ビール瓶でなんか殴っていませんよ」と言っていた。同国人の内輪のパーティを見ていたように話す人もいる。でも、あの人少し変だねやっぱり。協会に嫌がらせしているように見える。九州場所は維持員席を見るのも楽しみなのだ。

[PR]
# by zoofox | 2017-11-16 22:34 | Comments(0)

capable

数日前からずっと引っかかっている。「ケイパブル」って何だっけなあ。「be able to」と似たような意味だったはずだ。ドラマの中で出てきた言葉だ。「abl」が着くから、能力に関する意味だろう。私は英語を使う仕事ではなかった。中学や高校では出会っていなかった気がする。我慢できなくて辞書を引いた。こんな言葉が幾つもある。(そのうち思い出すさ)のそのうちが、だんだん長くなる。「蛋白質」の「蛋」の字がメモするとき形にならない。よ~く考えたら「疋」の跳ねが抜けていた。こんな字は高校以来使ったことがないから忘れるはずだ。記憶を貯めていく能力より、削除していく方が早くなったのかな。キーボードで出てくる漢字は目の記憶だ。字はやっぱり手の記憶にしなくちゃ。「書道」もいい脳トレになるかな。
[PR]
# by zoofox | 2017-11-16 09:15 | Comments(0)

私はホルモンが食えない

今、明日の汁物を仕込んできた。大根、人参を公孫樹に、白菜と茸、出汁は鮭缶だ、(本当の鮭はまだ出さない。マスの種類だ)。一度沸騰させて灰汁をとり、一晩寝かせておく。料理という程のものではない。明日の朝、ひと手間でも減らすためだ。味は塩味。鍋が煮立つまでいろいろなことを考える。

私は鳥、牛、豚の内臓料理が食べられない。酒を飲むようになって、焼き鳥から練習した。レバーまでは何とかなる。ホルモンをとろとろに味噌で煮込んでネギを散らした「モツ煮」は、目の前を通るだけで勘弁だ。それでも、新鮮なタンの刺身だけは食べられる。そんなわけで、焼き鳥は一応征服したが、その先はだめだ。どんなに酔っていても体が受け付けない。

味覚は子供のころ何を食べたかで、嗜好が決まる。私の子供時代は「魚」ばかりだった。肉は親父の給料日に「トンコマ」のすき焼きしか食べなかった。例外は田舎から送られてくる山鯨(イノシシ)の塩漬けだ。学校の給食に「クジラカツ」が出る時代だった。トンテキを食べたのは10才頃だし、肉のソーセージも同じころだ。クジラでないベーコンはもっと後になる。朝鮮の友人の家が「ホルモン焼き」を始めたが、食べられるものがなかった。だんだんに豚が牛になり、ステーキもよく食べた。それでも、あくまで肉の部分だ。今時は旨い店だと大腸の焼いたものなど、甘くて美味しいらしいが、話を聞くだけでいい。

「お腹が空けば何でも美味しい」とは言うが、最後の最後に「もう死ぬかもしれない」という時まで、私は多分ホルモンは食べられないだろうと思う。

[PR]
# by zoofox | 2017-11-15 22:52 | Comments(0)

ビール瓶事件

日馬富士が貴ノ岩の頭をビール瓶で殴って、「頭蓋底骨骨折の疑い」の診断を受け、貴乃花は鳥取の警察に告訴した。貴ノ岩は休場だし、日馬富士は昨日から休場している。協会が調査に乗り出し、逮捕・起訴ともなれば、最悪は日馬富士の廃業もあるかもしれない。朝青龍の時と同じだが、相手が違う。なんだかおかしいな、斟酌と忖度が入り混じっている。そんな大怪我なら貴ノ岩はすぐ緊急入院だろうし、本人が認めているのだから暴行傷害事件として立件するのは簡単だろう。「横綱の品格」という言葉がまた取りざたされているが、外国人にそれを求めるのは酷だ。理事長選挙の名残でもあるのかな。

いろいろな情報が出てくる前に、意見を言うのは見当違いになる可能性があるが、私は相撲界の中の「蒙古村内部」での問題だと思う。今なら収めるのは白鵬が適任だろう。素面の日馬富士は私の好きな力士である。あの体で、突き刺さるような立ち合いを楽しみにみていた。

稀勢の里が左おっつけができなくなり、精彩を欠いている中で世代交代は、第二世代を超えて確実に進んでいる。若い力士の中で、30代の先輩が体をだましながら勝つのも面白い。プロレスはこの「下剋上」を無秩序に行って失敗した。テレビ放送が縮小してからもいい選手がたくさん出ている。

また、相撲がおもしろくない時代が続くのだろう。その次は相撲離れだ。うまく収めないとそうなるだろう。あえて一言、相撲は勝負やスポーツではなく「興行」なのだ。全部「公益財団法人日本相撲協会」の一員だ。力士は敵同士ではなくて、”社員同士”でみんな仲がいい。普通の社会人の尺度とは違うだろう。そこに又尺度の違う外国人が入っている。事件は簡単だが内容は複雑だ。

[PR]
# by zoofox | 2017-11-15 09:44 | Comments(0)

CS307

CNNや経済情報に交じって、「NHK WORLD JAPAN」というCS放送がある。30分のニュースと30分のトピックスをメニューにしている。一応、日本とアジア中心のニュースと言っているが、日本では放送されない細かな配慮やトピックスがある。英語放送で字幕も同時通訳もない。スタッフもCNNよりは揃っているように見える。英語は分からないが単語とバックの映像で想像はつく。難視聴を解消するための電波で、英語オンリーで、誰に一体充実したニュースを伝えようとしているのだろう。衛星放送のような意地悪な「画面隠し」も出てこない。日本発の外国向け放送でもないらしい。

CNNだって「CNNJ」として同時通訳を入れた放送をしている。地上波の放送と同じなら私は文句を言わない。「NHK WORLD JAPAN」の方が、余計な解説は入らないし、狂言回しもいない。純粋にニュースが見られる。昔のNHKの匂いがする。阿倍総理がしゃべっていてもニュースは英語だ。画面の主を忖度しない。

年間2万何千円も取っているのだから、昔のように領収書や「おしらせ」ぐらい配ってもいいだろう。内容ならともかく、「電波」で金を取るとは、いつもながら恐れ入る。

電波の割り当てはおかしなもので、民放の他の局でも放送しないチャンネルを幾つも持っている。これ何なの。韓国ドラマや歌の専用局も幾つもある。フランス語の局もある。放送法って分からないなあ。読んでいないけれど。

[PR]
# by zoofox | 2017-11-14 22:24 | Comments(0)

体重は減りつつある

最近は裸足が多い。靴下は出掛ける時に履く。だから体脂肪を図る体重計にすぐ乗れるようになった。朝起きて、寒いから防寒上着を引っ掛けて、ひょいと測る。冷たい水を120cc飲んで、トイレに入る前だ。先月の20日前後の診察日より、2Kg減っている。(どうも寒さが身にしみる)と思っていた。実質的にはもう少し減っているはずだ。蛋白質を減らすということは当然食事量自体が減る。血圧や体重は毎日測ると、「測ること」自体が目的になる。それはいい傾向ではない。「和式トイレ座り」を運動に取り入れている。ゆっくりした「蛙とび」と同じで、アキレス腱が伸びる。今のところの目標は、階段を一気に蛙とびで上がることだが、これは難しい。体重よりもバランスの問題だ。

昔出来て今できないことを探して、少しずつ実行している。ゴルフクラブの力一杯の素振りは危ないから、野球のバットを右打ち、左打ちで振っている。「木刀」がどこかにある。姿勢を正しくして、風を切る音がするまで振り下ろして止める。この素振りは体全体を使う。汗をかくまでよりも今は体が暖まるまででいい。その木刀が見つからない。バットでは気分が出ない。近所のフィットネスクラブの会員になるのもいいかもしれないが、その前のリハビリの段階だと思う。地区の器具の置いてある運動教室で、バイクや柔軟から始めないと、自分の体がどこまで錆びているのか分からない。私は「群れる」のが嫌いで「黙々」とひとりでやることが好きだ。要するに我儘で保守的なんだな。こんな性格の奴は、自分で自分を追い込まないと動かない。分かってはいるんだけどなあ。

[PR]
# by zoofox | 2017-11-14 08:57 | Comments(0)

パソコンが壊れる時

昔から職場のパソコンが調子悪くなったり、LANや共有のミニサーバーに接続できなくなると私のところに来て、「直してよ、何にもしないのに急に変になった」と来る人が多かった。同じように「何もしていないのに、急に動かなくなった」と言う。半分は再起動したり、電源を一度切って初期化すると直る。ジャックの掃除もあった。私は専門教育を受けたわけではないが、みんなより少し早くパソコンに馴染み、数々の不具合に泣かされ、本を読んだりして何とかその場をしのいできた。だから、「機械は急にはなかなか壊れない」、「データは必ずバックアップしておく」、再起動の手順などを細かく教えてあげた。会社のパソコンでは、幸いに機械が壊れてブルーバックという状態はなかった。

私自身は、メモリの不良とHD内のファイルの不具合で、ブルーバックとデータの全滅を経験している。無線LANが繋がらないことなど日常茶飯事だ。ウィルスにも初期に出会ったことがある。普通に使っていれば「機械は人を裏切らない」と信じている。

先ほどこのページに来ようとしたら、何としてもグーグルクロームのバーから入れない。HI-HOの私のホームページには行けるが、WEBメールも開くところまで行けない。急遽、LANケーブルを持ち出して差しても同じだった。(ケーブルの使用者が増えたから遅くなっているのかな)とは思うが、遅すぎるし「接続が切れました」というメッセージが出る。(「レイバン」のスパムメールにやられたかな)とも心配した。電源を切って数分おいても同じ状況だった。こういう場合は理由の分からない不具合だ。別にパソコンが壊れた様子もない。一応正常な手順で終了した。・・・30分程して起動すると、いつものように知らん顔をして動いている。だから、今書き込みができている。分からないよなあ、若い人の気持ちみたいなところがある。こちらの価値観を押し付けないで、相手のペースで気持ちよく動いてもらうしかない。でもこのレッツノート、この前もブルーバックが出てクリーンインストールしたんだな。オフィスを飛ばしてえらい目にあった。そんな前兆じゃないといいのだが。

[PR]
# by zoofox | 2017-11-13 22:42 | Comments(0)

ベンツBクラス

ずっと思っていたことなんですが、外車のことを書いたのでもうひとつ。

ドイツではタクシーからライトバンやトラック、バスまでベンツのマークが付いている。日本では超高級車の扱いだ。Aクラスが出て、随分馴染みのあるスタイルだな、と感じた。今度はBクラスだ。TVで自動車評論家が首都高から郊外までドライブしてコメントしていた。(なんかよく見る形だな)と思ってしまう。エンジンも1600~2000cc、とりわけ凄いわけでもない。ハイオク、ターボ付き、122~211PS、360~505万円、FF(2000は4WD)、7DCTというミッション。発売は2015年、一番安いタイプは今年の夏。ただし中は広い。

トヨタにも日産にもスバルにもヒュンダイにもある形だ。こんなところにまで進出しなくてもいいのにな、と感じる。ベンツが日本のファミリーカーのサイズまで出てくると、Aクラスのようにぼろ負けする可能性がある。ワーゲンやミニがどんどん高く大きくなるのに、ベンツはこの戦略でいいのかい。と聞きたくなる。きっと日本が第一ターゲットじゃないんだろうな。評論家は言う「腰は少し高いが、道路に張り付いたような感覚、これがベンツらしいですね」、この人は昨今の国産車に乗ったことがないのだろう。同じ価格帯で、高速でハンドルがふらつくような車はまずない。ハンドルに手を添えているだけで、100Kmでも150Km(私はやったことはないが)でもきちんと走る。さりげなく「私はここ(試乗現場)までEクラスで来ましたが、乗り換えても違和感がない」、とまでおっしゃる。

車がステータスだった時代はもう去った。「おっと、しゃれてるな」ぐらいの感覚が欲しい。道具は道具だ。安全性能としては衝突時「クラッシャブルゾーンの下にエンジンが落ちるように設計されている」、何キロでぶつかるかだが、一度ぶつかったら車は元には戻らない。ということらしい。

こういう車、買う人もいるんだろうなきっと。でも、ランニングコストを考えないなら、国産車党でも買える車だ。
最近いろいろなことがあって、「車を所有すること」の意義を考えてしまう。私は幸い置くところがあるから、場所ふさぎに置いてあるが、若い人の車離れの気持ちが分かる気がする。必要な時だけ借りればいいのだが、過去の習慣の残渣が張り付いているだけだ。これ、レンタカーだったら乗ってもいい車だろう。

[PR]
# by zoofox | 2017-11-13 10:30 | Comments(0)

オリンパスペンEEDその後

ハーフのフィルムカメラはランニングコストと満足感が比例しない。好きな物は集まったから、もう趣味としては手仕舞いの時期なのだが、「オリンパスペンEED」だけは時々オークションを見てしまう。ハーフサイズとしては大きくて重いが、キチンと写れば他の35シリーズとならべても違和感はない。手元には5台あるが、オートが動くのは2台、何となく合格は電源コードをはんだ付けした一台だけだ。もう一台は写真屋の親父と何度も検討したが、受光が不安定で焼き付け時に大きな補正が必要になる。このカメラの不具合はシャッターが音がするのに絞りが開かない、というのが結構ある。これは絞り羽の粘りだろう。ベンジンで拭けば直ると書いてありますが、羽をばらすと結構大変そうです。そしてオートが利かない。これは受光部か電池BOX裏の腐食による通電不良だ。出品された写真を見て絞り数値が「Auto」の位置にあれば、動く可能性はあるが、絞り数値上にある場合は危ない。オートが利かない場合でも、手動で絞りが動いてシャッターは1/30で切れる。それでも「動作品」にはなる。付け値が高いからいいものとは限らない。顔がハンサムでレンズがF1.7というところだけを見ると失敗する。35mm換算だとやや望遠だ。完全に動いたとしてもこのプログラムシャッターでは、大口径を生かせない。

と分かっていても、なんか気になるんだよな、このカメラ。

c0366973_14435762.jpg
一度出した前の写真を探してきました。レンズにカビがなくて、シャッターをチャージして押すと独特の音がします。レンズを見ながら同じことをすると、絞りが動作しません。これは第何号かはっきりしませんが、首から下げるようにストラップが着いていないので、たぶんまだ不完全品です。ファインダーの掃除は簡単です。レンズもカワハギをしなくても絞りまでは到達できるようです。ユーチューブでは皆さん簡単に行っていますが、レンズをばらして元に戻らないものもあります。最近は根気がなくなっちゃった。今は分解して広げるところがないので、お休みしています。なお、セルフタイマーが真っすぐでないものも、下側から直せれば簡単ですが、それ以外は手を出さない方がいいようです。と、寝る前に覗いてみようかな。

[PR]
# by zoofox | 2017-11-12 22:39 | Comments(0)

昔も今も

やっぱり「闘病記」に近くなるのかな。何しろ今一番自分では関心があることなので仕方ないかな。

今から15年ぐらい前です。yahooに「掲示板」というコーナーがあって、私は「癌」と「介護」のところにお邪魔していました。変な人や薬の宣伝も目立ちましたが、良心的な情報の交換もできました。今でも「癌友」としてお付き合いしている方もいます。「介護」では、勉強中の人や、施設で働いている人も参加して、いろいろ実用的な知識を教えてもらいました。結局管理する人がしっかりしていないと、めちゃくちゃになります。いつの間にかメニューから外れてしまいました。私の参加していいた癌グループの方たちがそっくり「mixi」に移動しています。だんだんSNSが多岐になり便利になり、最近は私もあまり行かなくなりました。

今、私が一番気にしているのは、腎臓病から人工透析になる過程と、人工透析は実際の生活にどのくらい影響を与えるか、ということです。医者や医療関係者ではなく実際の患者の声が聞きたい。アドバイスも聞きたい。と探してみました。一応クローズドなので少しは歯止めがかかっているかなと思っていましたが、「人工透析」で検索するとたくさんの話合いの場がヒットしました。yahoo掲示板より真面目な印象もあります。「敵を知ることは己を知ること」、敵を知らないと戦いようがありません。私のようにいきなり「ステージ○」と言われて、おたおたしている人たちの集まりもあるはずです。少しずつ勉強してみます。

勿論、電脳空間の情報が100%正しい、なんて思ってはいません。思い込みの情報の方が多いのは承知です。今はストライクゾーンを広く取って、どんな球でも受け止めてから自分で取捨選択する時期なんでしょうね。セカンド、サードのオピニオンがそろそろ必要な気もします。

[PR]
# by zoofox | 2017-11-12 09:28 | Comments(0)

シボレー・カマロ

あるwebページを開けると宣伝が出てくる。外車、特にアメ車はジープの他は興味がなかった。大きい、左ハンドル、高燃費、高い、壊れやすい、腰のないふわふわ感。(へー、今の時代買う人がいるのかな。幾らなんだろう)と、ぽちっと押してみた。昔々、リンカーン・コンチネンタルに乗せてもらって、品川のホテルで御馳走になったことがある。これで横浜から通勤していた人がいたんです。あの狭い首都高をよく走る気になる。銀座の通りをゆっくり走るとほかの車が避けていくのがわかります。

さすがに今の車は少し違うようだ。安い方の2000ccはターボで270馬力ちょっと、燃費も10Kmを超えている。価格も500万円チョイオーバー。格好はいいが、アメリカの広い平原で飛ばすにはいいだろうが、日本では走るところがない。当然まち中をゆっくり流す車ではない。そう言えば、このあたりのまち中でアメ車を見かけることもない。欧州車に比べれば価格がかなり安い。インプレッションはまだ出ていないが、前の車も意外と好評だ。格好の割に人に無理をさせない造りなのかもしれない。費用対効果で好印象を持っている人もいるらしい。でも、今回の新型車で少し高くなった。

アメリカ製品を買え、と言われてもこれじゃ買えないよな、と思ってしまう。大体、ジーンズやシャツもアメリカで作っているものがあるのかな。「アメリカ製品」って一体何だろう。牛肉と豚肉とトウモロコシに小麦だけのような気がする。抗生物質と遺伝子組み換えはの食品は、日本人のように弱い体質には無理だ。

車は健康じゃないと乗れないしな。

[PR]
# by zoofox | 2017-11-11 19:12 | Comments(4)

不動産

朝食の後、玄関前で道路を見ている。今日は少し暖かい「嵐模様」の風が吹いている。土曜日は何となく平日と違う。学生や勤め人の通行が少ないからだろう。車も「働く車」ではない車が多い。昨夜は消防車、救急車が盛んに走った。結局、事件はなかったらしい。

朝刊を入れてほんの一時間の間にチラシが入っている。「○友不動産の○○営業所」とある。「6m以上の公道に面した55坪以上の土地を1億円で探しています」。30坪、20坪といろいろなメニューがある。朝早くからチラシ配りのアルバイトの人も大変だ。(金の価値も下がったもんだな~)と感じる(実際は土地の価値が上がらないのだが)。評価額近くで売る人などあるのだろうか。「3億円事件」の時の「億」は想像もできない大きなお金だった。自分が金持ちになったわけではないが、「1億円」という金額は容易に想像できるし、この金額で何が買えるのかと思ってしまう。気の利いた車一台、何千万円もする時代だ。フェアレディが100万円以下だったころとは違う。GTRだって200万円ぐらいだったと思う。(もちろん給料は数万円だっただろうが)。

金はあった方がいいが、特になくてもいい。毎日食べられて、病院に行く分だけあれば、そのほかに欲しいものは少ない。子供や孫が沢山いれば不動産もその価値を発揮するだろうが、不動産ももう不要だ。第一自分の棲みかを「家」とは考えるが「不動産」とは思ったことがない。チラシにはそんなギャップがある。

夜中に工事現場においてある、簡易トイレを使う奴がいるらしい。使うなら分からないようにしておけ、とこれには腹が立つ。立派な住居侵入だ。

[PR]
# by zoofox | 2017-11-11 08:09 | Comments(0)

迷い道

また、反省の時間です。自分の投稿を読み返して、(余裕がないな)と感じてしまいます。御不快をおかけしたらお詫びします。他人の病気など皆さんには関係のないことで、本来「闘病記にしない」と言いながらだんだんそちらに入り込みそうです。今、一番関心のあることなので仕方ないのかなと思いますが、あくまで自分のことは自分のことです。

ゆっくりと進んでいた家の改築も外壁が張り終わり、いよいよ内装にかかる時期になりました。ずいぶん遅れましたね。色の基調はアイボリーと茶色です。内装、ベランダ、外回りとまだ時間はかかりそうです。母屋と比べるとやっぱり(小さいんだな)と感じてしまいます。6畳(7畳半)が二部屋、6畳半が一部屋、トイレが二つ、台所、階段、風呂場、洗面所と当初の計画より家らしくなってしまいました。当初は母屋を広く使うために、私の作業場と物置のつもりでした。ロフトは完全な屋根裏物置で、部屋としては使えないようです。その代り頑丈な階段がつきます。畳の部屋はありません。すべてフローリングで、なるべく物を置かない工夫ができそうです。夫婦と子供一人ぐらいには手ごろな大きさでしょう。建築基準法が緩ければ、6畳を二つくっつければ十分だったんですが。他人に貸す気はありません。どうやって使うか思案中です。木造だとドカンと広い部屋にはなかなかできないようで、不満は残りますね。耐震補強がメインだと壁の多い窓の小さい、在来工法に壁式工法を組み合わせた様な造りになりました。

[PR]
# by zoofox | 2017-11-10 23:01 | Comments(0)